福山大学生命栄養科学科は、平成20年にスタートした全国で唯一の生命工学部に設置された管理栄養士養成施設です。 本ブログでは、生命と健康、そして栄養に関する話題を広く取り上げ、学科の今をお伝えします。


by seimei-eiyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

H28年度 SSH

11月19日(土)に、平成28年度 清心女子高等学校SSHが行われました。
これまでに生命科学実習として生物工学科と、海洋生物科学科で実習が行われ、今回はその第3回目として生命栄養科学科が担当しました。

テーマは、「食と健康のライフサイエンス」-身近な食品科学- です。
まず午前中に、井ノ内教授より講義がありました。
身近な食品成分の定性実験の基礎と原理ということで、午後から行う実験に向けての説明も織り込みながら講義をされました。
c0166720_18514774.jpg


今回の実験では、デンプンとたんぱく質についてそれぞれ調べる実験を行いました。
具体的には、①小麦粉のデンプンとグルテンの分離と定性反応、②卵白とゼラチンのたんぱく質の定性実験、③牛乳カゼインの分離と定性実験の3つを行いました。

まず、小麦粉のデンプンとグルテンを分離させるため、小麦粉と水を合わせたものをしっかりと捏ね、ドウを作ってもらいました。
最初は手や指の間にべたべたと付いていたものも、100回程度しっかりと捏ねていくうちに一つの綺麗なドウが出来ました。
c0166720_1901570.jpg


出来上がったドウは、30分ほど休ませた後、水中でもみ洗いをします。
すると、たんぱく質であるグルテンだけが残り、デンプンが水中に分散していくことで分離することが出来ます。
c0166720_192329.jpg


このもみ洗いで出来たグルテンを用いてたんぱく質の実験を、デンプンを用いてヨウ素デンプン反応を行いました。

詳しい実験の原理や様子は書きませんが、高校生の皆さんはとても意欲的に実験に取り組み、今まで触れたことの無い実験器具などを使っての実験はとても楽しそうでした。
これをきっかけに、実験に興味を持つだけでなく、科学や栄養学についても興味関心を持ってくれれば、大変嬉しいです。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-11-21 19:10 | 行事 | Comments(0)

第2回市民フォーラム

11月12日(土)に、平成28年度市民フォーラム 食と健康のライフサイエンス の第2回目が、福山駅前の宮地茂記念館で行われました。
c0166720_9243626.jpg

今回は、「米と小麦のおいしい話」をテーマに2名の先生が講演しました。
今年、第2回目のフォーラムも多くの方にご参加いただけました。

まず、生命栄養科学科生命栄養科学科 井ノ内 直良 教授より、「おいしいご飯・体によいご飯」と題し、米の構造、食味に関する成分について、また、機能性のある米として赤米や黒米等の着色米等の例をあげながら、分かりやすく講演いただきました。
c0166720_925773.jpg

次に、生命工学部 池田 達哉 客員教授(西日本農業研究センター上級研究員)より、「パンとうどんの科学」と題し、パンやうどんの食感に重要な役割を果たすグルテン、国産小麦等について興味深い話を交えながら講演いただきました。
c0166720_9251665.jpg

今回は、平成28年度市民フォーラムの修了式もありました。第1、2回両方のご出席をいただいた方へ、井ノ内学部長より修了書をお渡しいたしました。
c0166720_9253023.jpg

今年度も食と健康のライフサイエンスへご参加くださった皆様、ご協力くださった関係者の皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

最後に、受付担当の学生の皆さん、ご協力ありがとうございました。
c0166720_9265464.jpg

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-11-14 09:32 | おしらせ | Comments(0)
先日、10/29(土)に本学2年生による学校給食メニューの試食会が行われました!
この企画は、カゴメ様(産業)、福山市(官)、福山大学(学)が連携して福山市の学校給食メニュー開発を行います。
カゴメ様からは食材をご提供いただきました。
c0166720_17225326.jpg

8月の初回メニュー検討会から約2ヶ月掛けて4名の学生が5品を考えてきました。
公開試食会の前には福山市栄養教諭を含む関係者の方々にご試食いただき、コメント、アドバイスを受けてレシピの修正をして臨みました。

当日は、石井准教授の司会によって試食会を進めていきました。
井ノ内学部長、菊田学科長のお言葉の後、福山市教育委員会 学校保健課長様、カゴメ(株)中国四国支店の方、栄養教諭の先生にも、本企画の趣旨についてご説明いただきました。
c0166720_17224993.jpg
菊田学科長と緊張する学生たち
調理は、2名ずつに分かれて、2つの調理台で行いました。  
c0166720_17224976.jpg
c0166720_17224983.jpg
緊張しながら調理を進めていく学生たち。
できあがったものは、栄養教諭の先生が持ってきてくださった、小学校給食で使用される食器に盛り付けました。
c0166720_17225037.jpg
c0166720_17225153.jpg
そして、できあがりです!
c0166720_17225164.jpg
左上:チキンのトマトソース煮込み、右上:ハヤシうどん
真ん中:一口ポテトフライ
左下:揚げ肉団子(くわい入り)、右下:かぼちゃとトマトのシチュー

いざ実食!…の前に、学生たちのもう一仕事。
この試食会はプレスリリースを行ったため、関係者の他に数社の新聞・雑誌記者の方々がお越しくださいました。
一仕事とは、写真撮影と
c0166720_17225264.jpg
それぞれのメニューを考えた理由、作ってみての感想などのインタビューです。
c0166720_17225232.jpg
学校給食も食育における大切な教材となります。
地元食材を使用した給食を通じて、小学生への食育にアプローチできたら良いと思います。

最後に、改めて今回のメニューに対するアドバイスをカゴメ様、栄養教諭の先生よりいただきました。
試食会終了後も、学生たちは担当教員と相談しさらなる改良に向けて一生懸命考えていました。

今回は5品調理しましたが、今後は味、大量調理への対応の可否などを考慮し1品に絞られます。
つまりはお互いがライバル!
誰の作品が採用されるのでしょうか。
小学校給食において実際に提供されるのは、来年秋の予定です。
c0166720_17225270.jpg


[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-11-07 17:37 | その他 | Comments(0)
どんぶり選手権の食堂メニュー化が昨日10/24よりはじまっています!
2日目の今日、どんぶりツアーと称して試食をして参りました。

場所は福山大学1号館1階にある第一食堂です。
c0166720_16381981.jpg
どんぶりは「日替わり丼」として提供されています。
イチオシ!のPOP付き!
c0166720_16383729.jpg
食券を購入して、どきどきしながら出てくるのを待ちました。
出てきたのがこちら!
和風おろし南蛮丼です!
c0166720_16384977.jpg
全体写真
c0166720_16390652.jpg
どんぶりアップ
元のレシピに忠実に、鶏肉のからあげ、野菜の素揚げ(かぼちゃ、なす、れんこん)にピリ辛ソースがかけられ、大根おろしとかいわれが添えられています。
野菜もタップリ食べられるし、お肉もあるし、ピリ辛ソースで、ご飯に合う!
非常においしく頂きました!

