前回の「起」を受けて。 第3回目「焼」です。

Kくた教授から、「結」はどうなるんでしょうか? という質問を受けましたが、そんな先のことまで考えていません。 もし「起」、「承」、「転」、「結」のストーリーを最初から考えていたら、「序」から始めたりしてませんね。 「序」から始めて、次どうしようかと思い、苦し紛れに「起」にした次第です。 ということで、3回目は「焼」です。 このペースで行くと、「結」までたどり着けなかったり、あるいは「結」でも終わらなかったりすることもあり得ます。

c0166720_1872357.jpg
ということで、最初は石井准教授による現場説明です。 皆さん神妙な顔つきで聞き入っています。

c0166720_1893158.jpg
野菜を切っています。 後ろは、審査員の岡崎副学長です。

c0166720_1894150.jpg
魚をさばいて、すり身を作っています。

c0166720_1895118.jpg
かき揚げを作っています。

c0166720_1810346.jpg
タコを切っています。

c0166720_18102595.jpg
盛りつけをしています。 後ろのピンクのエプロンの方は、審査員の食育推進協議会の会長さんです。 写真には写っていませんが、鋭い眼光で審査されるので、参加した高校生は「とても緊張した」そうです。

次回は、できあがった作品をご紹介する予定です。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-31 18:15 | 行事 | Comments(0)


 高校生アイデアどんぶり選手権の記事の間をぬってしまいますが、同日午前に開催されました市民フォーラム「郷土料理教室」について紹介致します。
 8月27日(土)9:30~12:00の日程で、市民フォーラム第3回が開催されました。市民フォーラムは今年で4年目になりますが、料理教室は初めての試みです。
 福山市食生活改善推進員の方々のご指導の下、8班に分かれて郷土料理を作りました。

 献立は、たこ飯、ねぶとのから揚げ、てっぽう和え、アスパラガスの肉巻き、もものジュレです。
c0166720_14594210.jpg

 どの辺りが郷土料理かと言いますと…。
●産地
 福山近郊でとれる野菜や魚をふんだんに使用しています。桃は神辺産、たこ、ねぶとは瀬戸内海で獲れた魚です。特にたこは大ぶりで歯ごたえがある立派なものでした。
(魚は中﨑先生の御親戚のお魚屋さんから購入いたしました。たこは納品時、足だけでなく頭付きでした)

●ねぶとのから揚げ
 ねぶとは、ねぶとじゃこ、テンジクダイとも呼ばれ、瀬戸内海で8月にとれる、掌サイズの小さな白身魚です。一口サイズで食べ易く、おつまみやおやつにも良いとのこと。
 

●てっぽう和え
 からし酢味噌で和えるてっぽう和えもあるようですが、今回作ったてっぽう和えは、だいこん、油あげ、酢じめした鯖、豆腐などの食材を、白ごまと白味噌で和えています。
豆腐を角切りにして形を残して和える点が、白和えと違っています。
 さばの酢と味噌がよく合い、さっぱりして後味で夏に向いています。

 福山の郷土料理というとうずみが浮かびますが、それ以外にも多様な料理があるようです。
 参加者の方にも「おいしい」「家でも作りたい」と御好評でした。


c0166720_14545938.jpg
こちらはねぶとの頭をとっている様子。レシピはもちろん当日配布でしたが、参加者の皆様方は手際が良く、予定より早くできあがりました。
c0166720_14573143.jpg
手伝いの学生も、参加者の皆様と一緒に大変頑張ってくれました。
c0166720_14575167.jpg
冷やされる桃のジュレ。飾りの花が鮮やかに映えています。

 次回の市民フォーラムは第4回「人もペットもダイエット」11月26日(土)午後1時半から、会場が変わって駅前キャンパスで行います。
 次回は講演会となりますので、多数の御来場をお待ちしております。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-31 14:59 | 行事 | Comments(0)

