iPS

c0166720_19242760.jpg平成21年10月21~24日(水~土)に、神戸のポートアイランドで開催された日本生化学会大会に参加しました。 学科からは里内教授、菊田教授、瓜倉助手などがポスター発表されました。 

1万人近くが参加する大きな学会ですので見所は色々あるのですが、今回は京都大学大学院生命科学研究科が仕切ったこともあり、大会第3日目の山中伸弥教授の講演会が白眉だったと思います。 山中先生は、ご存じ世界で最初にiPS細胞を開発された方で、現在も生き馬の目を抜く以上の激しい国際的な研究競争を戦っておられます。

私はこれまで山中先生のご講演を聴く機会が何回かあったのですが、分野が違う、会場が混むなどの理由でパスしてきました。 そんなこともあり、今回は講演中の山中先生の表情も委細漏らさず観察すべく、会場最前列の山中先生に一番近い位置に席を取りました。

席に座っていると山中先生がすぐ目の前を通られ、その時にふと、なぜか足腰がしっかりした(体躯が強い)方だなとの印象を持ちました。 その印象はあながち間違っておらず、先生は神戸大学医学部の学生の頃トライアスロンに励まれていて、本土!からポートアイランドまで走ってきて、ポーアイのプールで泳ぎ、また走って本土に帰るという生活をされていたそうです。

講演の冒頭にはそのようなエピソードをお話しになり、「今日は素晴らしい秋晴れなので、室内で講演を聴くより外にいた方がいい。」とか、スライドが始まると「昨日(Windows 7の発売日だった)、一晩中かかってシステムをWindows 7に更新したので、今日スライドが映るかどうか心配でした。」とつかみもバッチリです。 あのお忙しい山中先生が、Windows 7発売日に電気屋さんに並んで買い、自分のパソコンにインストールするはずは無いのに、そんな光景が目に浮かぶのが不思議です。

次に皮膚の細胞をiPS化する様子を示されました。 「皮膚の小片を取ってiPS細胞を作るのですが、外国では髪の毛一本からiPS細胞を作る技術が開発されました。 しかし私のような人間にとって髪の毛1本は貴重です。 私なら皮膚円(小片)から作った方が助かります。」と自虐ネタも披露されました。

iPS細胞は、体細胞に4つの遺伝子を入れて作ります。 その中にc-Mycという癌原遺伝子が含まれており、できあがったiPS細胞が患者さんの体内でガン化する恐れがあります。 そこで何とかc-Mycを組み込むこと無く、効率的にiPS細胞を作る方法についてわかりやすく説明されました。 

将来iPS細胞による治療が期待される病気に、SMA(脊髄性筋萎縮症)やALS(筋萎縮性側索硬化症)があります。 ALSは別名ルー・ゲーリッグ病とも言われます。 「今年、イチロー選手が大リーグ初となる9年連続200本安打を達成しましたが、それまでの8年連続記録を持っていたのがルー・ゲーリッグです。 ゲーリッグは9年目にATLが発病し、記録が途切れてしまいました。 もしATLを発病しなければ、もっと記録が伸びていたかもしれません。」とスポーツマンらしい含蓄のあるお話しをされました。

また「病気になるかならないかは3つの要素が関係しています。 1つは遺伝的要因、2つめは環境因子、3つめはAging(加齢)です。 環境因子としては、エピジェネティクスの蓄積が重要だと考えられます。 これら3つの要素の比重は、病気によって変わります。」と図を示してわかりやすく説明されました。 

最後に世界地図を示され、「この地図は、新型インフルエンザの世界的広がりを示しているのではなく(笑)、iPS研究の世界的広がりを示した図です。」 またF-22ステルス戦闘機の写真を示して、「優れた技術が1国で独占されてしまうと困った事になります。 人類にとって素晴らしい技術は、国際協力が何より重要です。」と講演を締め括られました。 

iPSの分野は、いつ誰がどんな研究成果をひっさげて他の研究者を出し抜くかという、極めてストレスの多い研究分野です。 その中で、「一刻も早く患者さんに朗報を届けるためには、世界的な協力が必要です。」とおっしゃった言葉に、実感がこもっているように感じられました。 

