第17回生命工学部公開授業 ~「ひみこのはがいいぜ」の秘密を探ろう!~

7月22日(土)第17回生命工学部公開授業が行われました。

今年は、
A.酵母と遊ぼう!
B.花の色が変わります!
C.シュークリームがふくらむ!
D.「ひみこのはがいいぜ」の秘密を探ろう!
E.きれいな海藻押し葉をつくろう!
F.どうぶつ飛行機をつくろう!
の6つのテーマで行われました。

今回は、D.「ひみこのはがいいぜ」の秘密を探ろう!の様子をご紹介したいと思います。

みなさんは、普段ご飯を食べる時に、自分が何回くらい噛んでいるか、数えたことがあるでしょうか?
おそらく、ほとんどの人が噛む回数を意識せずに食事をしていると思います。
このテーマでは、噛むことについて授業や試食を通じて、考えました。

はじめに、「よく噛むことは、なぜ大切なのか?」「よく噛むためには、どんな工夫ができるか?」みんなで考えてみました。
c0166720_10551024.png
お手伝いの大学生も参加し、それぞれの意見を発表してもらいました。
今回の参加者は小学生でしたが、大学生に負けないくらいたくさんの意見が発表されていました。

噛むことの大切さについて考えたあとは、実際に色々な食材を食べ比べてみました。
c0166720_10551971.png
バナナとりんご、プリンと堅焼きせんべい、するめとクッキー。
噛む回数はもちろん、あごの動き方は?唾液の出方は?など、いろんな視点から噛むことについて考えました。

次に、「よく噛むサンドイッチ作り」にチャレンジしました。
普段食べるサンドイッチは、耳を切り落とした柔らかい食パンを使いますが、今回はバゲットを使いました。よく噛むためにはどの食材を入れるといいか考えながら、サンドイッチを作りました。
c0166720_10553131.png
もちろん、このサンドイッチも試食します。
「バゲットを使うとよく噛める」「しっかり噛むと少しの量でもお腹いっぱいになる」など、普段食べるサンドイッチと比べながら食べました。

今回のサンドイッチでは、堅めのバゲットを使う、きゅうりを厚めに切る、スライスチーズではなく大きめに切ったチーズを使う・・・など、しっかり噛むために食材を工夫しました。
そう、同じ料理でも、食材に一工夫するだけで、噛む回数を増やすことができるのです。
普段の料理でも簡単にできるので、普段噛む回数が少ないなと思った方は、是非お試しください。

最後は、「ひみこのはがいいぜ」について授業を聞き、本日のまとめとしました。
「ひみこのはがいいぜ」の秘密、それは・・・。

ひ:肥満予防
み:味覚の発達
こ:言葉の発音がはっきり
の:脳の発達
は:歯の病気を防ぐ
が:ガンの予防
いい:胃腸の働きを促進
ぜ:全身の体力向上と全力投球

そう、「ひみこのはがいいぜ」は、「噛むことの良い点」をまとめたものだったのです。噛むことは、歯やあごの発達だけでなく、全身に良い影響を与えるのです。

ちなみに、現代の食事は1食あたりの噛む回数は600回程度といわれていますが、卑弥呼は1食で3990回も噛んでいたといわれています。

試食や授業を通じて、噛むことについてしっかり考えることができたと思います。
普段の食事も、しっかり噛む習慣がつくと良いですね。



[PR]
by seimei-eiyou | 2017-07-24 11:19 | Comments(0)