今日はホントに暑かったですね。 昼間学内を歩いていると、「夏か?」と思うほど暑かった。 ん、まだ夏か! なんだか、今どんな季節だかわからなくなってきました。

さて昨日に引き続き、『第1回 高校生アイデアどんぶり選手権』 の「起」です。
※ちなみに、本催しについては本日の付けの中国新聞に掲載されたそうです。 

c0166720_20273893.jpg
「起」ということで、今日の写真は開始前の説明です。 選手(高校生)は緊張の面持ちで、各自の座席に座ります。 司会進行は、実行委員長の木村准教授です。

c0166720_20275081.jpg
次に審査員の紹介です。 右から松田学長、岡崎副学長、福山市保健所の管理栄養士の先生、福山市食育推進協議会の会長さん、学科主任で審査委員長の渕上教授、石井准教授、そして司会の木村准教授です。

c0166720_2028165.jpg
まず松田学長のご挨拶。 学長の背中です。

c0166720_20281316.jpg
次は審査委員長の渕上教授の挨拶です。 学科主任の背中です。

c0166720_20282340.jpg
後方にはヘルプに入る学生さんたちが控えています。 高校生1人に1人の学生が付きます。 ただしお手伝いはできません。 もっとも、高校生の方がしっかりしていて、手も足も出せなかった学生さんもちらほら。

次回の「承」では、いよいよ調理室に入っての料理です。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-30 20:31 | 行事 | Comments(0)

お約束したとおり、8月27日(土)に開催されました第1回 高校生アイデアどんぶり選手権」の模様をご紹介します。 今日はその第1回目、「序」です。

c0166720_1937771.jpg
会場は、福山大学生命栄養科学科(18号館)2階調理実習室及び臨床栄養学実習室です。 まずは18号館玄関です。 トレニア、ポーチュラカ、ベゴニア、そしてハイビスカスが1輪咲いています。 

c0166720_19372218.jpg
会場入り口のポスターです。 奥に炊飯器のお釜が写っています。 入り口を入ったところが臨床栄養学実習室、右側が調理実習室です。

c0166720_19373615.jpg
出番を待つ包丁たちです。 調理実習室の包丁は大きく重いので、使い慣れていない人には使いにくいと思います。 用意の良い方は、マイ包丁持参で来られました。

c0166720_19374840.jpg
こちらも出番を待つ記念品の袋です。 ご協賛頂きました大学食堂からの提供品です。 袋は大学の袋。

c0166720_19375934.jpg
こちらは、4年生が調味料などを準備しているところです。

c0166720_19381513.jpg
こちらは、出場する高校生が調理台を確認しているところです。 

c0166720_19382955.jpg
もう一枚、同じく確認しているところです。 左が出場者、右は瓜倉先生。

ここまでが「序」です。 次回「起」は、審査員の挨拶、ルール説明の様子など。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-29 19:41 | 行事 | Comments(0)

3題

昨夜の男子100m決勝。 あれはないやろ、ボルト。 
ずーっとテレビ見てたのに。 あれはアカンやろ、ボルト。
フライングしてからのパフォーマンスを見ていると、「何が何でも勝ちたい!」というよりは、ちょっと確信犯的なにおいがした? 見ている方としては、緊張感が無くなりました。

緊張感がなかったと言えば、新しい民主党の代表、つまり日本国総理大臣に野田財務大臣が決まったそうです。 野田さんと言われても、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんにちょっと似てるかな?、と思うぐらいで、他の候補者の方もどんな人だかよくわかりません。 野田総理と言われても、今のところ実感が湧かないのが正直なところです。 まあこういうご時世なので、ぜひ頑張ってほしいところです。 政界は人材不足?

一方、人材の宝庫と言えば、お笑い界かもしれません。 島田紳助さんは引き際が鮮やかだったので、さっと沈静化しましたが、長引けば民主党の代表選を完全に喰っていたでしょう。 もし紳助さんが政界に進出したら? 生真面目な東国原元知事と違い、破壊力が段違い? やはり、厳しい競争社会でもまれているのが、お笑い界の人材輩出の秘訣だと思います。  
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-29 18:18 | その他 | Comments(0)

