本日午前11時過ぎ、生命栄養科学科の教員・学生からなる総勢16名の「どんぶりを 食べる会」のメンバーが、第1食堂に高校生アイデアどんぶりの試食に繰り出しました。 そこに学長、副学長も加わったそうなので、結構な人数です。

c0166720_19192049.jpg
こちら、食堂入口にある高校生アイデアどんぶりのディスプレイです。 一番いい場所を占めています。

c0166720_19193027.jpg
まずは食券を買います。 どんぶりメニューは、「日替わり」のラベルの食券です。

c0166720_19193994.jpg
こちらは、渡邉先生と4年生のテーブルです。 当然ですが、みなさんどんぶりです。

c0166720_1920578.jpg
こちらは全体図です。 メンバーが横に並んで、全員「豚カルビ丼」を食べている姿は、少し異様です。 「どんぶりを 食べるかい」のメンバーは、中高年の教員と女子学生なので、味付けが濃い、量が多い、という感想が多かったようです。 

私は、これではお腹いっぱいにならず、もう少しあってもいいなと思いました。 体育会系の男子学生なら、これにラーメン・ライスでも余裕でしょう。 私にはちょっと無理ですが・・・

PS 話は変わりますが、今年のフランクフルトモーターショーにシトロエンが出展した”Tubic”という車、どこから見ても”疾走するブタちゃん”です。 これほどリアルにブタちゃんを模したデザインも珍しいのではないでしょうか。 肌色のボディーのTubicが走ってきたら、きっと手を振ってしまう・・・ 


 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-29 19:35 | 出来事 | Comments(0)

本日、福山大学第1食堂で、『第1回 高校生アイデアどんぶり選手権』メニュー化第1弾、「おろしでさっぱりがっつり丼」をいただいてきました。 

ほら、こんな感じ。 おいしそうじゃないですか?

c0166720_14514879.jpg


お味噌汁とサラダはノーマルタイプなので、どんぶり部分の拡大をしてみましょう。 ほら、こんな感じ。

c0166720_14532371.jpg


甘辛いタレを絡めた豚カルビに、青物とシラス(ちりめんじゃこ)を和えた大根おろしでさっぱり頂くどんぶりです。 がっつり豚カルビで学生さんの胃袋を満足させつつ、トッピングでさっぱりまとめています。 また、粒胡椒がアクセントになって、とってもおいしく頂きました。

たまたま食堂にいた1年生と一緒に食べたところ、「先生、コメント下手ですね。」と言われる始末。 テレビのロケじゃあるまいし、口に入れた瞬間、気の利いたコメントを「なぜ言わなきゃいけないんだぁ! ゆっくり食べさせろ。」 何でもテレビみたいに見えるんですね、きっと。

ということで、アイデアどんぶり第1弾「おろしでさっぱりがっつり丼」は、本物を第1食堂でリアルに食べられます。 450円握りしめ、レッツ第1食堂。 残り2日。

c0166720_152276.jpg
窓際の席で 眼下に三蔵池を見下ろして
  
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-28 15:07 | おしらせ | Comments(0)

「第1回高校生アイデアどんぶり選手権」でメニュー化が決定した作品が、本日より第一食堂にお目見えしました。

今週、来週のお試しで、売れ行きを見てそれ以降の販売を決めるそうです。 渡部総料理長の出勤日である火曜日~金曜日が販売日です。


第1弾! 今週 9月27日(火)ー30日(金)まで

世羅高校2年生 Kさん作 「おろしでさっぱりがっつり丼 」
c0166720_17223336.jpg


第2弾 来週 10月4日(火)-10月7日(金)まで

大竹高校3年生 Tさん作 「カラフル! ベジたけ丼 」
c0166720_1724431.jpg


いずれも味噌汁、サラダつきで450円です。 ぜひ食堂にいらしていただき、売り上げ貢献にご協力お願いします。

※上記写真は、どんぶりコンテストで高校生の皆さんが作られた作品であり、食堂で提供されるものとは異なります。 明日、カメラを持って取材に行ってきます。 

※第1回高校生アイデアどんぶり選手権の様子は、下の方をご覧ください。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-27 17:30 | おしらせ | Comments(0)

