釣りガール

これから夏を迎えるこの時期は、いろんな行事が予定されています。公開授業、文創祭、市民フォーラム、体験入学会などなどが、週末のカレンダーを埋めています。
昨日の日曜日は、生命栄養科学科としての行事はなかったのですが、大学の海洋生物研究会主催の釣り大会が因島であり、栄養からも4年生が二人参加しました。
会場となった因島の公園に行く前に、まずは大浜の内海生物資源研究所の水族館に立ち寄って、釣りに備えて(?)魚の生態についてしっかりと勉強しました。
写真はタッチングプールのウニを観察している栄養の学生さんです。
c0166720_854551.jpg

そして会場の公園に移って釣り開始です。私も写真の竿を出して大会に参加しましたが、食べられる大きさの魚は一つも釣れませんでした。
c0166720_8544361.jpg

この日は潮が悪かったのか、全体に釣果はしぶり気味で、栄養の二人もミニサイズのアイナメが1匹ずつしか釣れなかったそうです。そんな中でも、つり名人の他学科の学生さんたちは、タイやキスなどを釣っていました。やっぱり腕前でしょうか。また、海洋生物科学科の学生さんたちは、魚の知識はもとより、釣り方や扱いもよく知っています。魚の調理の技術もなかなかのものです。
c0166720_855132.jpg

釣果は悪くて、食べ物の話題にまでたどり着きませんでしたが、楽しく海辺で一日をすごすことが出来ました。

PS:この歳になって、一日直射日光の下にいるとかなり疲れました。せめて何かまともな魚が釣れていたらもう少し元気が出るのですが・・・・・。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-06-11 08:55 | 行事 | Comments(0)