ということで、山中先生は関西的なユーモアのセンス溢れ、足腰と体躯の強い先生でした。 最新の研究成果をわかりやすくお話しになるとともに、「思わぬ政権交代で研究費が1/3に削られてしまったが、できる範囲内で頑張ってやるだけ。」というちょっと政治的な発言もさらりとできる山中先生でした。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-29 19:25 | その他 | Comments(0)

はしまき

大学祭で模擬店グランプリを取った「はしまき」ってなんだぁ?

見た事も聞いた事もねえな。 
ただし、食べた事はある!   
ってのは、ウソ。

食べた人によると、お好み焼きを割り箸に巻き付けたようなヤツで、結構うまいんだそうだ!
♪ 広島焼きを、割り箸に巻き付けるのは無理じゃろ。 

てこたぁ、関西風お好み焼き?
いずれにしろ、粉もんだね!

粉もんといえば、関西。
関西と言えば、粉もん。

てことで、「はしまき」ってぇのは、関西出身?
それにしては、聞かねえなぁ。

誰か、「はしまき」のルーツというか、出自というか、歴史というか、解説してくれるとうれしいな。 あと、「はしまき」の定義も。

目の前で作ってくれると、なおうれしい。

PS 先日定食屋で定食頼んだ時の事。 お盆に載っかってきた割り箸を割ると、運の悪い事に1本が半分ぐらいのところで折れちゃった。 新しいのを頼んでも良かったが、お店は混雑していてお姉さんは忙しそうだし、森林資源の保護とかも頭をよぎって、「まあいいか、これで食っちゃえ。」って食べ始めたはいいが、1本が短い割り箸って食べにくいねえ。 それに、自分で見てても食べる姿が滑稽なんで、まわりから見るともっと滑稽だろう。 あっさり新しい割り箸、頼めばよかったと後悔したが、やり始めたら最後までやらないと気がすまないってぇ変な意地もある。 ほんと、往生した。 

栄養学科のブログにしちゃあ、ふさわしくない話題だな、今回は。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-27 18:22 | その他 | Comments(0)

三蔵祭09-3

大学祭当日レポート第3弾です。

生命栄養科学科の2年生の「調理同好会」の様子をお伝えします。
今年はメインステージ付近に店を構え、謹製「はしまき」を販売しました。
売れ行きは好調で、1日目で2日分の量を売りきるほどだったようです。

店の外観です。
c0166720_2238383.jpg





調理同好会の面々
c0166720_22393126.jpg





そして、
なんと、
模擬店グランプリ獲得!
c0166720_22405560.jpg





滲んだ文字は汗か涙か雨なのか、いずれにせよ心地よい達成感に包まれたのではないでしょうか。



さて、3回にわたって大学祭の様子をお伝えしましたが、いかがでしたか。

今年の大学祭もたくさんの方に支えられて無事に終えることができました。
ご来場いただきました皆様、応援してくださった方々に学科一同、深く御礼申し上げます。
また、来年のご来場もお待ちしております。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-26 22:50 | 行事 | Comments(0)

三蔵祭09-2

大学祭当日レポート第2弾です。

次は4年生の様子をご紹介します。
研究室の個性あふれる出展をご覧ください。

試行錯誤のキャベツクッキー
c0166720_2253527.jpg





ご飯食べ比べ
c0166720_226192.jpg





タンパク質は芸術です
c0166720_229943.jpg







科学的チョコレート
c0166720_2263684.jpg





男のパン
c0166720_2265721.jpg

c0166720_112258.jpg



鳥インフルエンザとひよこ
c0166720_2272591.jpg


c0166720_1102224.jpg


大学の研究室というと堅いイメージがありますが、身近なものに絡めた出展でしたので、来場された方々にも親しみを持っていただけたのではないかと思います。

続く。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-26 22:30 | 行事 | Comments(0)