先週末まですごく忙しくて、今週少し余裕ができたと思ったら、きっちり夏ばてです。 「何?、そんなこと聞いてないって!」 その通り。 夏と言っても夏ばてしているヒマはありません。

c0166720_1944394.jpg
さて前振りはここまで。 

本日(8月27日、土曜日)は、午前中に市民フォーラム「食と健康のライフサイエンス」第3回 地元食材を使った料理「郷土料理教室」が、午後からは高校生アイデア料理選手権という2つの行事がダブルヘッダーで開催されました。 マジメな話、本当に8月と言っても毎週末には行事が入り、休んでいるヒマはないのです。 

c0166720_19451254.jpg
「何? おまえは手を抜いばかりじゃないかって!」 うーん、その通り。 How did you know it? 他の先生方と学生さんは大変なんです。

c0166720_194538100.jpg
さて、この2つの行事について書くのは、夏ばてなんで(まだ言ってる!)来週に回して、午前中の「郷土料理」の写真を何枚か掲載します。 皆様がお作りになった郷土料理は、来週優秀な助手の先生が紹介してくれるはずです。 私は足を引っ張らないようにします。 

c0166720_19465449.jpg


PS 高校生アイデアどんぶり選手権については来週紹介しますが、予想していたよりもずっと楽しい会になったと思いました。 参加者の皆様もそう思っていただけるといいのですが・・・




 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-27 19:52 | 行事 | Comments(0)

自分創造PROJECT

いつもコメントを下さる愛媛在住の経済学部OBさんに教えていただくまで、本学のスローガンが「自分創造PROJECT」だと気づきませんでした。 よく見ると(よく見なくても)、大学のHPにはこのフレーズがドンと出ており、大学要覧にももちろん大きく掲載されています。 これは、お粗末でした。 

経済学部OBさんのコメントを引用します。

「OBだからお世辞とかではなくて、福山大学の『自分創造PROJECT』のフレーズは好きですね。 王道をいっているのではないかと思います。」

なるほど! 
持つべきものはOBです。 やはり卒業生はありがたい! このポジティブさが大事だと思います。 

それにしても、「自分創造」とは大きく出たものです。 神が無からこの世を作ったように、大学の4年間でゼロから新しい自分を創造する!、ということでしょうか。 うーん、確かに王道を行っています。 ただ、「自分創造大学」では壮大すぎるので、後にPROJECTをつけてちょっと軽くした感があります。 

正直、大学の4年間でこれまでにない自分をゼロから創造するのは難しいと思いますが、そういう意気込みで、前向きに取り組むことが好結果を招くと思います。 メンタルの果たす役割は、大きいです。 

c0166720_2021201.jpg
c0166720_20213135.jpg
PS 休日におけるピザの創造PROJECT。 毎回2枚、ピザ生地から作ります。 健康を気にしながらも、チーズはたっぷり目に。 さあ、焼くぞ!
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-25 20:25 | その他 | Comments(1)

もっしかして

先週土曜日の第2回オープンキャンパスで、今年のオープンスクールはほぼ終わりになります。 9月3日(土)には第2回目の大学見学会がありますが、例年参加者はそれほど多くありません。 もしオープンスクールに参加し損なったという方は、入試広報室にでも個別にご相談下さい。 見学は可能です。

さて、いつの頃からか、どの大学でもオープンスクールには多大な勢力を投入するようになりました。 オープンスクール以外にも広告、番組スポンサー、テレビCMなど、広告業界にとって大学はいいお客さんだと思います。 

そんな中、「広工大のCMが面白い!」という声をよく聞きます。 大学関係者からではなく、企業関係者の方、町内会の方など一般の方からです。 高校生とお話ししても、広工大のCMは高校のクラスでよく話題に上るんだそうです。 例えばこんなシチュエーション...

机からペンケースを落として、中の鉛筆や消しゴムがビヨーんと飛び出すと、
「もっしかして 広工大♪」、とまわりの友達が歌うんだそうです。

また、授業中に鼻血を出すと、
「もっしかして 広工大♪」

これは広工大のCM(男子女子)のもじりです。 YouTubeでご覧下さい。

このCM、なかなか思い切った作りです。 広告代理店が企画を出したとき、よく大学がOKを出したと思います。 けっこう学内で反対意見が出たんじゃないでしょうか。 うちの大学だったら、はなから相手にされないかも。 ※関西人的には、CMは耳と記憶に残ってナンボです。

男子判は、まずコテコテの広島弁(広島ローカル)。 高校生が電化製品を分解して、「わからん!」とつぶやくところ(結局なおらない)。 女子判は、まあこちらはやや普通ですが、鼻血を出すところでしょうか。

