第5回高校生アイデアどんぶり選手権! その2 調理開始!

調理時間は30分。
c0166720_21595220.jpg


当日に行う調理工程は皆さんばらばらです。
大学で揚げ物をする方、温めるだけになるよう準備してきた方など、料理へのこだわりがいっぱいです。
その場で調理すればできたてが提供できますし、事前に調理してくれば材料にしっかり味が染みこんでくれます。

調理中は声がほとんどしません。
響くのは材料を切る音、焼く音、揚げる音。
30分間に、これまでの成果が詰め込まれています。

どのようなものができあがるのでしょうか?
順番に調理の様子を見ていきましょう!

賀茂高等学校 3年生 木原優月さんです。
切った具材を炒めています。
具材の中にはレンコンとしらたきが入っているようです。
どんぶりに乗せる料理としてどのように変化するのでしょうか。
c0166720_21595826.jpg


総合技術高等学校 3年生 水野幸希さんです。
手元が隠れているので見えにくいですが、アボカドの種を取っています。
種は固いので注意が必要ですが、危なげない手つきはさすが!
c0166720_220682.jpg


清水ヶ丘高等学校 3年生 池田 綾野さんです。
手慣れた様子で揚げ物をされています。
揚げられたものはタレに絡めて炒めて…できあがりはあとのお楽しみです。
c0166720_220917.jpg


おかやま山陽高等学校 3年生 東 友美さんです。
2色のプチトマトを使うようです。
ただ半分に切るだけではない様子にもこだわりがありそうです。
c0166720_2201659.jpg


井原高等学校 2年生 松本 幸さんです。
溶いているものは何でしょうか。
タレになるのか、具の一部なのか。
c0166720_2201932.jpg


大門高等学校 2年生 山手 仁さんです。
男性唯一の二次審査出場者です。
様々な香辛料の香りがしました。
香りだけでも食欲がそそられます。
c0166720_2203257.jpg


安芸高等学校 3年生 河野瑛子さんです。
いろんな食材を一つ一つ丁寧に揚げていきます。
揚げる温度もばっちりのようで、きれいな衣になっていました。
c0166720_2203857.jpg


世羅高等学校 2年生 盛谷 菜々花さんです。
炒めているのはプチトマト。
サラダの定番のプチトマトはどのように変身するのでしょうか。
c0166720_2204368.jpg


安芸南高等学校 2年生 森田晴香さんです。
緑のピーマンと赤いパプリカで彩り豊かに。
パプリカは歯ごたえが変わりにくいのでそちらも活かすようです。
c0166720_2204685.jpg


総社高等学校 3年生 在間 小夏さんです。
写真からも伝わる卵のふんわり具合。
卵に乗せられたものはなんでしょう。
c0166720_2205011.jpg


総社高等学校 3年生 北村 彩さんです。
盛りつけも終盤の様子。
彩りもバランスを考えて配置されています。
c0166720_2205945.jpg


倉敷鷲羽高等学校3年生 金山 奉弥さんです。
真剣なまなざしで炒めるものは?
彼女の後ろには持参のどんぶり茶碗と汁椀も見えます。
c0166720_221771.jpg


倉敷鷲羽高等学校 3年生 本庄 瑠衣さんです。
揚げ物の準備でしょうか。
かりっとした食感が予想されます。
c0166720_2211068.jpg


比治山女子高等学校 3年生 河野 晴香さんです。
限られた時間を有効活用するための秘密兵器登場!?
野菜の栄養も逃がさない意気込みを感じます。
c0166720_2211311.jpg


沼田高等学校 3年生 妹尾菜摘さんです。
余裕を持って盛り付けられるよう事前準備を万端にしてきたそうです。
丁寧に盛り付けていきます。
c0166720_2215874.jpg


次々に料理が完成していき、制限時間の30分を前に全ての料理が出揃いました!

いざ試食…の、前に、PRタイムです。
(その3へ続く)
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-08-20 22:05 | どんぶり選手権 | Comments(0)