みそ汁もお麩、豆腐などどんぶり選手権の際と基本的に同じ内容の具材が入っていました。
みそ汁でほっこりさせて頂きました。

副菜のサラダは食堂オリジナルで付けて頂いたもので、野菜が普段とれていないかも?と思われる方にぜひおすすめしたいどんぶりメニューになっていました!

たまたま居合わせた学生も、全員が和風おろし南蛮丼を注文していました!
c0166720_16392197.jpg
時間がなくインタビューができませんでしたが、おいしかったに違いありません!

今週28日(金)まで期間限定で提供しています。
気になる方は是非 福山大学第一食堂まで!



[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-25 16:57 | どんぶり選手権 | Comments(0)

Nたま@第42回三蔵祭

先日行われました、第42回三蔵祭にて模擬店を出店した「地域交流プロジェクトチーム Nたま」の学生より、当日の様子をレポートしてもらいました。

―――――――――――――――――――

10月15日と16日に三蔵祭が行われました。
「Nたま」では今年度も、東村町の誠会の方から提供していただいた「安納芋・紅はるか」で、焼き芋を販売しました!

c0166720_13103296.jpg

こちらは石焼きドラゴンで焼いたさつま芋です。
種類は、写真左奥の黄色っぽい皮が安納芋、手前の紫色の皮のものが紅はるかです。
紅はるかには中身の白いものもありますが、そちらの方が甘くて美味しいことを知っていましたか?

常に火の加減や焼き具合を確認しながら焼いたため、中までほっくりを仕上がりました。

買ってくださるお客様の中には、たくさんまとめ買いをしてくださる方や、毎年Nたまの焼き芋を楽しみにしてくださる方がいらっしゃいました。


c0166720_13111597.jpg

こちらは今年のNたまメンバーです。
全員で協力して準備から調理、会計などをやりきりました。


15日はとても天気が良く、気温の関係でなかなか売り上げが心配でしたが、甘い匂いに誘われたのかとてもたくさんのお客様が来て下さりました。
16日は午後から雨が降り肌寒かったのであたたかい焼き芋を買ってくださる方が多くいらっしゃり、無事に両日完売することができました。
ありがとうございました!

来年も出店した際はぜひ足を止めてみてください!



p.s.今年の看板娘です\(^_^)/
c0166720_1312781.jpg

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-25 13:15 | 出来事 | Comments(0)

三蔵祭 2日目!

前回に引き続き、三蔵祭の様子についてお伝えします。

研究室展示は、両日とも午前午後で担当研究室が分かれていました。
後半の研究室展示についてご紹介します。

米粉クッキーの試食や、安納芋の試食、チョコレートの試食が行われました。
c0166720_1122310.jpg
c0166720_1123815.jpg
c0166720_1124611.jpg


また、28号館の中央では骨密度の測定が行われました。
c0166720_1131950.jpg


また、今年は2年次生有志の学生が「はしまき」と「ベビーカステラ」の模擬店を出店しました。
はしまきは、炙りチーズトッピングなど、その場で炙る演出もあり、お客様も興味津々で見ていました。
c0166720_1134332.jpg

c0166720_1155074.jpg

ベビーカステラは、カステラの種類とソースを選ぶことができ、可愛らしいピックが特徴的でした。
c0166720_1183738.jpg


c0166720_11123739.png

c0166720_1113659.png


2日間通して、多くの方々に楽しんでもらえた三蔵祭だったと思います。
イベントに携わった皆さんもお疲れ様でした。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-20 09:23 | Comments(0)

三蔵祭 1日目!

今年は天候に恵まれ、晴天の中、三蔵祭初日を迎えることが出来ました。
c0166720_10525366.jpg

毎年恒例のアイス(桜,バニラ)の無料提供や、栄養クイズ、バルーンアート、研究室展示がありました。

研究室展示では、スポーツ栄養に関するクイズやスポーツドリンクの試飲、凍結含浸で作成した鶏肉やにんじんの試食、炊飯器で作ったりんごジャムの試食などがありました。
c0166720_10546100.jpg

c0166720_10542288.jpg

c0166720_10544033.jpg


c0166720_1055129.jpg

こちらは無料提供のアイスの写真です。毎年多くの方に大変喜ばれています。

また、8月に行われたどんぶり選手権の紹介もポスターで行いました。
c0166720_10555926.jpg


次回の引き続き、三蔵祭の様子をお伝えします!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-19 10:58 | 行事 | Comments(0)
8月に開催しました高校生アイデアどんぶり選手権にて、審査員特別賞と食堂賞をW受賞した作品が、福山大学第一食堂に登場します!
日程は以下の通りです。

日程   :10月24日(月)~28日(金) 
メニュー名:和風おろし南蛮丼 味噌汁 サラダ
値段   :480円
場所   :福山大学第一食堂(1号館1階)
      営業時間 9時30分~14時30分

恒例試食レポートも行う予定です。
お時間が合えばぜひぜひ食べにいらしてください!
c0166720_11593999.jpg
(写真はどんぶり選手権の際のものです)


[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-18 12:03 | どんぶり選手権 | Comments(0)

Nたま@焼き芋講習会

こんにちは!
生命栄養科学科有志「地域交流プロジェクトチーム Nたま」メンバーです。

今年度も10月15日(土)~16日(日)の三蔵祭にて、焼き芋の模擬店を出店いたします。
そのため、今回もお世話になる東村町の誠会の方に、10月8日(土)に焼き芋講習会をしていただきました。
c0166720_14103716.jpg



c0166720_142157.jpg

上写真の左にある機材が、「石焼きドラゴン」という焼き芋専用の窯です。
この機材の使い方や、さつまいもの処理の仕方などを教わっていきました。


c0166720_145954.jpg

このドラゴンの燃料は薪なので、火をつけてから温まるまで1時間ほどかかります。
その間に、いもの処理をしていきます。


c0166720_1411597.jpg

c0166720_14111437.jpg

いもをよく水で洗い、余分な根や端をカットして見た目を良くします。
このとき、いもの状態(種類・傷んでないか)も確認していきます。


c0166720_14141075.jpg

いもの下処理が終わると、いよいよ窯の中に入れて焼く行程になります。
焼き方も、それぞれのいもに含まれる水分量や大きさなどによって微妙に異なってくるので、焼き上がりの見分け方や火の調節について詳しくレクチャーを受けました。


c0166720_14191997.jpg

こちらが出来上がりのものです。
今年は天候不順のため、いもの熟成的には焼き芋にするのにはやや早かったりしましたが、とても甘くおいしくできました。


学際当日にも、「安納芋、紅はるか(中は黄色または白色(レア!))」の3種のものをランダムに提供いたします。

地元、東村町で収穫された秋の味覚の焼き芋を、この機会に是非ご賞味ください!
24号館付近に出店しておりますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
c0166720_14315971.png

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-11 14:07 | 出来事 | Comments(0)

まもなく三蔵祭!