誤変換

自慢できた話ではありませんが、よく学生さんに、板書の漢字の間違いを指摘されます。

原因としては、「文書をパソコンでばかり書いて、実際に文字を書く機会が少ないからだ!」と言い訳されますが、まあ一番の原因は漢字能力が低いことでしょう。

そのパソコンも、しょっちゅう誤変換しています。

先日、ある事業を進めるに際して「よろしいですか?」という確認のメールが来ました。 返事は”至急”ということでしたので、「異議無し」と書いて送りました。

後日「私だけが辛辣に反対した!」という事になっていると聞き、びっくり仰天。 「賛成しましたよ!」と言ってはみたものの、腑に落ちません。 

そこで送信したメールを調べてみると、「異議無し!」が「意義無し!」に誤変換されていました。 これでは、新規事業を進める”意義がない”と取られても仕方がありません。 

また、別のメールでは、「320GBの内蔵ハードディスクドライブ」の所が、「320GBの”内臓”HDD」に誤変換されていました。  「内臓HDDはないぞう!」と、変なだじゃれまでかまされ、踏んだり蹴ったりです。 

「よほど、腹に一物(はらにいちもつ、[意味]心中ひそかに企みを抱いていること)持ってるんちゃうか?」など、痛くもない腹を探られる始末。

ホント、誤変換には困ったものです。 でもよく考えると、変換を確定するのは使っている本人なので、やはり本人の国語力のNASAによるものと言えるかも・・・

c0166720_12501047.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-27 12:52 | その他 | Comments(0)

Fire 2011

1年生対象の学生実験。 
毎年、エキストラで井ノ内先生にご登場頂く『ガラス細工』が今年もやってきました。

c0166720_1420555.jpg
右端が井ノ内先生です。


c0166720_2118296.jpg
お手本を見せているところです。


c0166720_21181224.jpg
練習の末、親指から炎が出せるようになりました。


c0166720_21182166.jpg
自分で創作したガラス細工を頭に載せる学生さん。 集中力が高まるかも。


c0166720_21183153.jpg
今年も、ビーズを入れたマドラー作りは大人気でした。


途中でビーズが無くなり、実験はお開きとなりました。 今年は、比較的うまくビーズ入りマドラーができたと思います。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-22 21:20 | 実験・実習・授業 | Comments(0)

Nuts Back 2011 Autumn

どうやら、昨日から大学の後期が始まったみたいです。
「みたいです」と言うのは、昨日大阪に出張していたから。

昨日は学科全員管理栄養士国家試験の模擬試験を受けたそうで、授業は今日からスタートです。
ということで、早速今朝1時間目からやってきました。

久しぶりにやると、緊張するかというと、そんなことはありません。 普段通り、のんびりしたペースです。 
学生さんも最初の授業なので、がやがやと騒がしい。 積もる話しもあるでしょうから、がやがやはある程度仕方ありませんが、できれば積もる話は別の機会にお願いします。 喉が(も)弱いので、声を張り上げると疲れます。 

昔の1年生は、夏休みが終わると、識別できないほど(外見が)変わり果てた姿で帰ってくる人がいましたが、さすがに栄養学科の学生さんはそんなことはありません。 ほとんど変化が無いような。 よーく見ると、ちょっと変わっていんでしょうけれど、このご時世、あまりじろじろ見る事もできません。 

逆に、軽く染めていた髪が真っ黒になっていて、一瞬気がつかなかった人もいました。 
ま、とにかく、みんな元気で出てきてくれるのが一番。 また後期も頑張ろうと思います。

明日からは、1年生の学生実験が始まります。 初日から、グイグイ絞ります。  ・・・ぞうきん。
c0166720_20445798.jpg

PS 下の方にある、野菜アイスのマスタード・シード22さんが、ホームページでこのブログを紹介して下さいました。 新着情報の所です。 「宣伝にでもなれば。」という社長さんのお心使い。 前後を見ると、テレビとか、FMとか、日経トレンディーさんとか、名だたるメディアの中に、ポツンとうちのブログが漂着している。 モロ、浮いてますよ。      もちつ、もたれつ... 

