昨日の平成24年1月30日午前10時半から11時50分までの80分間、福山大学学生会館で平成23年度第5回教養講座が行われました。 講師は「はやぶさ」で有名な川口淳一郎先生です。 会場には学生、教員の他、一般の方も多数?来聴されていたように思います。

川口先生は本をお書きになり、テレビにも多数出演され、各種イベントが行われ、映画にもなっていますので、これらをご覧になった方は多いと思います。 私は、全く見ていません。 初めてです。 ニュースをちらっと見たぐらい。

川口先生とは初対面でした。 思ったより小柄な方だなと思いましたが、お話になる前の立ち居振る舞いから、生気とユーモアにあふれ人間的な魅力を湛えた人だなということがすぐわかりました(気がします)。 何か、懐かしさを感じました。 福山大学では見かけませんが、昔こんな感じの人と会っていたような。 外国だったか?

お話はとても面白かったですね。 というか、お話の前から面白かった。 

司会の井上先生が、川口先生を秋田県出身で、秋田がいかに美人の産地か、お米がおいしいか、中日の落合博満の故郷かを紹介されたのですが、川口先生開口一番、

「私は秋田の出身ではなく、青森の出身です。 落合監督とは故郷が違います。」と。

井上先生もなかなかユーモアがあります。 これでつかみはばっちりです。

さて、ご講演はどんな内容だったかというと・・・
紙面が尽きましたので、気が向いたらまた今度。

c0166720_20112326.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-31 20:14 | 行事 | Comments(0)

食物アレルゲン検査

3年生の補修授業として、食物アレルゲン検査をやってみました。

給食その他で食事を用意する際に、アレルギー患者さんがいると仮定して、その患者さんにある食材を出してよいものかどうか調べたいという想定です。 学生さんには調べたい食材を各自持って来て頂き、検査キットを使って実際に調べます。 市販の検査キットは、ほぼ全て抗原抗体反応を利用したイムノクロマト法を利用しています。 

今回は、アレルギーの中でも最も頻度の高い卵アレルギーを対象としました。 卵アレルギーのキットは、卵白アルブミンの構造の一部を認識する抗体を利用しています。 イムノクロマト法は感度も高く、操作も簡単です。 ちょっと工夫すれば、家庭でもできるでしょう。

c0166720_144324.jpg
まず、学生さんが持ってきた食材です。 うーん、まあ色々です。 プリンや麺は、卵を使わない物をコントロールとして揃えています。

c0166720_1444830.jpg
これら食材を細かく砕きます。

c0166720_145582.jpg
それを遠心管に入れて抽出液を加え、100℃で1時間抽出します。

c0166720_1455028.jpg
次に濾過をして、金コロイド抗体の入ったマイクロチューブに入れ、テストストリップを差し込んで20分待ちます。

c0166720_146349.jpg
結果がこれです。 どの食材に卵が入っているかは、テストストリップにコントロールラインとテストラインの2本のラインが出るか、1本のラインしか出ないかで判定します。 具体的にどの食材に卵が入っていたかは伏せておきます。

c0166720_1462026.jpg
こうして、食材に含まれるアレルゲンが簡単に判定できることを学んだ(はずです・・・、ちょっと不安)。

c0166720_1463271.jpg


PS キットによる判定は、患者さんにアレルギーが出るかどうかの判定とは必ずしも一致しません。 判定が陰性でもアレルギーが出ることもあるし、陽性でもアレルギーが出ないことがあります。


 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-28 14:13 | 実験・実習・授業 | Comments(0)

はやぶさ

大学HPでご存じのとおり、来週月曜日(1月30日)午前10時半より11時50分まで、『はやぶさ』の研究主幹 川口 淳一郎 先生による教養講座が大学会館で開催されます。

福山大学 教養講座

 日 時: 平成24年1月30日(月) 午前10時半~11時50分
 場 所: 福山大学大学会館
 講演者: 川口 淳一郎 (独立行政法人宇宙航空研究開発機構
                 シニア・フェロー 宇宙科学研究所
                 宇宙航行システム研究系 研究主幹
 演 題: 「はやぶさ」が挑んだ人類初の往復の宇宙飛行、 その7年間の歩み
 ポスター: こちら

映画にもなった話ですので、楽しみです。

PS 川口淳一郎先生については、こちらもご参照ください。 

 ●手堅いだけで突破口は開けない
 ●プロジェクトは始める前が大事
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-27 14:31 | 行事 | Comments(0)

さぶっ!