もう間もなく三蔵祭が開催される時期となりました。
今年の三蔵祭は10月15日(土)と10月16日(日)に開催されます。

今回は1年次生の三蔵祭準備の様子をご紹介します。

生命栄養科学科では、毎年アイスの無料提供や各研究室の研究室展示、栄養クイズなどが行われます。
1年次生には当日の催し物も担当していただきますが、栄養科への案内看板や、立て看板などを教養ゼミの時間に作成していただいています。

c0166720_9262387.jpg

それぞれの担当に分かれて作成しています。
c0166720_9263521.jpg

c0166720_9265112.jpg


来週には三蔵祭が開催されますので、皆様ぜひお越しください!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-10-06 09:29 | 行事 | Comments(0)

H28年 第2回見学会

9/3(土)
第2回目の見学会が行われました。
今回もたくさんの高校生、保護者の方々に参加していただきました。

前回同様、受付と大学全体の説明が大学会館にて行われました。
その後、学科会場に移動し、学科の紹介が行われます。

菊田学科長のご挨拶に始まり、
c0166720_1075656.jpg


村上准教授から学科の紹介が行われました。
c0166720_1083576.jpg


続いて、学生から、学生生活の紹介が行われました。
c0166720_109775.jpg


学科紹介、学生生活紹介が終わり、次はいよいよ施設見学です。
今回は見学のみでなく、SATや体組成計、食育クラフトなど、様々な体験コーナーをご用意しました。大学生が施設や機器の説明をしてくれます。
c0166720_10101578.jpg

c0166720_10105054.jpg



残暑厳しい中、第2回見学会にご参加いただきましてありがとうございました。
今年度のオープンキャンパスは終了いたしましたが、高校1、2年生の皆さんは、来年度もお待ちしております!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-09-05 10:13 | 行事 | Comments(0)
やっとうだるような暑さも最近は落ち着き、秋の気配が感じられるようになりましたね。
まだ暑かった8月後半に、4年次生は国家試験対策授業の一環で因島キャンパスへ合宿勉強に行ってきました。
今回は、参加した学生にその様子をレポートしてもらいました。
それではどうぞ!
――――――――――――――――――

8月25、26日に因島にて合宿を行いました。
天候にも恵まれ、絶好の合宿日和となりました。
c0166720_10351213.jpg


今回の合宿では、3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)の消化・吸収・代謝の経路について勉強しました。
授業を始める前に、現在の実力を確かめるためテストを行いました。
最初から点が良かった人や、そうではなかった人も様々…(汗)
c0166720_10353483.jpg


テスト終了後、菊田先生による授業が行われました。
しかし開始直後、事件が発生…!



c0166720_10355841.jpg

なんと、カニが乱入…!
授業は一時中断。U君の果敢な行動により、無事カニを外へ逃がすことができました。
そして授業再開。ちょっとしたアクシデントもありましたが、しっかり勉強することができました。
c0166720_10361811.jpg


昼食後、隣接する水族館の見学をさせて頂きました。
c0166720_10363940.jpg

ナマコやヒトデを触ったり、大水槽の魚に餌やりなど、普段めったにできないことを体験しました。
c0166720_10371117.jpg

c0166720_10374032.jpg


水族館見学後、前半を菊田先生、後半を村上先生に授業をして頂きました。主に3大栄養素の代謝経路を、図式でわかりやすく学ぶことができました。
c0166720_1038032.jpg



授業の後は、待ちに待ったBBQ!!
c0166720_10382174.jpg

男性陣の食べっぷりには脱帽しました…!
c0166720_10383134.jpg

c0166720_10383935.jpg


おなかいっぱいになった後は、夏の醍醐味!花火!!!
たくさんはしゃぎ、たくさん遊びました!
c0166720_10385576.jpg

c0166720_1039340.jpg


夜は疲れてすぐ眠った人、夜更けまで語り明かす人など様々…あっという間に一日目が終了しました。


二日目。朝6時半からラジオ体操でぱっちり目を覚まし、胃に優しい朝食をしっかり食べて授業開始。
c0166720_10395088.jpg


西山先生が作成した○×・選択問題を解き、解説をして頂きました。
c0166720_10401140.jpg

休憩の後、くじでチームを組み、神波先生お手製のクロスワードを解いていきました。キーワードを完成させたチームには、お菓子の景品がそれぞれのチームに渡されました。

講義の後、再び確認テストをして合宿終了!
全員良い結果がでたようです。
c0166720_10403122.jpg

最後に記念写真をパシャリ。充実した二日間となりました。

この二日間、わざわざお越しくださった村上先生、神波先生、食事面でサポートしてくれた2年生の皆さん、そして菊田先生、西山先生に感謝いたします。ありがとうございました。




~おまけ~
c0166720_10404294.jpg

2年生の束の間の休息…



c0166720_10405251.jpg

c0166720_1041050.jpg

4年生with神波先生 ヒーローポーズ(笑)
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-09-01 09:13 | 行事 | Comments(0)

H28年 第2回体験入学会

8月21日(日)
第2回目の体験入学会が行われました。
日差しが強くとても暑い日となりましたが、たくさんの高校生、保護者の方々に参加していただきました。

第1回と同様、大学会館にて受付・全体説明の後、各会場にて学科紹介が行われます。

c0166720_8591084.jpg

菊田学科長のご挨拶から始まり、高橋准教授から学科の紹介、生命栄養科の学生から学生生活の紹介が行われました。

c0166720_9015.jpg

生命栄養科で履修する実験・実習の話や通学方法、女子学生寮のことなど、丁寧に説明してくれました。

次の施設見学では、調理室・臨床栄養学実習室と給食室の見学をしていただきました。
この教室で行われる実習や、教材・機器類について学生が説明してくれました。
臨床栄養学実習室の教材や給食室の調理機器類は、普段目にすることのないものばかりなので、皆さん興味津々といった様子でした。

c0166720_903469.jpg

c0166720_904563.jpg

ここまでで午前の部は終了。
学生会館で昼食をとったら、午後はいよいよ調理科学実験です。
生命栄養科学科で、実際に大学生が授業で行う実験の1つであるバター作りを行います。

ここでも、実験の説明は大学生がしてくれます。
c0166720_911888.jpg


牛乳と生クリームの重量を量り、保冷剤で冷やしながらひたすら振ります。
c0166720_913966.jpg


高校生に負けじと大学生も振ります。
c0166720_921486.jpg


しばらく振り続けると・・・

c0166720_924739.jpg

大成功!
生クリームから、しっかりバターが取れました。
写真の奥側が出来上がったバター、手前は分離した水分です。

出来上がったバターは、クラッカーに塗って試食しました。
自分で作ったバターのお味はいかがでしょうか?

試食を終えたら、バターが出来る原理について模擬講義を受けます。
c0166720_93941.jpg

以上で、第2回体験入学会は終了です。
暑い中ご参加いただきありがとうございました。
次回は、9月3日に見学会があります。
ご参加お待ちしております!



