平成27年度 臨地実習報告会

12月8日(火)に臨地実習報告会が行われました。
c0166720_18264013.jpg


臨地実習とは学外実習のことで、管理栄養士・栄養士が実際に働く現場「病院、老人福祉施設、小学校、給食を扱う事業所、保健所」に行き、学生がその業務の一部を体験・実習させていただくものです。
それぞれの施設で1~2週間の期間で、学生自身がそれぞれ課題をもって実習にあたります。
これまでの学内での授業や実験実習だけでは身につけられない、コミュニケーション能力や課題解決能力など、様々な技能や経験を習得できるように自発的に行動をしなければなりません。


c0166720_18265794.jpg

まずは、菊田学科長から、臨地実習を無事終えられたことへの慰労と、報告会はその集大成であるので、最後まで気を抜かずに頑張ってください、とご挨拶がありました。



c0166720_18272532.jpg

c0166720_18273631.jpg

会場は2部屋に分かれておりますが、発表形式はどちらも、パワーポイントを使ったスライドでの口頭発表になります。

c0166720_18284029.jpg

1グループ5分の発表で、数題まとめて最後に質疑応答を3分間行いました。
c0166720_1828360.jpg

c0166720_18284823.jpg



最後に実習生の代表が、事前の学内の諸先生方のご指導により、実習先でも大きな問題もなく、実習を無事終えることができました。また、実習先の管理栄養士の先生方をはじめ諸職員の方にも大変お世話になりました、と挨拶をして、報告会は終了しました。
c0166720_18302314.jpg

c0166720_18303152.jpg



この1年間で、一番大きなウェイトを占めていた実習が終わり、やっと一息つけたことだと思います。
ですが、その後にはすぐに、来年度に向けて研究室での卒業研究や、国家試験を見据えた勉強、就職活動など、まだまだすることは目白押しです。
この臨地実習を通して学んだことや経験を生かして、これからの学生生活を充実させてください。
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-12-10 15:25 | 行事 | Comments(0)