そしてなにより、独特のペーソスを含んだ、いつまでも耳に残るメロディー。 メカ好きな普通の男の子が、「ここだったら、行ってもいいかな・・・」と思わせるような。 一方、気になるのが女の子判です。 

「いかに女子学生を集めるか!」は、全国の工科系大学にとって喫緊の課題です。 神奈川工大に管理栄養士養成施設が認可された今、競争はますます苛烈になると思います。

PS オープンスクールに来た高校生に、「うちの大学のCM見たことある?」と聞くと、一応「見たことある。」んだそうです。 「感想は?」と聞くと、「・・・、自分何とかっていうヤツだったかな・・・?」、とあまり印象が無いような。 


 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-23 18:12 | その他 | Comments(1)

本日(平成23年8月20日、土曜日)、第2回目のオープンキャンパスが開催されました。

c0166720_20224953.jpg
あいにくの小雨だったのですが、合計50名弱の参加者があったそうです(その約半数は保護者の方)。 今回は、男子学生の参加者がこれまでよりも多かった気がします。

まず学科の案内をして、在学生による学生生活の紹介、そして施設見学で午前中のスケジュールは終わります。 午後からはミニ講義と「栄養夏祭り 屋台村」です。 

c0166720_2023993.jpg
本日は、共同研究の関係でたまたまタイの研究者が大学に遊びに来ていたので、「せっかくだから、何か話してくれませんか。」とお願いすると、快く引き受けてくれました。 1人の方はタイの大学の紹介(何とタイの大学のオープンキャンパスの様子も紹介!、外国大学でも同じなんですね)、もう1人の方はタイ国、文化、食の紹介を、屋台の出し物の一環としてしてくれました。

c0166720_20232272.jpg
最後に紹介するのは、学生さんも大好きな栄養名物の浴衣です。 風船を持っています。 こうしてオープンキャンパスは、あっという間に終わりました。 ご来場いただいた皆様、誠に有り難うございました。

c0166720_202333100.jpg
PS 栄養学科では、ご飯の保温機のことをライスウォーマーと言います。  ちょっと、プロっぽいでしょう。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-20 20:27 | 行事 | Comments(0)

ハイクの日

今日は、バイクの日なんだそうです。 新聞の全面広告で知りました。

もちろん、8月19日をもじっているわけですが、バイクではなく、俳句だろうとつっこみを入れたくなります。 またはハイク(ハイキング、ヒッチハイク)の日。 とはいえ、日本にはホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキという世界的なオートバイメーカーがあり、「バイクの日」は産業的にもインパクトがあるのに対して、残念な事に日本には俳句業界とかヒッチハイク業界は存在しないので、ある意味仕方のないところです。

さて、何を隠そう私は車も好きですが、オートバイも大好きです。 学生時代は大排気量バイクからオフロードバイクまで乗り回していたのですが、転倒して足のお肉と骨の一部も持って行かれてしまった事もあり、結婚を機に足を洗ってしまいました。 あれからかなり時間も経ちましたので、そのうちまた復帰したいと思っています。 できれば今度はゆっくり走ってみたいですね。 速く走るのはレーサーに任せて。 

レースといえば、 イギリスとアイルランドの間にある島、マン島で開催されるオートバイレース「マン島TTレース」には一度行ってみたいと思っています。 島の公道1周約60kmを使って行われるレースで、最も歴史の古いオートバイレースです。 

ご興味の方はこちらをご覧下さい。 youTubeの動画です。 シンプルな音楽の中、疾走するバイクはとても美しいと思います。

もう一つ、こちら。 実際の観戦風景です。 最初に流れる静寂が、モーター音で切り裂かれます。 スキンヘッドのおじさんの、ちょっと間抜けな表情がいいですね。 カメラワークが、超高速のオートバイに煽られて、明らかにふらついている感じがリアルです。

PS あっ、そうそう。 明日の8月20日は本学の「オープンキャンパスの日」です。 これは820をもじったものではありません。

PS2 あんまり年をとってしまうと、バイク復帰はかなわず、俳句の方になってしまうかもしれません。 東北大学の川島先生のご研究によると、バイクに乗ると頭の働きがよくなり、ぼけ防止に役立つかも。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-08-19 19:09 | その他 | Comments(0)