最後に・・・
体験入学会を手伝ってくれた大学生の皆さん、お疲れ様でした!
c0166720_932142.jpg

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-22 11:59 | 行事 | Comments(0)
※はじめに※  ※   ※   ※   ※
それぞれのどんぶり全体写真の右側がやや切れて表示されることがありますが、写真を選択すると全体画像を見ることができます。
うまく表示されない場合は、それぞれの写真を選択してご覧ください。
※   ※   ※   ※   ※   ※

ではでは、今回、惜しくも上位入賞を逃してしまいましたが、170件の中から二次審査に進んだ作品をご紹介したいと思います!
掲載許諾を頂いた方の作品をPR順にご紹介致します!
お腹が空いているときに見てしまうと、空腹が増してしまいますのでご注意!

比治山女子高等学校 金井咲樹さんの
「キーマカレー丼」「季節のサラダ」です!
c0166720_22560173.jpg
c0166720_22555903.jpg
夏野菜であるオクラとなすとをたっぷり使ったどんぶり!
カレーでぴりっとした舌をサラダのみずみずしさで休めます。
野菜がたっぷりとれる献立です!

倉敷鷲羽高等学校 永井瑠さんの
「夏バテ解消丼」「シュワッとデザート」です!
c0166720_22591738.jpg
c0166720_22591856.jpg
岡山県連島産の連島れんこんをふんだんに使ったどんぶりですが、どこに隠れているかわかりますか?
左側のれんこんチップス、上にあるつくね、さらに、じつは山芋と混ぜてとろろとしてかけています!
上には星型のオクラを乗せ、デザートのスイカもハートの形に抜いていて、かわいらしく仕上げました。

次は世羅高等学校 入江一樹さんの
「もも肉のピラフおもどん♪」「オニオンスープ」です!
c0166720_23055776.jpg
c0166720_23055618.jpg
ピラフに玉子焼きを載せてオムライス風にし、さらにトマトソースで絡めたもも肉を乗せています。
もも肉をたっぷり使った ザ・肉!
レタスでシャキシャキした食感を間に交えながら頂けます。

同じく世羅高等学校 上神田初音さんの
「甘辛たれのたこ天丼」「3層ゼリー」です!
c0166720_23120993.jpg
c0166720_23120730.jpg
三原産のたこを天ぷらにし、ネギをたっぷりと添えた天丼です。
副菜のゼリーはグレープジュースやオレンジジュースでクラッシュゼリーを作り、層を作るように仕上げました。
こってりしたどんぶりとアッサリしたゼリーの組み合わせがばっちりです。

続きまして 大門高等学校 山手仁さんの
「香る!!改良型親子丼」「夏野菜のガスパチョ」です!
c0166720_23173601.jpg
c0166720_23173767.jpg
こちらの親子丼は煮るのではなく、とり肉と卵を別々に炒め、さらにズッキーニを添えて洋風に仕上げました。
味付けにはクミン、コリアンダーなどのスパイスを使用し、食欲増進を意識したとのことです。
ガスパチョはトマト、きゅうり、パプリカをミキサーにかけて作り、野菜たっぷりです!

続いて、広島桜が丘高等学校 岡村克彬さんの
「夏バテ知らずのサッポリ丼」「夏野菜の冷製スープ」です!
c0166720_23234398.jpg
c0166720_23234110.jpg
サラダ菜の上に炒めた牛肉、明太マヨネーズをかけ、周りに散らしているのは梅かつおたくあんです。
レモンでさっぱりと、さらに食感が”ぽりぽり”と楽しいどんぶりです。
冷製スープにはトマトやきゅうりが入っておりさらっと頂けます。

次の方の作品は
「れんこんの蒲焼き丼」「お麩とニラのお吸い物」です!
c0166720_23284380.jpg
c0166720_23284183.jpg
れんこんをすり下ろして揚げ、うなぎのように仕上げたどんぶりです。
安価においしく鰻丼気分が味わえます!
副菜のお吸い物であっさりと頂けます。

広島観音高等学校 沖元誠淳さんの
「ガパオライス風丼」「プルプルレモンゼリー」です!
c0166720_23332739.jpg
c0166720_23332662.jpg
ガパオライスをどんぶりにアレンジしたものです。
とり肉、パプリカをいためたものにしそを加えて夏らしくしています。
さらにレモンゼリーでさっぱりと!

廿日市西高等学校 尾㔟アリスさんの
「カラフル塩カルビ丼」「みそ汁」です!
c0166720_23374749.jpg
c0166720_23374543.jpg
牛肉をメインに、添えているのは大根、ニンジン、山芋をすり下ろしたものです。
野菜をすり下ろしてさらさらっと、さらにキムチ、ネギ塩も添えてがっつり食べられるよう工夫したどんぶりです!
みそ汁も野菜が入っていてほっこりします。

11名の方に一次審査入選賞の賞状と、副賞のおもしろUSBメモリが贈呈されました!
そして最後の集合写真をぱちり!

既に第6回を迎えた高校生アイデアどんぶり選手権ですが、高校生のみなさんの発想はまだまだ驚かされてばっかりです!
食について、健康について、また、地域の食材について考えるきっかけになればと思います。
本当にお疲れ様でした!

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-13 09:00 | どんぶり選手権 | Comments(0)
※はじめに※  ※   ※   ※   ※
それぞれのどんぶり全体写真の右側がやや切れて表示されることがありますが、写真を選択すると全体画像を見ることができます。
うまく表示されない場合は、それぞれの写真を選択してご覧ください。
※   ※   ※   ※   ※   ※

さて、審査が終了したら、気になる結果発表です!
表彰式では、まず審査委員長である石﨑教授より、全体の講評が行われました。
今回の審査では特に、アイデアの斬新さなどが上位入賞の鍵となったようです。
c0166720_18542040.jpg
ではまずは…審査員特別賞から!
審査員特別賞は2名の方が選ばれます!
1人目は総合技術高等学校 良江杏月さんの
「和風おろし南蛮丼」「ほっとひと息 わが家のお味噌汁」です!
c0166720_21200540.jpg

c0166720_18591357.jpg
唐辛子をきかせた甘辛タレをカラッと揚がった天ぷらにかけていただきます。
夏の食欲がないときにでも箸が進みそうです!
使用した地産の食材は白ねぎ。
揚げることで甘さが増しています。

同じく審査員特別賞の2人目は
廿日市西高等学校 石田ひなのさんの
「夏に食べたい!11品のたっぷり丼」「もちもちだんごと色どりフルーツ」です!
c0166720_21200479.jpg

c0166720_19053268.jpg
野菜をふんだんに使って、食べやすく切ることで、さらさらっと一気にかき込めそうな丼です!
夏の暑い中、火を使わなくても良い丼を考案してくれました。
地産の食材は釜揚げしらすとレモン、さらにかき醤油を使っています。