今朝、帯広畜産大学のオダ先生から届いたメールに添付されていた写真。

c0166720_11453357.jpg

出勤時に、校内温度計が 『-21.9℃』  を指していたそうです。 唖然!
さすがの帯広でも、この気温はかなりの冷え込みだとか。

早朝出勤されるオダ先生が研究室に入る時間には、まだ暖房が入ってないそうです。 手が凍える早朝だけが、自分で実験ができる唯一の時間だとか。

できるヒトは、ココロガケが違います。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-27 12:14 | その他 | Comments(0)

補講をしていると、先日このブログで紹介された1年生の調理同好会男子(2つ下の記事)が、「先生の机の上に焼いたパンを置いておきましたので、あとから食べてください。」との事。 

む、む、なんか、怪しい。

ヤツらが自分たちの焼いたパンを私に持ってくるなんて! 普通は自分たちで食べるだろう。 
「それをわざわざ持ってくるなんて、何かある。 きっと失敗作だ。」と言うと、
3年生女子から、「先生、それは考えすぎですよ。」とたしなめられました。

補講後、机の上にあったパンというのが、コレ!

c0166720_182451.jpg

めちゃめちゃエッジが立っていて、まるで陶器(焼き物)のよう。 見るからに硬そうです。 
持ってみると、サイズの割にズシリと重い。 やはり、コレは、膨らまなかったパンの典型です。

写真をもう一枚。

c0166720_1843688.jpg

膨ら”め”なかったパンの肌をしています。 こちらは、更に重い。 予想通りです。 悪い予感がしたんです。 ただ、造詣としては面白いので、写真に撮って紹介することにします。

味ですか? 悪くないですよ。 
ただし、歯の悪い方にはお勧めできません。

PS 今日、調理同好会男子から「先生、ブログ読みましたけど、オレたちは陶芸家じゃありません!」と言われました。 そりゃわかってる。 

で、どうして膨らまなかったかですが、どうやら米粉パンらしいです。 ははーん、素人がそのまま米粉を使うと、ああなります。 納得しました。 それにしても、それを先生に食べさせてしまおうというのはちょっとヒドイ。 米粉パンには、ワザ(とウデ)が必要です。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-24 18:09 | その他 | Comments(0)

平成24年も、明けたと思ったら、もう2月の足音が聞こえてきました。 時の経つのは誠に早いものです。

さて、部屋の掃除をしていたら、年初に配られた「福山大学 学報」が出てきましたので、パラパラと見ていると、昨年活躍したクラブの紹介記事がありました。 昨年活躍したクラブと言えば、なんと言っても野球部とサッカー部です。 両部とも、全国大会に出場しました。

c0166720_18284537.jpg

結果はいずれも”カンパイ”で、全国区の厚い壁に跳ね返されてしまいました。 これを糧に、今年も頑張っていただきたいと思います。

   ”カンパイ” 今君は 人生の 大きな大きな 舞台に立ち ・・・
   長渕剛の歌の歌詞に、心情が重なります。

さて、本学をやぶった学校はその後どうなったのか、気になって調べてみました。

まず、本学野球部を 19:0 でやぶった明治大学は、
   東北福祉大学を 5:0
   愛知学院大学を 2:0 でやぶり、優勝しました。
つまり、明治大学は3試合全て完封。 どの大学も、明治から1点も取れなかったのです。

次に全日本大学サッカー選手権で、本学を 9:2 でやぶった専修大学は、
   同志社大学を 4:1
   中京大学を  2:0
   (野球で優勝した)明治大学を 3:0 でやぶって優勝しました。
専修大学は、準々決勝以降の3試合で1点しか取られなかった(攻撃的な)堅守のチームです。 本学は、専修から2点ももぎ取っているので、結構善戦したのではないかと思います。

この様に、本学はいずれも初戦で一番強い相手と当たってしまったわけです。 くじ運が悪かったと言えば悪かった。 

PS 上の写真、よく見ると、右の方に空手部の本学科1年生N君がちゃっかり写っています。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-23 18:33 | その他 | Comments(0)

調理同好会

生命栄養科学科の学生中心で構成された調理同好会があります。
昨日は、1年生の男子メンバーで、パンを作る会が開催されました。
男子ごはんです。

c0166720_9331464.jpg


チョコパン、あんパン、ロールパンなど、上手に作っていますね。
味見させてもらいましたが、とてもおいしくできていました。

焼き上がりをチェックするS君。
c0166720_9275646.jpg


ちなみに、余った材料でパウンドケーキも作っていました。
日の丸にしたかったそうですが、あんこが沈んでしまったそう・・・。
パウンドケーキにあんこを入れるという発想は斬新です。
c0166720_9325365.jpg