三蔵祭09

大学祭もとうとう当日を迎え、2日間があっという間に過ぎ去っていきました。
当日の様子をご紹介したいと思います。

まず、1年生の展示「食品のカロリー当てクイズ」の様子です。
入学して半年、ほとんどの学生が一般の方と食事や栄養についてお話しするのは初めてです。やや緊張気味でしたが、よい経験ができたようです。
c0166720_2124238.jpg





2年生の健康度チェックは満員御礼でした。
測定後の結果を説明する中で、日ごろの勉強の成果が試されていました。
c0166720_21405067.jpg





1,2年生の隣には、福山地区地域活動栄養士会の方々による、お弁当の栄養バランスについての展示がありました。
c0166720_234553.jpg





お弁当の媒体はほとんど手作りということでしたが、ご飯もおかずも本物そっくりでした。
c0166720_237486.jpg





3年生はトマトについての展示をしながらバルーンアートに励んでいました。
とても器用です。
c0166720_21425971.jpg





1~3年生で準備した試食コーナーでは、アイスもトマトクッキーもトマトゼリーも水あめも、飛ぶようになくなりました。写真は朝の風景です。
c0166720_2154354.jpg





昼頃には奥の試食コーナーが見えなくなる盛況振りです。
c0166720_225414.jpg


昼からは、10組限定のトマト狩りツアーです。
K先生が丹精こめて作られた桃太郎トマトを皆で狩りに行きました。
皆様、喜んで収穫して帰られました。

c0166720_10545963.jpg


c0166720_10552785.jpg


続く。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-26 22:01 | 行事 | Comments(0)

学園祭カウントダウン1

今日は学科全体の準備の様子をお伝えします。

まず28号館の給食室の様子です。

3年生の展示のテーマは「トマト」なので
トマトの枝をまるごと展示です。近くで見ると迫力があります。
人数限定のトマト狩りツアーもあるので、参加したい方はお早めにいらしてください。
c0166720_17204564.jpg

2年生は健康度チェック、体力測定を行います。
健康情報演習で作成した、プレゼンも展示しています。
c0166720_1723295.jpg

1年生はカロリー当てクイズや食品群についての展示を行います。
c0166720_17245936.jpg

楽しそうに準備しています。
c0166720_17252843.jpg

そして、学祭の日がホームカミングデーということで、卒業生の憩いの場もご用意しております。I先生お手製の看板がお出迎えです。卒業生の方はぜひこちらにもお越しください。
c0166720_17264944.jpg

28号館は大道具係り力作の看板が目印です。
おいしい食べ物やたくさんの展示をご用意してお待ちしております。c0166720_17274263.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-23 17:32 | 行事 | Comments(0)

今日は4年生の準備の様子を紹介します。4年生は研究室ごとに分かれて出展します。

今日は、ヘルシーなキャベツクッキーを作る研究室c0166720_2105980.jpgc0166720_211836.jpg








アーティスティックなパンを作る研究室
c0166720_2114941.jpgc0166720_212038.jpg







おいしいチョコレートを作る研究室
c0166720_212377.jpgc0166720_2124439.jpg







が調理に励んでいました。他には、ご飯の食べ比べをする研究室があるようです。

こちらの試食もお楽しみに。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-22 21:04 | 行事 | Comments(0)

大学祭が今週末に迫っています。
1~3年生は試食コーナーと、学年別の展示の準備を着々と進めています。
毎年恒例のアイスクリームは-21℃で出番を待っています。
3年生が実習で作った水あめも出荷待ちです。
c0166720_20532898.jpg
今年はアイス、水あめのレギュラー陣に加えて新顔が増えました。トマトクッキーとトマトゼリーです。
c0166720_2054535.jpg
c0166720_20541757.jpg

使っているトマトは学生(K先生)が育てた自家製です。
お越しの際は是非ご賞味下さい。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-21 19:22 | 行事 | Comments(0)