お二人には賞状と共に副賞であるスマイルベイカーが贈呈されました!
c0166720_19121961.jpg
c0166720_19132022.jpg
続いて、優秀賞の発表です!
優秀賞もお二人の方が選ばれました。
お一人目は安芸高等学校 香川雅裕さんの
「こぶ茶鯛とトマトのさっぱり丼」「オクラとはんぺんとピーマンの酢の物」です!
c0166720_21200897.jpg

c0166720_19180737.jpg
今年から生の魚介類の提供はなし、とルールが変更になったのですが、こちらの丼は鯛をゆでて提供するのでOK!と一次審査を通過した作品です。
鯛をゆでる前にこぶ茶と塩麹で下味を付けることで、鯛のゆで汁をどんぶりの味を変えるかけ汁として使用する、という鯛のおいしさを存分に味わえるものでした。
地産の食材はもちろんレモン鯛とトマト、副菜のオクラです。

優秀賞2人目は同じく安芸高等学校 坂本春菜さんの
「広島のいいとこ丼」「甘酒風味BYS(バナナ・ヨーグルト・ストロベリー)スムージー」です!
c0166720_21200289.jpg
c0166720_20483566.jpg
メインは厚揚げに広島菜と下味を付けた豚肉を巻き米粉をつけて焼いたものです。
米粉を使うことでカラッとし、豆板醤の入った甘辛だれを絡めて味を付けました。
豆腐をメインに据えながら、ボリュームたっぷりに頂けるものでした。
地産の食材はもち豚、広島菜漬、そして広島産大豆で作られた厚揚げでした。

お二人には賞状と共に、副賞であるハンドブレンダーが贈呈されました!
c0166720_20544854.jpg
c0166720_20544655.jpg

そして最後は…、最優秀賞の発表です!
最優秀賞はもちろんお一人のみ!
それは…
総合技術高等学校 中元淳奈さんの
「カラフル☆タコミート丼」「ももヨーグルトムース」です!
c0166720_21200789.jpg
c0166720_20562007.jpg
タコとミートソースを合わせた意外性と共に、どんぶりのあとに食べる副菜のヨーグルトムースのさっぱりさとのバランスも評価されました。
盛りつけの彩りもとっても鮮やか!
辛いものが好きで、また、甘いものが苦手なご家族の方に召し上がって頂けるよう考案されたそうです。
地産の食材はタコ、アスパラガス、ももでいずれも三原市産とのことです。

優秀賞を受賞された中元さんには賞状と共に副賞であるホームベーカリーが贈呈されました!
中元さんの素敵な笑顔!
c0166720_21013398.jpg
そして、高校生アイデアどんぶり選手権に後援頂いている、本学第1食堂で提供するどんぶりが、渡部料理長より発表されました。
c0166720_21141491.jpg
大学生に提供するため、また、男子学生が多いと言うこともあり、基準はご飯と合うかどうかと、ボリュームと肉!
あとは、どれだけ提供までの時間を短くできるかどうかです。
順位と全く関係なく選ばれる「食堂賞」。
こちらに選ばれたのは…?
総合技術高等学校 良江杏月さんの「和風おろし南蛮丼」です!
c0166720_18591357.jpg
食堂賞に選ばれた和風おろし南蛮丼(再掲)
食堂賞は大学祭が終わった10月下旬頃提供されます。
その様子はまたこちらのブログでお伝え致します!

次の更新では、第一次審査入選賞の作品を発表致します!

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-12 21:32 | どんぶり選手権 | Comments(0)

昨年度に引き続き、お一人あたり1~2分程度のPRを行っていただきました!
今年はよりはっきりとどんぶりの彩りが見えるようにテレビに映して行いました。
その前でみなさん緊張しながらPRを行います。
参加者の番号順に写真を掲載していきます。
資料を使ったり、実際に使用した食材についてわかりやすく表現しながら行う方もいらっしゃいました。

c0166720_21543452.jpg
c0166720_21543480.jpg
c0166720_21494589.jpg
c0166720_21544982.jpg
c0166720_21550233.jpg
c0166720_21550274.jpg
c0166720_21550122.jpg
c0166720_21550178.jpg
c0166720_21550288.jpg
c0166720_21550224.jpg
c0166720_21552284.jpg
c0166720_21552251.jpg
c0166720_21552201.jpg
c0166720_21552206.jpg

緊張するPRタイムが終わったら試食です!
自分の料理のできばえ、PRタイムを見て気になった他の参加者のどんぶりなど、好きなものを召し上がっていただきました!
自由にとって頂く形にするとなかなかとりにくいようだということがこれまでの流れで分かってきましたので、とりわけは各台についた大学生が行いました。
c0166720_21000244.jpg
終わった後の安心感からか、笑顔もこぼれます。

c0166720_21011686.jpg
希望のものはしっかり食べられましたでしょうか?

存分に召し上がっていただいている隣の部屋では黙々と試食審査中。
c0166720_21030515.jpg
今年は大学生2名も審査員に加わってもらい、審査を行いました。
c0166720_21031688.jpg
c0166720_21025927.jpg
気になる結果は・・・次回「結果発表!」編にて!

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-11 21:59 | どんぶり選手権 | Comments(0)

さて、いよいよ号令と共に調理開始です!

制限時間は30分。

c0166720_19252799.jpg

事前調理したものを持ってきていただき、大学では仕上げのみを行っていただく流れです。

c0166720_19261143.jpg
仕上げのみとはいえできたてを提供したいもの。
調理する上での時間は短いので、事前にしっかり段取りを組まれてきています。


c0166720_19261090.jpg
作っていただくのは2人前。
少ない量を焼きすぎないよう丁寧に仕上げていきます。
c0166720_19260979.jpg
c0166720_19263751.jpg
c0166720_19265868.jpg
c0166720_19265730.jpg
こちらは揚げ物です。
油跳ねに気をつけて!

合間に大学生のサポートが入ります。

大学生の役割は調理器具の置き場の説明や、洗い物の補助などに限り、調理補助は致しません。

c0166720_19263472.jpg
c0166720_19263447.jpg


時間はあっという間にすぎていきます。

最後に急いで盛りつけ!




基本的な調理器具やどんぶりの器などは用意しておりますが、どんぶりの器や副菜の容器、お盆など、こだわって持参される参加者の方もいらっしゃいました。

c0166720_19265974.jpg
c0166720_19263857.jpg
c0166720_17421402.jpg
ずらっとならんだできあがり作品の前で審査員が見た目の盛りつけチェック。
調理中も見回って調理技術のチェックを行っていました。
c0166720_20065551.jpg
一部調理時間をオーバーした参加者もいらっしゃいましたが、無事調理終了!
次はPRタイムです!




