H28年度 SSH

11月19日(土)に、平成28年度 清心女子高等学校SSHが行われました。
これまでに生命科学実習として生物工学科と、海洋生物科学科で実習が行われ、今回はその第3回目として生命栄養科学科が担当しました。

テーマは、「食と健康のライフサイエンス」-身近な食品科学- です。
まず午前中に、井ノ内教授より講義がありました。
身近な食品成分の定性実験の基礎と原理ということで、午後から行う実験に向けての説明も織り込みながら講義をされました。
c0166720_18514774.jpg


今回の実験では、デンプンとたんぱく質についてそれぞれ調べる実験を行いました。
具体的には、①小麦粉のデンプンとグルテンの分離と定性反応、②卵白とゼラチンのたんぱく質の定性実験、③牛乳カゼインの分離と定性実験の3つを行いました。

まず、小麦粉のデンプンとグルテンを分離させるため、小麦粉と水を合わせたものをしっかりと捏ね、ドウを作ってもらいました。
最初は手や指の間にべたべたと付いていたものも、100回程度しっかりと捏ねていくうちに一つの綺麗なドウが出来ました。
c0166720_1901570.jpg


出来上がったドウは、30分ほど休ませた後、水中でもみ洗いをします。
すると、たんぱく質であるグルテンだけが残り、デンプンが水中に分散していくことで分離することが出来ます。
c0166720_192329.jpg


このもみ洗いで出来たグルテンを用いてたんぱく質の実験を、デンプンを用いてヨウ素デンプン反応を行いました。

詳しい実験の原理や様子は書きませんが、高校生の皆さんはとても意欲的に実験に取り組み、今まで触れたことの無い実験器具などを使っての実験はとても楽しそうでした。
これをきっかけに、実験に興味を持つだけでなく、科学や栄養学についても興味関心を持ってくれれば、大変嬉しいです。
[PR]
by seimei-eiyou | 2016-11-21 19:10 | 行事 | Comments(0)