勝部先生 最終日

新入生合宿オリエンテーションの下見報告は1回休み。

c0166720_12233941.jpg
本日は3月31日ということで、平成22年度最後の日になります。 また、今年度でご退職される勝部先生にとっては、大学最後の日です(大学が今日限りでなくなるわけではない、当たり前か)。 ということで、手近にいた教員が集まり、花束贈呈を行うことにしました。 

c0166720_1226518.jpg
学科からは金一封ではなく、お餞別が手渡されました。 手渡したのは井ノ内教授です。 花束贈呈とは違った構図が良いかと思い、クローズアップして撮ってみました。 封筒は、紙のように薄い!

c0166720_12274485.jpg
せっかくですから集合写真を撮りました。
 

c0166720_12293596.jpg
記念品として、桑田先生が大枚をつぎ込みユーフォーキャッチャーで取った「もやしもん(オリゼ)」のぬいぐるみも贈呈されました。 ちなみに、桑田先生は同じ物を3体お持ちだそうです。

c0166720_1231016.jpg
桑田先生、ちょっと名残惜しそう。 いえいえ、もやしもんのぬいぐるみのことです。


c0166720_1233519.jpg
勝部先生は4月に挙式を控えていらっしゃるということで、ブーケ投げの練習をすることになりました(桑田先生のブーケをキャッチする練習を兼ねて)。 振りかぶって・・・

c0166720_12332562.jpg
いち、にのっ


c0166720_1234451.jpg
さんっ! うまく発射できたように見えましたが・・・


c0166720_12352719.jpg
天井にあたって、あえなく落下。 まるでネコが落ちてきたようです。


何かと暗いご時世ですが、来年度も明るい気持ちで、元気に頑張っていきたいと思います。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-31 12:42 | 出来事 | Comments(0)

昨日に引き続き、平成23年度の新入生合宿オリエンテーション下見会の様子をお伝えします。

前回は宿泊施設である「ホテルいんのしま」のご紹介でしたが、今回は同じく尾道市因島の大浜(島の北部、ホテルいんのしまのある土生町は島の南部)にある『福山大学内海生物資源研究所』の紹介です。 今回の新入生合宿オリエンテーションでは、こちらの施設も見学します。 

因島は以前、因島市という独立した市でしたが、平成の大合併により尾道市に併合され、尾道市因島となりました。 一島一市という日本で唯一の、キャラの立った市でしたので、尾道市になってしまい個人的には残念です。 「因島は、尾道とはちゃうやろ!」というのが、偽らざる心境です。

c0166720_12425193.jpg
それはさておき。 福山大学内海生物資源研究所を含む福山大学因島キャンパスは、因島大橋を四国に向けて南下すると、左下手の砂浜にひときわ目だって見える白亜の建物です。 海洋生物科学科にいるスペイン人研究者は、「まるでカサブランカだね!」との弁。 casaは「家」、blancaは「白い」なので、文字通り白い家です。 ちなみに500円で買った白い傘は、傘ブランカ? 近くでは上の写真のように見えます。

c0166720_12415931.jpg
入り口は海とは反対側にあります。 写真は管理室、研究室、炊事場・食堂、宿泊施設などがある「福山大学内海生物資源研究所」本館玄関です(研究室は右手)。 福山大学15号館とよく似たデザインの時計台があります。 出色なのは、50人ほどが泊まれる宿泊施設を備えていることです。 宿泊費も1泊500円ほどで格安です。 ただ、一般の方は利用できないと思います。 福山大限定!  

c0166720_12505151.jpg
こちらは本館横にあるマリンバイオセンターの玄関入り口です。 マリンバイオセンターの水族館は一般公開されており、誰でも無料で見ることができますので因島の人気スポットです(入り口に義援金箱がありますので、ご協力の程よろしくお願いします)。 

無料の水族館だと馬鹿にしてはいけません。 因島在住の先生のご尽力により、見所満載。 静かに海の生き物の生態を見るにはうってつけの施設です。 誠にあっぱれ! 瀬戸内の隠れ家的な魅力のある水族館で、あまり多くの方におすすめしたくはないのですが、おすすめです。  

最後に、大水槽の様子をYouTubeにアップしておきました。 悠然と泳ぐ魚を見ていると、いやなことも吹き飛ぶ!