[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-11 20:09 | どんぶり選手権 | Comments(0)
どんぶり選手権の様子を順次お伝えして参ります。
写真たっぷりでお届け致しますので、少しずつ数日に分けて更新していきます。

まずは開会式前の様子から!
調理開始前から勝負ははじまっています!
受付が終わればまずは担当学生がご挨拶。
c0166720_16413759.jpg

高校生お1人に対し、1人ずつ大学生が補佐につきます。
参加される高校生の皆さんができる限り万全の体制で臨めるよう、調味料の場所や調理器具の用意など一緒に行いました。
c0166720_1642146.jpg

c0166720_16443726.jpg


初めて使われる方ばかりですので、教員から調理室使用についての説明が入ります。
c0166720_16421039.jpg

皆さんが早めに集まっていただき、さらに準備も終わりましたので、少し予定を前倒しして開会式を行いました。
菊田学科長によるご挨拶。
c0166720_16421974.jpg

それを聞く緊張でいっぱいの高校生たち。
調理の様子は、その2に続きます!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-10 16:45 | どんぶり選手権 | Comments(0)
本日8月9日(火)、高校生アイデアどんぶり選手権を行い、無事終了致しました!
暑い中、高校生の皆さんにお越し頂き、また、大学生スタッフにも多大なご協力を頂き大変感謝しております。

今日は無事終了しました、という報告のみで、明日より順次時系列に沿ってブログにてご報告したいと思います。

今回は、写真部所属の学生に撮影をお願いしたので、今までの教員目線とまた違った写真がお送りできると思います。
お楽しみに!

c0166720_18483565.jpg

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-08-09 18:49 | どんぶり選手権 | Comments(0)
7月23日(土)に、「第16回 福山大学生命工学部公開授業『第2回 楽しいバイオ実験』」が本学で開催されました。
毎年、ちょうど小学生の皆さんの夏休みにあたる時期に開催されているので、今年度も興味を持って親子で参加されている方が多数いらっしゃいました。
c0166720_14485047.jpg

今回の各実験のテーマは、
A.酵母と遊ぼう!
B.野菜や果物の味を調べてみよう!
C.食品の色を見てみよう!
D.アイスクリームを作ってみよう!
E.かわいい!水中の小動物の世界!
F.海藻で押し葉をつくろう!
の6つです。この内、生命栄養科学科では、「C.食品の色を見てみよう!」、「D.アイスクリームを作ってみよう!」の2テーマを担当しています。


ここで当日の様子を、少しご紹介します。

「食品の色を見てみよう!」では、身近な食品に使われている着色料を分離、分析する実験を行いました。
c0166720_101068.jpg


この実験では、石油系の色素の分析手法を用いています。
石油系色素は発色の鮮やかさや安定性、コスト面から、弁当用のソーセージやかまぼこ、駄菓子やゼリー、福神漬けなどの漬物に、今も広く使われています。

ですが最近は、自然派志向の影響で、それらの食品に含まれる着色料も「コチニール、ベニバナ、クチナシ、アナト―色素」など虫や植物由来の原料が多くなっているので、石油由来の「赤104号、青1号、黄色4号」といったいわゆる合成着色料があまり使用されなくなってきており、分析できる食品を探すのだけでも難しくなってきました。

c0166720_10154664.jpg

実験手順は、まず食品の色素を水に溶けださせ、
c0166720_10145236.jpg

その液を酸性にし、毛糸を入れ加熱すると色素成分だけが毛糸に吸着します。
c0166720_1015542.jpg

そして、色素以外の余分なものを洗い流して
c0166720_10401953.jpg

アルカリ性溶液の中で色素を抽出したものを煮詰め、ガラスプレートに色素液をのせます。
c0166720_1043192.jpg

これを専用の液体の中に浸ししばらくすると、絵具のように混ぜ合わせた色素も元の使用された色ごとに分かれて確認することができます。
例えば、紫のゼリーからは1種類の青と赤だけではなく、数種類の赤色・青色、少量の黄色など複雑な組み合わせで色付けされていることも観察されました。


「D.アイスクリームを作ってみよう!」では、簡単にしかも短時間でできるアイスクリームを作る実験を行いました。

普通、アイスクリームを作るにはかなりの手間と時間がかかってしまいます。
生クリームと砂糖と卵とバニラエッセンス(バニラエッセンスを入れない場合はミルクアイスクリームになります)でアイスクリーム液を作り、これをしっかりと泡立て空気を含ませたものをタッパーなどに入れ、冷凍庫に入れて数時間おきに取り出しては凍った表面をかき混ぜまた冷凍、さらにまたかき混ぜ・・・と繰り返し作業します。

その手間をなくすために、今回の実験では氷と食塩を合わせることで温度が下がる性質を利用して、アイスクリームを作りました。
c0166720_1525545.jpg

ステンレス製の容器の中に、アイスクリーム液を入れて密閉し、その容器をさらに大きな容器に入れ、その周りの隙間に氷と食塩を入れます。
これをしばらく振り続けることで、容器の中でアイスクリーム液がかき混ぜられながら、氷と食塩によって急激に冷やされ凍っていきます。
c0166720_1673877.jpg

このときなぜ急激に冷やされるのかというと、氷は水になるときに周囲から熱を奪いながら溶け、また塩が水に溶けるときにも周囲から熱を奪っています。
この「周りの熱を奪う」現象により温度が下がり、さらに周りにできた塩水は水とは違い0℃以下でも凍らないため、塩と氷がある限り最終的に-21℃まで下げることができます。

c0166720_1651555.jpg

最後に、できたアイスクリームを器に盛り付け試食をしました。
自分で作ったアイスクリームの味はいかがだったでしょうか?

アイスクリームを食べた後には、水が凍っていく瞬間を観察して頂きました。
過冷却状態にした水に氷を一粒落とすと、あっというまに全体が凍っていく様子が観察できました。
一瞬で凍っていくのでなかなか写真には残せません。
みなさん歓声を上げながら観察していらっしゃったので、楽しく体験ができたのではないでしょうか。

生命栄養科学科では普段の学生実験でも、このように食品を扱った題材を数多くしています。
このような実験を通して、食べ物に興味関心を持って下さるきっかけになると嬉しく思います。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-25 11:40 | 行事 | Comments(0)

H28年度 臨地実習出発式

昨日、7月21日(木)に H28年度 臨地実習出発式を執り行いました。

井ノ内学部長と菊田学科長より激励のお言葉をいただきました。
c0166720_13555441.jpg
c0166720_1356572.jpg


井ノ内学部長の激励の言葉の中に、「A・K・B」をしっかりと心にとめて実習に臨もうというものがありました。
Aは「明るい笑顔で挨拶」
Kは「感謝の気持ちを忘れずに」
Bは「準備」
とのことでした。

最後に、臨地実習生代表の学生が宣誓を述べました。
c0166720_13591212.jpg


臨地実習出発式を終えて、いよいよ実習開始が近づいてまいりました。
気を引き締めて、実習に取り組みましょう!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-22 14:00 | 行事 | Comments(0)

H28年 第一回体験入学会

本日、7月17日(日)に第一回体験入学会が行われました。
c0166720_15294026.jpg

まず初めに、大学会館ではロボヴィーちゃんがお出迎え!
近づくと話しかけてくれました。
c0166720_15302785.jpg

そしてロビーには一人乗りの車も展示しております!
大学会館では学科別にブースが設けられています。
c0166720_153304.jpg

何やら楽しそうに談笑しております。
生命栄養科の和気あいあいとした明るい雰囲気が伝わってきますね。

そして18号館に移動しました。
井ノ内学部長のご挨拶から始まり、石井准教授の学科説明、4年生から学生生活について発表を行いました。
c0166720_15354121.jpg

