中間発表と「ほわり」

このブログでは、大学か食べ物のどちらかに関係する内容を書くことを鉄の掟にしています。 それにしては、前回の「2バンクーバー」はどちらにもかすってないじゃないかとのご批判を浴びそうです。 でもいいですか、よくお読みになると、かろうじてかすっている事がわかります。 

最後の方にレニエ山が出てきて、その部分の「マウントレーニアのカフェラテ」がかろうじてかすっているのです。 ちょっと、インチキっぽいと言われても仕方がないぐらいのかすり方です。 ということで今回はど真ん中、大学行事について。

昨日は、博士課程前期・後期学生の中間発表会でした。 中間発表会というのは、修士課程1年生と、博士課程1,2年生が日頃の研究成果を発表し、みんなでアーでもない、コーでもないと今後の研究の進め方を議論する会です。

実際には議論する時間も限られており、発表も学会発表なみに整備されているものが多いので、ある意味修士論文or博士論文公聴会の様相です。 本学科からも3名の方が発表されました。

それはともかく、今日の主役はお菓子です。 中間発表会のねぎらいにと、山口に帰っていたグルメMさんが、今話題のお菓子「ほわり」(菓子乃季)をお土産に買ってきてくれました。 ネットによると、2月17日のいいともで紹介されて以来注文殺到だそうです。

c0166720_2045129.jpg
通販で買うと冷凍品が送られてきますが、グルメMさんのは本社近くの店舗で買った物で「生」ということになります。 ちなみに製造販売元の菓子乃季さんは山口県柳井市のお菓子屋さんで、卒業生が働いています。

商品の「ほわり」は一見ドラ焼き風のお菓子で、中身は以前紹介した「原 八天堂のクリームパン」に通じるコンセプトで作られたと見ました。 つまり、ふわふわ系です。 手で持つと壊れてしまうようなふわふわで軽~い生地に、こちらも甘さ控えめ、口どけなめらかな軽~いクリームが入っています。 

味はミルク、チーズとショコラの3種類ありました。 他にもあるのかな? 結論として、柔らかくてほわーんとした軽い食感と、お手頃な価格で(ここが何より肝心)、明確にヒット狙いの商品です。 「ほわり」というアンニュイなネーミングで、そのコンセプトを具現化しています。

今日は欲張って、大学の行事と食べ物の両方を紹介してみました。
c0166720_2045278.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2010-03-02 20:50 | 行事 | Comments(0)