管理栄養士の先生は、職業柄水槽が生け簀に見えるみたいで、あの鯛は身が引き締まっているから刺身にいいとか、あれは煮付けにいいとかおっしゃいますね。 もっと詳しくご覧になりたい方は、下のYouTube まで。


[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-29 13:13 | 行事 | Comments(0)

みなさんこんにちは。

本年度の福山大学入学式は4月3日(日)に挙行されます。

その後各種行事があり、新入生の皆様は4月5,6日(火、水)の2日間、尾道市因島にある「ホテルいんのしま(旧国民宿舎 いんのしまロッジ)」に宿泊する新入生合宿オリエンテーションに出かける予定です。 つきましては先日、引率予定の教員3名(1クラス担任:石井、1クラス副担任:井ノ内、2クラス副担任:岩本)で下見に行ってきましたので、その報告です。

c0166720_138573.jpg
c0166720_1391296.jpg
「ホテルいんのしま」は、因島の南側、土生の町を見下ろす高台にありました。 旧国民宿舎の建物をそのまま使い、内部は昨年リニューアルされたばかりなのでとてもきれいです。 上の写真かわかるように、3階部分が船の舳先のように突き出た独特の形の建物です。

c0166720_13115047.jpg
部屋(和室&洋室)は全室トイレ、洗面台、液晶テレビ付きで、写真の和室は2面がガラス張りで開放的な景色を楽しめます。 窓からは瀬戸内の島々がよく見えます。 また窓の外の木々はソメイヨシノで、桜のシーズンには居ながらにしてお花見が楽しめます。

c0166720_13143643.jpg
c0166720_13144674.jpg
こちらは玄関ロビーの写真です。 井ノ内先生と石井先生がマネージャーの新元さんと打ち合わせをしています。 写真は大浴場入り口の壁に掛かっていた看板で、「鯖大師の湯」っていうんですね。 こちらも昨年改装されたばかりで、窓から瀬戸内の景色を眺めながら湯船につかれるそうですよ。 

c0166720_1321718.jpg
c0166720_13213014.jpg
鯖大師とは弘法大師のことで、鯖にまつわる言い伝えがあるとのこと。 ホテル玄関を出ると正面に鯖大師(弘法大師)の大きな銅像があります。 この銅像の周りには石仏?がたくさん並んでいて、一度に88カ所巡りができて重宝されるそうです。 

c0166720_13223343.jpg
c0166720_13224544.jpg
宿泊施設は森林公園と隣接しており、5分も散歩すると土生の町を見下ろす展望台に出ます。 上の写真はここから見た眺めです。 上の下側の写真の中央上部には、色々とお世話になっています因島総合病院様が写っています。 ずいぶん海沿いに建っているのですね。 最後に、森林公園で見つけた石碑。

c0166720_13252743.jpg
念ずるだけでは足りないかもしれない・・・

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-28 13:32 | 行事 | Comments(0)

春の雪

卒業式、謝恩会以来ブログの更新が滞っています。

福山大学の卒業式は3月20日でしたが、3月23日の広島大学の卒業式の日に東広島に、翌3月24日の京都大学の卒業式の日には京都にたまたま居合わせました。 夜、居酒屋の前で、ドレスアップした卒業生がいつまで名残惜しそうに語り合っている風景は、どの大学でも変わりないなと思いました。

さて、大学は卒業式を境に空気が一変します。 卒業のほのぼのとした空気から、新入生を迎える新学期に向けて、ぴりっとした緊張感が日増しに高まります。  

それにしても今年は寒い。 昨日、今日と福山は大粒の雪が一瞬舞いました。 日差しはすっかり春のそれなのに、桜のつぼみも小さく固まったままで、開花の気配さえありません。 本当に春は来るのかと思ってしまいます。 考えることは、やはり地震と原発のこと。

関西では、どのスーパーに行っても全く商品のない棚がありました。 そう、水のコーナーです。 小さなボトルは見かけますが、2Lの容器はついに1本も見つけられませんでした。 今日研究室に遊びに来た菓子材料を扱う会社に勤める卒業生の話では、お菓子に限らず食品業界全体で材料が全然入ってこないそうです。 例えば洋菓子屋さんは生クリームの奪い合いになっているとか。 また、物資を車に積んで被災地に向かったはいいが、ガソリンが無くて帰ってこられない、など。 地震の影響は徐々に西日本にも広がりつつあるなと感じます。
c0166720_1922864.jpg
左下は機械システム工学科(24号館)、右下は海洋生物科学科(16号館)