1年生から4年生の授業内容、行事等について元気よく説明してくれました。
学生生活の発表の後は、施設見学を行いました。
c0166720_15362098.jpg

c0166720_15375673.jpg

100食の大量調理を行う給食実習室や、病気の方に対する栄養管理について学ぶ臨床栄養学実習室を学生が説明してくれました。

学生食堂で昼食をとった後、ガールズトークで学生と交流したり、管理栄養士に関するDVDを鑑賞しました。
そして、午後からは待ちに待った体験学習です!
今回は牛乳と生クリームからバターを作り、出来たバターの重量を比較しました。
まずは重量をはかって・・・・・・・振ります!!!
c0166720_154355.jpg

c0166720_15434387.jpg

こちらは生クリームから作ったバターです。たくさんのバターが出来ました。
クラッカーを添えて実食しました。クラッカーの塩気が丁度よかったです。
c0166720_15573816.jpg

c0166720_15445190.jpg

ジャムもご用意しております!美味しかったですね。

その後は、バター作りについて山本教授より模擬講義をしていただきました。
バターを工業的に製造する場合の機械なども講義していただき、実際の大学での授業を体験してもらいました。
c0166720_1546173.jpg

体験入学会に参加していただいた高校生・保護者の皆様、本日はありがとうございました。
夏休み中にも第二回の見学会・体験入学会があります。
ご参加お待ちしております!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-17 16:03 | 行事 | Comments(0)

流しそうめん!

こんにちは!4年生のFです!
本日の12時10分~ 毎年恒例の「流しそうめん!」を行いました!
午前中は雨がたくさん降り、一時はどうなることかと思いましたが、雨も弱まり無事開催することができました。

その様子がこちら( `・ω・)ゞ
c0166720_1733527.jpg

c0166720_1735385.jpg

c0166720_174565.jpg

c0166720_174169.jpg

たくさんの方が来て下さり、大変にぎわいました(〃 ̄ー ̄〃)

準備していたおにぎり、ソーセージ、スイカ、ゼリー。そこに先生の差し入れのきゅうりの漬物も加わったのですが...
あっという間になくなりビックリ!
どうやらお腹が空いてたようです(´∀`)

本日の主役!

流しそうめんの様子です。
c0166720_1755239.jpg

c0166720_17221472.jpg

c0166720_1761836.jpg

どんどん人が増えて大渋滞!
皆いい笑顔をしていました(*´∀`*)ノ

毎年恒例となった「流しそうめん」。
先生方のアドバイスを頂きながら生徒主体に企画、実施をしました。色々と大変でしたが大きな達成感を得ることができました。

生徒同士の中もより深まるこの企画。
ぜひ来年も行っていただきたいです!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-13 17:22 | 行事 | Comments(0)
以前此処のブログでも紹介した、松永ごはんコンテスト(5月9日のブログ)ですが、その後嬉しいご報告がありました。応募作品の内、生命栄養科学科 2年生の柴田千緩さんの“塩から揚げのあんかけ丼”が、なんと小学校の給食献立になったそうです!
c0166720_15293270.jpg

c0166720_1529473.jpg

 実際の応募作品、そして考案した柴田さんがこちら。(丁度調理学実習中だったため、白衣での写真です)

 以下は、コンテストを主催した福山市 松永支所の方のお話です。
「“松永ごはん”を広く知ってもらうために給食への採用を相談したところ、コンテストの入賞作品は難しいが、応募作品なら給食に出来そうな物がある、という話になりました。その中から、“塩から揚げのあんかけ丼”が 6月17日(金)の松永ブロックの小学校の給食メニューに登場しました!
c0166720_11145363.jpg

写真は、松永小学校の給食時間です。
c0166720_15294688.jpg

この日の献立は「しおからあげのあんかけどんぶり」「プチトマト」「とうふじる」「牛乳」
最初に校長先生から,松永と塩の関係について紹介がありました。4年生は,これから授業で「松永の塩田」について学習するそうで,塩づくりの体験もあるそうです。

おかわりをする子もたくさん。
から揚げは,もともと人気のメニューですが,それに塩の風味が利いていて,野菜もたっぷり入って,みんなおいしそうに食べていました。
c0166720_11134429.jpg

「塩から揚げあんかけどんぶり,おいしかった人?」と問いかけると「はーい!」と,多くの子どもが元気よく手を挙げてくれました。

 柴田さんの「塩からあげのあんかけ丼」は、コンテストでは惜しくも入賞とはなりませんでしたが、こんな形でお披露目されることになるとは…!! 松永と塩の関係を学ぶツールとして大いに活用されたのではと思います。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-06 15:32 | その他 | Comments(0)

2016年度 第1回見学会!

先日7/2に第1回見学会を行いました。
雨の日が続きどうなることか心配していましたが、当日は晴れ!
絶好のセグウェイ日和でした。

今年から福山大学公式キャラクターふくりんちゃんがスタッフTシャツの背中でも笑顔を振りまいています。
c0166720_11165279.jpg

さて、学科行事ですが、午後だけの短い時間でも内容はてんこ盛りです。
教員による学科紹介
c0166720_11261757.jpg

学生による学生生活発表の後に
c0166720_11262127.jpg

食事バランスをチェックするSATやエルゴメーターで10kcal消費する運動量はどのくらい?などの体験
c0166720_11262410.jpg

施設見学をして頂きました。
c0166720_11262712.jpg

すべて学生が行いましたので、疑問点を聞きやすかったのでは?と思います。

体験入学会では体験授業もありますのでお楽しみに!
セグウェイはやっているのかな?気になる方もぜひお越しください。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-07-04 11:28 | 行事 | Comments(0)
6月25日(土)・26日(日)、岡山県立大学にて第12回栄養改善学会 中国支部学術総会が行われました。

私たち給食経営管理研究室の学生(4年生)は26日の学会に参加し、ポスター発表をしました。
私たちの発表のテーマは「特定給食施設の介護食製造の実態と課題」であり、先輩の卒業研究の資料を参考に、その内容を一枚の大きなポスターに仕上げました。
発表の様子です↓
c0166720_19125274.jpg

大勢の人の前で発表するのは、やっぱり緊張しますね・・・
c0166720_19131456.jpg

3分間のポスター発表 → 質疑応答 → 20分程度のフリーディスカッションという流れで発表を行いました。
私たちの研究室の他にも、今年度から助手になられた神波先生が「春の七草におけるホスファチジン酸の生成」というテーマでポスター発表をされました。
また、近藤寛子先生が栄養改善の向上に貢献する優れた発表をされたことを表彰され、栄養・実践研究賞を受賞されました。おめでとうございます!

