第7回 リレー講座 イモの調理を科学する 渕上倫子教授

来たる10月27日の木曜日、JR福山駅前の福山大学宮地茂記念館(駅前キャンパス)で、第7回 福山大学発! リレー講座が開催されます。

今回は、本学科学科主任の渕上倫子教授(日本調理科学会副会長)による講演で、演題は『イモの調理を科学する ―ジャガイモからダイジョまで―』です。 詳細はこちらのポスターをご覧下さい。

内容は・・・

<イモ類はデンプンを多く含み、エネルギー源としてのみならず、ビタミンC、カリウム、食物繊維源としても重要な食品です。水分を多く含むため穀類と比べて貯蔵性は劣りますが、蒸す、茹でる、揚げる、焼くなどの加熱調理の際、イモ自身の水分でデンプンが糊化するという利点があります。ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、ヤマイモ(福山特産のダイジョを含む)などの食文化、調理特性、失敗しない調理のコツについてお話します。>

講演日: 平成23年10月27日(木)
講演時間は、午後6時半から8時(朝の、ではない)まで。 開場時間は午後6時からです。
参加費はもちろん無料、どなたでも参加できます。 
秋の夜長(夕方ですが)、イモを語る、イモと語る会にぜひふるってご参加下さい。
※イモは出ません。

c0166720_10583761.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-10-05 11:02 | 行事 | Comments(0)