第4回 市民フォーラム

平成21年11月28日(土)、福山大学社会連携研究推進センターにおいて市民フォーラム「食と健康のライフサイエンス」が開催されました。 全4回シリーズの最終回となる今回のテーマは「がん予防と食品」です。
新型インフルエンザの影響を心配していましたが、100名程度の市民の皆様にご参加いただきました。
c0166720_1303124.jpg


まず初めは生命栄養科学科の菊田安至教授が「発がん性物質と食品」と題して講演を行いました。がんの定義や、発生のメカニズム、また発がん性の試験の実際など、専門的な内容で、詳細にメモを取られる参加者の方も多くいらっしゃいました。
c0166720_130492.jpg


続いて同じく生命栄養科学科の木村安美准教授が「がん予防と食生活」と題して、栄養疫学に基づいたがん予防のための食生活について講演を行いました。がん予防に役立つと言われる栄養素や食品が、疫学的にはどの程度根拠があるかということなどが、海外の研究報告を交えながら紹介されました。
c0166720_1312670.jpg


講演終了後に、市民フォーラムの全4回に参加された12名の方に修了証書をお渡ししました。
c0166720_1313715.jpg


地域への情報発信の場となることを願い、生命栄養科学科では次年度も市民フォーラムを継続していく予定です。これまでに皆様からお寄せいただいたご意見を参考にテーマを選定し、食と健康に関する最新の情報をお伝えしていきたいと思っています。今後の予定は随時、ホームページ等でご案内していきますので、次年度も皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-11-30 13:02 | 行事 | Comments(0)