今回、私たちは初めて学術総会に参加し、様々なテーマのポスター発表や、他大学の先生の講演を聴くことができました。ポスターを作って人前で発表するという機会はなかなか無いので、私たちにとって貴重な経験となりました。

発表後に記念撮影!
c0166720_19133941.jpg

c0166720_19135133.jpg

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-06-30 19:15 | 出来事 | Comments(0)
6月25日(土)に、福山大学近くの東村町公民館でちまき作り交流会が行われました。
c0166720_1028342.jpg


毎年、田植えの終わった時期の慰安を兼ねてこの時期にかしわ餅や、ちまきを作って食べるのがこの地域の習わしだそうです。
このような東村町の様々な行事を伝承し、地域興しをしているのが「誠会」です。

c0166720_10233085.jpg

誠会の代表の方から開催の挨拶や、行事の由縁、参加者のご紹介がありました。
今年度も福山大学からは、生命栄養科学科の「地域交流グループ Nたま」メンバーを中心に参加させていただきました。

以下からは、ちまき作りの様子です。
生地はもち麦の粉を用いています。
c0166720_11543514.jpg


ぬるま湯を加えながら、そば打ちのように粉全体に水分を均等になじませていきます。
c0166720_11552541.jpg


もち麦の特性として、最初の生地の固さと蒸し上がりの固さはほぼ同じになるそうで、このとき加える水分量でもちの固さが決まるそうです。

水分がちょうどよく回ったら、粉をひとまとめにして練っていきます。
c0166720_11562051.jpg


これを小分けにして、中にこしあんを入れます。
c0166720_1213598.jpg


こうしてできた団子を俵型にして、数枚のどんぐりの葉で隙間なく包み、い草で縛って固定します。
c0166720_122594.jpg

こうすることで、もちが空気に直接触れることがなくなるので傷みにくくなり、冷蔵庫の無かった昔なら涼しい井戸につるして保存し、数日間はちまきを食べて楽しんでいたそうです。

c0166720_1221778.jpg

この包む作業が一番難しく、初めはガタガタしたり、重心がうまく取れなかったりもしていましたが、何十個とこなしていくうちにプロのような仕上がりに!

c0166720_1222547.jpg

包んだ後のちまきは、ト○ロが持っていそうなかわいらしいものになりました。


c0166720_14191184.jpg

かしわ餅も合わせて作って、蒸籠に入れて外のかまどで蒸しあげます。
c0166720_14192115.jpg

c0166720_14193717.jpg


待ち時間には、東村保育所の子供たちがうたの発表をしてくださっているうちに、辺りにはだんだんと蒸し上がった良い香りが漂ってきました。
c0166720_15121987.jpg


そして、待ちに待った試食タイム!
c0166720_15132098.jpg


あんこがぎっしり詰まっているので、途中破裂したものもありました。
c0166720_15135446.jpg


c0166720_15141439.jpg

こちらは普通のかしわ餅。
c0166720_15142155.jpg

そしてこちらが、もち麦のちまきです。
それぞれに包んでいた葉の香りや、食感の違いや色の違いなど味わい深い風味がありました。


ここのところ、天候不良が続いていて気分も落ち込み気味でしたが、美味しいものをみんなで作って食べるというのはいい気分転換にもなったでしょうか?
次回のNたまの活動予定は秋の「やきいも交流会」です。お楽しみに。
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-06-27 10:26 | 行事 | Comments(0)

梅雨の合間に

本日は梅雨の合間に晴天が広がっています。
18号館と33号館の間の斜面には、梅雨の時期に咲く「あじさい」がとても綺麗に咲いています。
c0166720_13173473.jpg

c0166720_13175019.jpg

c0166720_1318286.jpg

左側にある花も、実はあじさいです。

c0166720_1323677.jpg

明日からは再び天気がぐずつくみたいですが、
湿気や暑さに負けずに過ごしていきましょう!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-06-18 13:23 | おしらせ | Comments(0)
福山大学では毎年6月頃にマナーアップキャンペーンと題して、クリーンアップ・マナーアップ活動をしています。
2016年度は、6月13日~6月17日までの5日間実施されます。
c0166720_13595491.jpg


本日は、18号館周りの草ぬきやゴミ拾いをお昼休みに行った様子をご紹介します。

c0166720_13584866.jpg

小さな雑草は手で抜くことが出来ますが、しっかりと育ったものは剪定ばさみを使って取っていきます。
c0166720_13585886.jpg

18号館の入口横に置いてあるプランターの間にたまりやすい落ち葉もほうきを使って取っています。
c0166720_1433835.jpg

草抜きを頑張っている背中。

c0166720_147926.jpg

皆さんお疲れでした。皆さんのおかげで18号館の周辺がとても綺麗になりました!
ありがとうございました!
[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-06-15 14:09 | 行事 | Comments(0)

ブイヨン

毎週木曜午後、2年生の調理実習が行われています。

実習ではかつおだし、こんぶだしを始め、様々な出汁を使った調理を行います。
今回ご紹介するのはブイヨンです。

ブイヨンとはフランス語で「肉・骨・魚類などと香辛料・香味野菜などをいっしょにして長時間煮込んで作る煮出し汁」という意味があります。(デジタル大辞泉より)
材料をひたすら煮込んで取る出汁です。

まずは材料から。
c0166720_1444062.jpg

写真に写っているのは牛のすね肉、セロリ、にんじんですが、さらに玉ねぎ、パセリの茎、白コショウが入ります。
牛肉も、この倍量を使います。

まずは肉をコトコト煮込んでいきます。
c0166720_14452399.jpg

今回調理したのは約50人分。
写真の鍋2つでようやく半分です。
全部で鍋を4つ使用します。

灰汁を取りながら約1時間煮込んでいき、
c0166720_14462286.jpg

香味野菜であるセロリ、玉ねぎ、さらににんじんを加えます。
c0166720_14474651.jpg

ある程度煮たらパセリの茎、白コショウ(粒)、ローリエを加え、煮込んでいくと、はじめの量の約半分になっていきます。
c0166720_1448336.jpg


これを漉したらできあがりなのですが、量が多いのでまずは野菜を分けてから
c0166720_14492498.jpg

漉していきます。鍋2つ分(約9リットル)ができあがりました。
上の写真の野菜を引き上げる際に使っている道具はシノア(シノワ)と言って、スープを漉す際に使う物とのこと。まさに今回のようなときに使用します。
c0166720_1450271.jpg

ちなみに、たっぷりうまみが取られた材料たちですが
c0166720_1451957.jpg

すね肉が良い感じに軟らかくなっているので、料理とは別に、学生に煮て食べてもらうことになります。
バター醤油でおいしくお召し上がりになったとか。

所要時間は約3時間。
実習中に行うと間に合わないので、今回の調理は久保田助手が担当致しました。
たまたま調理実習室に用事があって調理工程を眺めていたのですが、良い香りがするのに食べられないもどかしさを感じました。

2年生の皆さん、できあがりはいかがでしたでしょうか。

c0166720_1174195.jpg

~ さいの目きり野菜入りコンソメ ~

[PR]
# by seimei-eiyou | 2016-06-07 08:59 | 実験・実習・授業 | Comments(0)