PS2 ちなみに、表題の”Nuts”とは、Nutrition(栄養)学生の複数形です。 もちろんナッツにかけてます。 ”Back”は背中ではなく、戻ってきた! 2011は西暦で、Autumnは秋です。 「何? 知ってるって!」 こりゃまた失礼。

PS3 1年生は今日、学科のコンピュータ制御ハイテク温室で、トマトの苗の植え付けを行ったようです。 これで晩秋から、トマトがばっちり収穫できる。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-21 20:41 | おしらせ | Comments(0)

カウントダウン

大学の夏休みも残すところあと数日になりました。今年は例年よりも忙しい夏休みでしたが、講義が始まると仕事の量は格段に増えます。
さて、後期の講義がもうすぐ始まりますが、同時に三蔵祭(大学祭)も目の前にやってきました。目の前といってもまだ一ヶ月ほどありますが、準備に必要な時間を考えると余裕はほとんどありません。授業が始まったらすぐに追い込みが始まります。
そして、今日は福山市内のポートプラザのイトーヨーカドーと天満屋の間の広場で三蔵祭の宣伝行事がありました。大学の学友会や三蔵祭実行委員会が中心になって行う三蔵祭のPRです。生命栄養学科からも三蔵祭委員や吹奏楽部の学生たちが参加して、PRを盛り上げていました。あいにくの雨でちょっと大変でしたが、無事に終了しました。
c0166720_16112230.jpg
これは吹奏楽部の演奏の様子です。生命栄養の3年生の学生さんが3人もいます。

それから下の写真は、今年の大学祭ジャンパー(今時の言い方ではブルゾン?)です。大学祭のころには温かくてちょうどよい服ですが、今日はちょっと蒸し暑くて大変でした。
c0166720_16222614.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-17 16:11 | 行事 | Comments(0)

今週木曜日の記事、「野菜 愛す」で紹介した野菜デザートを作っておられる東広島の会社”マスタード・シード22”の社長さんが大学に来られました。
c0166720_146279.jpg
名刺の裏面 テーマは「明日の食」 キーワードは「野菜」


一昨日記事を書いてその日にコンタクトし、昨日一度会いましょうという話になり、今日ご来店です。 社長さんとは初対面で、これまで何の繋がりもありませんでした。 社長さん、すばやい行動力です。

もともとマスタード・シード22さんは会計事務所で、農業会計が専門とのこと。 農家との繋がりの中で、日本の農業経営はこのままではダメだ、農家支援のための商品企画・販売、マーケティングなどを手がけるアクションの一環として、野菜アイスを作られたそうです。 
c0166720_1474980.jpg
中崎先生の手、中浦先生、社長さん、桑田先生、瓜倉先生の手と携帯

もともとアイスクリーム屋さんになりたかったわけではなく、アイスクリームに強い思い入れがあったわけではないことが、ユニークなアイスクリームの開発に繋がったのではないかと思います。 ちなみに、野菜以外にもおたふくソースのアイス(味はそのまんまらしい)、タコのアイス(意外にうまいらしい)、タマネギのアイス(味は最悪らしい)など、何でもアイスにしてみたそうです。 ちなみに社長さん、料理の方は全然との事。

今回はベジアイスを何点か持ってきていただき、助手の先生と試食をしました。 種類は、「焼きなす」、「ピーマン」、「アスパラ」、「ニンジンのシャーベット」、「ごぼう」、「ケール」、「西条地酒 大吟醸」の7つでした。 この中で、一押しは「焼きなす」かな? 真面目な話、食べると焼きなすそのものです。 で、おいしい。 どうやって、焼いたなすの香ばしい味を出しているのか、不思議です。 
c0166720_1472717.jpg

酒豪の中浦先生に大好評だったのは、もちろん「大吟醸」。 こちらは、食べる前から匂いが日本酒。 食べてみると酒粕の味がして、クリーミーでおいしい。 西条土産にぴったりです。 「ごぼう」も、素朴な味わいで良いですね。 「ピーマン」はピーマンの味が、「アスパラ」はアスパラの味がします。 「ケール」は青汁のような青臭さがあると思いきや、抹茶風味です。 ちなみに、このアスパラは特殊なアスパラで、糖度が果物並みの12度もあるとか。 

うちの学科は、長年大学祭でアイスを提供し、好評を博していました(こちら、乳脂肪分が高すぎて、現在では、キャンパスで咲く八重桜を使った桜アイスにかわっています)。 一方、中崎先生は奈良女子大で奈良漬けアイスを作っていたとか。 アイス、デザート、スイーツというと、オーバーカロリー、健康に良くないというイメージがありますが、野菜入りで健康によいとなると、大手を振って食べられるかも。 

c0166720_1461684.jpg
こちら、たまたま遊びに来ていた卒業生。 お菓子材料の販売、酪農組合での品質検査、研究用機材の製造販売などの仕事で頑張っています。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-17 14:19 | 出来事 | Comments(0)