これからの活動にも期待しています。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-21 09:36 | 出来事 | Comments(1)

日本事情

今日は、国際経済学科1、2年に在籍する留学生向けの授業『日本事情』を行いました。

授業会場は1号館だったので、そこから雨の中生命工学部まで移動して、まず学生実習食堂を見学しました(写真はその様子)。

c0166720_20305495.jpg

次に18号館に移動して、平松先生に日本の行事食、および糖尿病と食事について、パワーポイントを使いながら講義して頂きました。

受講生は日本に来てまだ1、2年ということで、お話の細部までは伝わらなかったかもしれませんが、それでも十分楽しんで頂けたのではないかと思います。 こちらも、日本人学生相手の講義とはまたひと味違う体験で、とても面白かったです。

【留学生からの質問】 日本人の若い女性は、どうしてあんなに細いのか? 
【栄養科教員の回答】 うーん、確かに細い。 と、思います。  
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-19 20:33 | 実験・実習・授業 | Comments(0)

久しぶりの雨

久しぶりの雨です。 
天気予報では、今年初めてのまとまった雨とのこと。

雨が降らないと乾燥するだけでなく、空気がなんとなくすすっぽく感じます。 雨で空気が洗い流されて、少しクリアになればいいなと思います。

逆に、車は汚れてきたない、きたない。

c0166720_9451836.jpg

PS 栄養学科玄関の傘立て。 女子学生が多いので、傘もカラフル。 色の組み合わせのバリエーションが豊富です。 でもよく見ると、みんな同じ様な傘なんですね。 細部に対するこだわりが覗われます。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-19 09:00 | 出来事 | Comments(0)

センターとお菓子

いつのころからか、センター試験の休み時間に受験生がお菓子を食べるのが当たり前となりました。 私が受験生のころは・・・、そんなことしていると「不謹慎だ、マジメにやれ!」と怒られそうな勢いだったと思います。

さて、受験シーズンの定番お菓子と言えば、”キットカット”。 昔は、”マッキントッシュのキットカット”という名前で、確か4本のバーが板状にくっついた形だったと思います。 

c0166720_183716100.jpg


”キットカット”が受験の定番なのは、「きっと勝つ」の語呂合わせですが、私には「きっと、Cut!?」にしか聞こえません。 同じ音でも、私のようにネガティブ(後ろ向き)ではなく、ポジティブ(前向き)に聞こえるところが若さの特権でしょう。 

試験の合間にお菓子を食べるのは、空腹を満たすだけでなく、試験で消耗したエネルギーを補給し、脳内のグルコース濃度を上げるためだとされています。 しかし、お菓子の効用はエネルギー補給だけではありません。 

『タニタの食堂』以来、社員食堂が注目を集めていますが、あるIT企業の社員食堂は24時間オープンで、しかも全てタダだそうです。 しかし、この食堂の特徴はこれだけではありません。 食事以外に、なんとお菓子類の品揃えが充実していて、こちらも全てタダ。 しかも、おいしいらしい。

お菓子の食べ過ぎはもってのほかですが、適量のお茶とお菓子は、エネルギー以外にリラックスやコミュニケーションを運んできます。 お菓子のあるところ、笑顔が生まれ、話が弾む。 この社員食堂では、社員間のコミュニケーションツールとしてお菓子を利用しているわけで、この方法のコスパは高いのではないでしょうか。  

そういえば、アメリカの大学では時々ホールに、”フリー・コーヒー”とか”フリー・ドーナッツ”という感じで、誰かのドネーション(寄付)がありました。 学生さんはコーヒーを飲んで、ドーナツを食べながら、思い思いに話しています。 うーん・・・ こういうのって、良くないですか?  

「何? それなら、おまえが率先して寄付しろって!」
「キット、カット!」



PS おやつ。 されどおやつ、しかしおやつです。 巷の書店には、『甘い物は脳に悪い』とか、『成功する人は缶コーヒーを飲まない』などという恐ろしい題名の本が並んでいます。 やはりお菓子は体に悪いのか・・・。 でも、甘い物好きの頭のいい人や、缶コーヒー好きの成功者ならいっぱい知ってます。 頭が悪いのや、鳴かず飛ばずをお菓子のせいにするのも大人げない。 健康によい、機能性を高めたお菓子があれば買うかなぁ?
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-01-17 18:53 | その他 | Comments(0)