北から、南から

今日で、平成25年最初の授業ウィークが”ほぼ”終わりました。 ”ほぼ”というのは、1/5(土)が初日だったため。

私の授業では、学生さんに、地元での年末年始の過ごし方について聞いてみました。

まず、北海道の農場から来ているYさんに、「地元の気温は何度だった?」と聞くと、

「-20何℃」とのこと。 「息を吸うと、肺が痛い!」そうです。

そこで、隣に座っているYさんの親友のHさんにも同じ質問をしてみました。 ちなみにHさんは沖縄出身です。

「地元は何℃だった?」と聞くと、答えは「20何℃!」

「それって、マイナス?」と聞くと、

「先生、そんな訳ないじゃないですか。 プラスですよ、プラス。 マイナスだったら死んじゃいます!」

すると横に座っているYさん、「じゃあ、私、死んでるってこと?」  
「・・・」

考えてみると、人間は50℃も温度差がある環境でも、平気に、普通に暮らせるんですね。 すごいと思います。 

この様に、福山大学生命栄養科学科には北から、南から、いろんな所から学生さんがやってきます。
[PR]
Commented by 福山大学経済学部OB at 2013-01-12 19:48 x
新年あけましておめでとうございます(少し挨拶が遅れましたね)。

今年も、ブログの更新楽しみにしています。ちなみに、JRでの通勤時にブログを見ています(・∀・)。就職して社会に出ると自分の時間は仕事が休みの時しかありません。

学生時代ほど自由な時間がないので、今の学生の皆さんには、自由な時間を生かして、自分自身を磨いてほしいですね('-^*)ok。

僕も、福山大学を卒業して約20年程経ちますが、このブログを読んでいると学部は違いますが、懐かしさと福山大学が日々発展しているのを感じて嬉しく思います。

大学は、全国からいろんな学生さんが来ます。4年間という限られた時間ですが、貴重な経験になるでしょう(^-^)v。
by seimei-eiyou | 2013-01-12 13:32 | 実験・実習・授業 | Comments(1)