Nたま@焼き芋講習会

こんにちは!
生命栄養科学科有志「地域交流プロジェクトチーム Nたま」メンバーです。

今年度も10月15日(土)~16日(日)の三蔵祭にて、焼き芋の模擬店を出店いたします。
そのため、今回もお世話になる東村町の誠会の方に、10月8日(土)に焼き芋講習会をしていただきました。
c0166720_14103716.jpg



c0166720_142157.jpg

上写真の左にある機材が、「石焼きドラゴン」という焼き芋専用の窯です。
この機材の使い方や、さつまいもの処理の仕方などを教わっていきました。


c0166720_145954.jpg

このドラゴンの燃料は薪なので、火をつけてから温まるまで1時間ほどかかります。
その間に、いもの処理をしていきます。


c0166720_1411597.jpg

c0166720_14111437.jpg

いもをよく水で洗い、余分な根や端をカットして見た目を良くします。
このとき、いもの状態(種類・傷んでないか)も確認していきます。


c0166720_14141075.jpg

いもの下処理が終わると、いよいよ窯の中に入れて焼く行程になります。
焼き方も、それぞれのいもに含まれる水分量や大きさなどによって微妙に異なってくるので、焼き上がりの見分け方や火の調節について詳しくレクチャーを受けました。


c0166720_14191997.jpg

こちらが出来上がりのものです。
今年は天候不順のため、いもの熟成的には焼き芋にするのにはやや早かったりしましたが、とても甘くおいしくできました。


学際当日にも、「安納芋、紅はるか(中は黄色または白色(レア!))」の3種のものをランダムに提供いたします。

地元、東村町で収穫された秋の味覚の焼き芋を、この機会に是非ご賞味ください!
24号館付近に出店しておりますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
c0166720_14315971.png

[PR]
by seimei-eiyou | 2016-10-11 14:07 | 出来事 | Comments(0)