カット カット

野菜と言えば・・・

最近野菜、高くないですか? 私は1週間に1回しか買い物に行かないので確かなことは言えませんが、最近野菜が高く、しかも小さく、質が悪い気がします。

これは夏から秋へと季節、産地の切り替え時期に加え、台風などの被害のせいでしょうか? 特に、葉物野菜。 これがホントの葉境期?
c0166720_17583326.jpg

うちではほぼ使いませんが、こういうときには加工野菜が便利そうです。 たまたま見ていると、日経トレンディーにカット野菜の記事がありました。 この記事によると、カット野菜をもっとも使うのは40代の主婦、次いで20代女性、さらに20代男性だそうです。 ほとんど使わないのは60歳以上で、うちは高齢家庭?

ちょっとびっくりしたのは、カット野菜にもいろいろな種類があることです。 サラダ用千切りキャベツとかは普通ですが、トッピング専用の彩り野菜とか、サラダの見た目を良くするのに便利です。 電子レンジでできる蒸し野菜も、一人暮らしだったら買ってみると思います。

雪国まいたけさんのキノコと国産野菜の組み合わせ、というのも売れているそうです。 キノコには、安全、健康によい、というイメージがあるそうで、90%が好きだとか。 私の子供の頃には、シイタケが嫌いという子が多かった。 品種とともに、イメージも変遷しているのですね。 

いずれも、多くの種類の野菜(やキノコ)を手間をかけずに食べたいというニーズに合っているのだと思います。 私の様に、1食で生のゴーヤを1本食べるという(苦行のような)人はマイナーな存在!
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-16 17:59 | その他 | Comments(0)

野菜 愛す

もう夏は終わりかと思いきや、結構毎日毎日暑い日が続きます。 昨夜も、小腹がすいて、ついアイスクリームを食べてしまいました。

アイスクリームと言えば、今年ちょっと話題になったのは、東広島のSazae Style 広島・西条さんで売っている、地元緑黄色野菜を使ったジェラート“Premium SALAD”です。 お取り寄せでも結構売れたそうです。
c0166720_1336310.jpg

販売元のマスタード・シード22さんは、もともと広島の地元農家を支援するために設立された会社で、地元野菜を使った数々の商品を作っておられます。

英語で書くと、“Mustard seed 22”となり、ちょっと“Mazda speed 22”に似ているところも広島風です(ちょっとこじつけ)。  キャッチフレーズは、「新・地域ブランド創造企業」、「広島・新野菜スタイル!」。  アイスは、 「とまと」、「アスパラ」、「にんじん」、「そらまめ」の4種類あり、いずれも野菜の風味がしっかり残っているそうです。 

緑黄色野菜に多く含まれるといえば、β-カロテン。 広島県産!のβ-カロテンをアイスクリームで補うというのは、カロリー的にいささか気が引けますが、地元農家の支援になるなら、一肌脱がねば。 

ただ、・・・味が、気になります。 そこで東広島に本拠を置くグルメレポーターM氏(本職は研究者)に調査を依頼したところ、次のようなコメントが帰ってきました。

「かぼちゃ、ケール、アスパラガス、焼きなす味を購入し、私は焼きなす味を食べてみたのですが、見事なまでに味が焼きなすでした。 あの焼きなす独特の香ばしさがものすごく活きている、そんなアイスです。 もちろん、おいしいですよ。 個人的には、購入時に試食させていただいたピーマン味もなかなかだと思っています。」

お取り寄せは4種類ですが、どうやらお店ではいろいろな味があるようです。 東広島に行ったときには、食べに行こうかと思っています。

PS カボチャ、ケール、焼きなすなどの味があるのは、“Premium SALAD”ではなく、ベジアイスという別の商品!、と先日大学に来られた社長さんからご指摘いただきました。 どうも失礼しました。 

“Premium SALAD”は、ベジアイスよりPremiumな高級野菜アイスです。 社長さんによると、1個1万円ぐらいの最高級アイスも作ってみたいとおっしゃってました。 そんな商品が売れるかどうかはともかく、どうやってコストをかけるとアイスが1個1万円になるのか? やはり、金粉? 下衆(げす)の考えはその程度・・・


  
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-15 12:57 | その他 | Comments(0)