来週は、新入生合宿オリエンテーションの下見の様子をお伝えする予定です。 新入生必見、在校生は見ない方がいいかも(今年の施設は例年よりいいので)。
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-26 19:40 | その他 | Comments(0)

謝恩会

3月20日の卒業式の夜は、恒例の謝恩会がありました。 ちなみに、今年は生命栄養科学科の前身である応用生物科学科最後の謝恩会です(来年からは生命栄養科学科の謝恩会)。

時節柄、卒業式が自粛ムードだった分、謝恩会はとても盛り上がりました。 昨年までは尾道で行っていた謝恩会。 今年は場所を福山に移しての開催です。 ロケーションをレストランから居酒屋の2階みたいなところ(いす席)に変更したこともあり、とてもフレンドーでアットホームな会になりました。 

c0166720_11392888.jpg
みなさん、とても楽しそうにはじけています。

c0166720_11454375.jpg
こちらは、マグナムジョッキでウーロン茶を飲む学生さん。
ビールならともかく、ウーロン茶をそんなに飲んで大丈夫?

c0166720_11485545.jpg
こちらは、カニのように写真を撮る山本先生です。果たして、私はどのように写っているのでしょうか?


この学年はどちらかというとおとなしい印象が強かったのですが、最後はみなさん和気藹々と楽しかった大学生活について語りあい(苦しかったことは、時が流してくれるはず・・・)、今後の健闘を誓いあっていました。 聞くところによると、このあと夜明け前まで2次会をやっていたそうです。

なんだかんだ言っても、若者には未来があります。 時間という点では、私たちが逆立ちしても敵いません。 卒業生はみなさん、入学時に比べて飛躍的に成長して巣立ってくれたと思います。 社会に出ると色々あると思いますが、たゆまず成長していっていただきたいと思いました。

最後に。 全てのオーガナイズをしていただきました幹事さん、どうもありがとうございました。  
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-22 12:16 | 出来事 | Comments(0)

本日3月20日(日)午前10時より、福山大学卒業証書授与式が大学会館にて挙行されました。

卒業証書授与式に先立ち、先の東日本巨大地震に被災された皆様に向け黙祷が行われました。
今年の卒業式は、この様な未曾有の大災害が現在進行形の中行われたこともあり、開放感が一杯の例年とは少し違った印象を持ちました。 何はともあれ、学科は1人の被災者を出すこともなく、無事卒業式が行われホットしました。

卒業生の皆様のご健康と、今後のご発展・ご活躍を心からお祈りします。 
大学に取り残された私たちも頑張ります。

c0166720_1593920.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-20 15:09 | 行事 | Comments(2)

集合写真

本ブログは学科の今をお知らせする目的で、読んで楽しく、もしかしたらためになるかもしれない情報をお届けするよう心がけています。

一方、ここ数日の話題はシリアスで、とても楽しいとは言えない内容でした。 こればかりは致し方がありません。 どうぞご容赦ください。 

ということで、学科教員の集合写真を撮りました。 学科はこんなメンバーで一生懸命やっています。
見たからと言って、楽しくなるわけでも、ためになるわけでもありませんが、よかったらご覧くださいませ。

c0166720_14573187.jpg
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-18 15:01 | 出来事 | Comments(0)

節電

今朝コンビニに行ったら、電気が半分消えていました。 中国電力は電力不足ではないはずなのに、どうして? と、はじめ思ったのですが、しばらくして考えを改めました。

さて。 今日は、陸上自衛隊のヘリコプターが原発の上に水をかけているシーンを見て、もはやほぼ打つ手が無いのだなと思いました。 依然現場の状況がよくわからない状態が続いていますが、停電で機械が動かず、明かりもなく、爆発、火災に加えて、放射能で現場に近づくこともできない。 こんな状況で一体どんな方が作業されているのか、驚きを禁じ得ません。