ホームカミングデー

c0166720_16392822.jpg大学祭の最終日、平成21年10月25日(日)午前10:30から、第1回福山大学ホームカミングデーが開催されます。

毎年大学祭には多くの卒業生が訪れますので、この機会に何か一発イベントを打とうということで、ホームカミングデーが始まりました。 他大学もこぞってホームカミングデーを設けており、その時流に乗った催しではあります。

午前中は、記念式典、歓迎ミニコンサート、ロボット講演です。 ロボットが話をするわけではなく、客員教授の高橋智隆先生がロボットについて語られます。

昼食をはさんで(お楽しみ券[500円分]プレゼントもあるようです)、午後からは学科行事です。 当学科は平成元年の設立以来、食品工学科、応用生物科学科、そして現在の生命栄養科学科と変遷し、それぞれ卒業学科は違えども、受け継がれるポリシーは共通です。 さてどのような学科行事になるのか。 卒業生の皆様は、大学祭に遊びに来たついでに、ぜひ学科にもお立ち寄りいただき、変わりゆく学科の姿をご覧下さい。

詳しくは大学のホームカミングデーのページをご覧下さい。

c0166720_16511321.jpg

PS そう言えば、先日のNatureにロボットの記事が載っていました(No.7259, p1076)。 タイトルは”The bot that plays ball(ボールで遊ぶロボット)”です。 このロボットはイタリア工学院?(The Italian Institute of Technology、 IIT)の研究者が作ったもので、名前は”iCub Number 1”と言います。 

“He looks like a child and plays like s child. But can the iCub robot reveal how a child learns and thinks?”
(彼は子供の様にボールで遊び、本当の子供みたいだ。 でも、iCubロボット君は、子供がどのように学び、考えるのかを教えてくれるかもしれない。)

確かに、iCub君は、むかし映画で見たiROBOTの若い頃のような・・・、日本で言うと忍者はっとり君のような顔をしています。 リアルな子供の顔ではなく、漫画チックな容姿が、ますます親近感を抱かせる要因でしょう。 

「人間の子供とロボットでは、学び方は全く違う。 それに機械は考えない!」とおっしゃる方は多いと思いでしょう。 しかし、大きな可能性を感じます。 写真はこちら
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-20 17:29 | 行事 | Comments(0)

先週末に開催されました「健康ふくやま21フェスティバル2009」では、たくさんの方に生命栄養科学科のブースにご来場頂き、誠に有り難うございました。 会場では福山大学の宣伝をあまりしませんでしたので、当学科の催しだと気づかれない方も多かったと思います。 今回は、同フェスティバルの趣旨を汲み、あまり宣伝臭くならないようにしました。

さて、学科のブースで行いました「カロリー当てクイズ」には、2日間で200名弱の方にご参加頂きました。 参加された方は5歳のお子様から90歳に迫る方まで幅広かったのですが、20~40代は少なく、どちらかというとご高齢の方が多くチャレンジされました。 男女比では女性が圧倒的で、健康に関心のある女性が多い事を改めて認識しました。
c0166720_13144932.jpg
今回はスペースと労力の関係上、会場に持参したフードモデルの種類が少なく、またお酒はメニューに含まれませんでした。 皆様が選ばれた料理の予想カロリーの平均値は約650 kcalで、実際のカロリーは580 kcalでした。 その差は約70 kcalとなり、平均で約10%程度多めに見積もられているだけでした。 この中にはカロリーが何なのかを知らない小さなお子様も多く含まれていますので、極めて優秀な成績だと思います。 また、多くの方が栄養バランスの良い組み合わせを選ばれていました。

全体的には色々と不備もありましたが、参加した学生さんも大変勉強になり、とても楽しかったと言っておりました。 また色々な方とお話しできたのも良かったと思います。 会場設営他でご尽力頂きました関係各位の方々に感謝いたします。
[PR]
by seimei-eiyou | 2009-10-19 13:19 | 行事 | Comments(0)