M1中間発表会

本日(H24、3月5日[月])の午前中、大学院工学研究科生命工学専攻前期博士課程1年生による中間発表会が18201教室で行われました。

c0166720_18284557.jpg
M2学生による修士論文発表会は海洋生物科学科の発表が多かったのに対して、今回は生物工学科の発表がやや多かったと思います。 来年は、生命栄養科学科からも発表の予定で、今から楽しみです。


さて3月から春休み突入で、ブログもネタがなくニュース日照りです。 一方、世間一般で気になるニュースといえばオセロ中島さん事件でしょうか。 と言っても出来事そのものに興味があるわけではなく、なぜこの事件がこれほど国民的関心事になったのか(ちょっと大げさか!)、なぜマスコミ各社があれほど執拗に追い続けるのか。 何が視聴者の琴線に強く訴えかけるのか、そこに興味があります。

ローカルなニュースとしては東広島のエルピーダメモリーの破綻です。 このニュース、地元でもあまり感心がないようですが、日本の製造業を象徴しています。 2007年初で6000円台だった株式が、リーマンショックで400円台になり、現在は300円台です。 東広島にある巨大なエルピーダメモリーの工場を見て、ここで半導体を作って果たしてやっていけるのかと思ったのはもうずいぶん昔の話です。 

今回は食品と関係ない話題になりました。 
強いて言えば、半導体は「産業の米」と言われているぐらい・・・



 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-03-05 18:42 | 行事 | Comments(0)