今後原発がどうなっていくのか、おそらく誰も確実なことはわかりません。 しかしほぼ確実なことは、今後かなりの期間日本で原発が新設されたり再建されたりすることはなく、現在稼働中の原発も徐々に停止していくだろうと予想されます。 現在日本の電力の約1/3は原発が生み出しているので、長期にわたって相当の電力が失われるのではないかと思います。 

Wikipediaによると、原発を持たないのが沖縄電力で、福山をカバーする中国電力は沖縄以外で原発比率が最も低い8%。 東京電力は意外に低く23%、最高は関西電力の48%、四国電力(38%)や九州電力(41%)も結構高い比率となっています。 こうしてみると、原発は止めたくても止められません。 点検などで一度運転を停止すると、再開できるかどうか。 こうした状況を考えると、電力不足の期間が延々と続くのではないかと予想されます。 

いくら日本が少子高齢化、低成長だと言っても、そんなに急に電力消費を減らせるものではありません。 一方、現実的には国を挙げて節電モードに入るしか無いような気がします。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-17 17:57 | その他 | Comments(1)

国家試験#25

厚生労働省のページによると、今年の第25回管理栄養士国家試験は全国8試験地のうち7試験地(北海道、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県)では予定通り3月20日(日)に執り行われる予定です(こちら)。 

3月20日と言えば福山大学が卒業式・学位記授与式と決めている日で、理屈の上では7年に1度は国家試験と卒業式が重なってしまいます。 何とかならないものか・・・

さて、予定通り行われない会場は、もちろん宮城県の2試験会場で、仙台市青葉区と仙台市若林区です。 この会場では試験ができないので、後日追加試験が行われるそうです。 と言うことは、第25回の国家試験問題は2種類あることになり、本学科でこれから行う国家試験対策講座・過去問対策講座は2年分の問題に当たることになるのでしょうか。 過去問題集も例年の2倍の分量? お得なような、大変な様な・・・

なお、宮城県会場で受験を予定していた方に限り、霞ヶ関の厚生労働省本省講堂の特設会場で、受験ができるとのことです(こちら)。


PS 今日は季節外れの吹雪で(というか、福山では吹雪自体が極めてまれ)、外はうっすら雪が積もっています。 外はこんなに寒いので、原子炉にも何とか冷えて頂きたい一心です。 

よくわかりませんが、素人目には状況が刻一刻悪くなっているように見えます。 雪の坂道を、大きくなりながら転がり落ちる雪玉を誰も止められないとしたら、この先一体どうなるのか。 そう思って、MIT(マサチューセッツ工科大学)のNSE(Nuclear Science and Engineering)のウェブサイトを読んだところ、かなり正確そうな解説がされていて少し落ち着きました(こちら)。 またこちらのサイトも正確な情報を伝えていると思います。 ただ、いずれも英語でかなり長文なので、読むのに一苦労です(一部日本語訳されている)。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-16 18:56 | その他 | Comments(1)

安否

これは正式な情報ではありませんが、これまでのところ福山大学の学生で、この度の震災に被災された方はいらっしゃらないようです。 もともと東北地方からの学生さんは少なく、十数人とお聞きしています。 ひとまず安心です。 この4月に入学予定の学生さんについては、今のところ被災情報はありません。

さて昨3月15日には、福友会という福山大学教職員の互助会が主催する退職教員のための送別昼食会が大学会館で開催されました。 今年は20数名の方が定年、または退職されることになりました。 この中には本学科の学科主任である渕上教授や勝部助手のほか、4名の学部長も含まれております。 もっともほとんどの方は再雇用されますので、今年4月からもいらっしゃいます。

3月終わりから4月はじめにかけては、卒業式、入学式シーズンのほか、学会シーズンでもあります。 私も来週、参加者が1万人を超えるような大きな学会に参加予定でしたが、キャンセルになりました。 この様な大きな学会が開催中止に追い込まれるのは極めて異例です。 関係者の方は、数年にわたって準備をされてきたでしょうから、その喪失感と残務処理は大変だと思います。

PS ここ福山は、昨夜から台風並みの強風が吹き、今朝は厳冬の寒さです。 朝6時頃外に出てみると、粉雪がちらついていました。 さぞ東北の被災地の方は寒かろうと、寒さが身にしみました。 

それにしても、原発が心配です。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-03-16 12:31 | おしらせ | Comments(0)