茶話会

生命栄養科学科では、今年度ポイント制を導入し、行事等の出席でポイントをためて参加のきっかけにするということを行ってきました。

2月22日に、そのポイント制のまとめとして、表彰式&茶話会を開催しました。

たくさん集めた学生さんには、景品と賞状が授与されました。

c0166720_11583339.jpg


渕上先生から賞状を授与される学生さん。背景にご注目。

c0166720_1215950.jpg


3年生の学生さんが賞品の準備や表彰をお手伝いしてくれました。

この行列はEXILE・・・
c0166720_1245156.jpg


ではなく
アイス待ちの行列でした。
c0166720_1251383.jpg


ちなみに先日のブログにもありましたが、沖縄に行ってきた学生さんが、お土産「チラガー」を野菜炒めにして振舞ってくれました。さすが栄養学科。
c0166720_1264842.jpg


Iwamoto先生より、学生さんに向けてMessageをいただきました。

c0166720_12103284.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-24 12:36 | 行事 | Comments(1)

京都大学の河田照雄先生、かずさDNA研究所の柴田大輔さん、日本デルモンテ株式会社、千葉県農林総合研究センターらのグループが、トマトやトマトジュースに脂肪肝や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常の改善に有効な新規成分13-oxo-9,11-octadecadienoic acid (13-oxo-ODA)が含まれるという発表をしてから、トマトやトマトジュースが品薄になっています。 

確かに中央卸売市場のトマトの仕入れ値を見ていると、例年に比べて上昇しています。 これは今回の騒動に加え、寒波の影響でトマトの入荷が遅れているためだそうです。

c0166720_12173561.jpg
ということで学科のコンピュータ制御ハイテク温室ではご覧のようにトマトを増産している・・・はずでしたが、これは授業の一環として行っており、後期終了とともに片付けてしまいました。 ちょっと、モッタイナイ。

京大の河田研究室に聞いてみると、「こんな騒動になるとは思わなかった。」、「トマトを食べたからといってやせるわけではありません。」と火消しに躍起とのこと。 河田先生がちょっと後悔される一方、京大の広報は大喜びだとか。

一方、トマトジュースはバカ売れです。 それも、研究を行ったデルモンテではなく、何もしていないカゴメのトマトジュースが売れ行き好調で、株価まで値上がりしています。 「なんか、デルモンテが気の毒」(河田研)

共同研究者のかずさDNA研究所の柴田大輔さんと先日電話で話したところ、
「ニュースに俺の名前がちっとも出てこない。 まあええけど。」とのこと。
柴田さんには以前、学科でセミナーをして頂きました(こちら)。 

トマト狂想曲。
悲喜こもごもです。


PS ちなみに、2013年度版大学要覧「生命栄養科学科」のトップページの背景写真はトマトになる予定です。 ※確認すると、2012年版もそうでした(こちら) 75ページを見ると、公衆栄養学の欄に『トマトのおはなし』という写真が載っています。 トマトにはポテンシャルなパワーがあります。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-18 12:32 | サイエンス | Comments(1)

沖縄そば

ダルマから少し離れて。

今日はお弁当がなかったので、コバトモさんにもらった沖縄土産のカップ麺『沖縄そば とんこつ 醤油味』を食べました。 沖縄限定販売だそうです。

c0166720_19112755.jpg
よく見ると、マルチャンのマークが付いています。 東洋水産の商品ですね。

c0166720_19125646.jpg
開けてみると、粉末スープと後入れ液体スープです。 麺はどん兵衛のような平麺です。

c0166720_1914978.jpg
粉末スープのアップです。 だからなんだ?って感じですが。

c0166720_19143636.jpg
どうです、おいしそうに見えますか? 味は個人差がありますが、私的には近くで売っていれば、また買って食べてもいいなと思いました。



さて、ここからが本題です。 

学科HPでも紹介している厚生労働省の『平成22年 国民健康・栄養調査結果の概要』を見ていると、「都道府県別の肥満及び生活習慣等の状況」で、男性(20~69歳)の肥満割合が最も高いのが沖縄県なんですね(45.2%)。 宮崎県と並んでぶっちぎりです。 長寿県沖縄としては、意外な結果でしょうか。

ちなみに、広島県は29.4%で全国29位です。 最も低いのは、山口県の22.1%。 山口県男性は、沖縄の半分以下の肥満率です。 なぜ?

ちなみに、ちなみに、喫煙率、飲酒習慣率が最も高い県はいずれも青森県。 近隣では、鳥取県が3位と2位です。 統計資料は、見ているだけで面白い。 


PS 先ほど文書課S氏から連絡があり、最後から2行目の「週間率」が「習慣率」の誤りではないかとご指摘を受けました。 誠にその通りです。 早速訂正しました。 さすが文書課、チェックが厳しい。 

ちなみに、ちなみに、ちなみに、福山大学では長年にわたり学内禁酒ルールが敷かれています。 喫煙については松田学長のリーダーシップのもと、建物内禁煙、喫煙ルールの徹底を旨とするキャンペーンが行われており、だんだんとクリーンで快適な大学になりつつあります。

この様な状況の下、文書課S氏は「身を粉にして、国家財政のため、これからもたばこ税を払い続けていきます。」との事でした。 たばこ税とは、たばこ税法(昭和59年8月10日法律第72号)に基づく税金で、国税である国たばこ税とたばこ特別税、および地方自治体が課税する地方たばこ税を合わせたもので、税率はざっとたばこ価格の2/3ぐらいでしょうか(だんだん上がっています)。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-16 19:32 | その他 | Comments(0)

三原神明市2012 その2 合格ダルマ のつづき。

さて、三原神明市で購入した合格「福」大ダルマですが、昨日のバレンタインデーの日に、渕上学科主任による開眼式が行われました。 と言っても、国試対策自習室になっている食堂で、たまたまそこで勉強していた4年生と一緒に眼を入れただけです。 こんな感じ。

c0166720_192443.jpg
自然にみんな合掌のポーズになっています。 なんだかんだ言っても、最後は神頼みです。

c0166720_19245658.jpg
渕上学科主任が筆ペンで眼を入れています。 左右どちらに眼を入れたらいいのか調べたところ、どちらでもいいみたいです。 選挙では右目(向かって左側)に眼を入れるようですが。

c0166720_19263730.jpg
とりあえず開眼したダルマと記念撮影。 平松先生、石井先生、桑田先生も飛び入り参加。

c0166720_19272826.jpg
ダルマさん、ちゃんと開眼したか不安なので、4年生が執拗に眼を入れます。 お目めぱっちり。

c0166720_19293193.jpg
 「まつげを入れようか?」と言いだしたので、それは御法度。 そんなところでみそが付いて、試験に落ちたら悔やんでも悔やみきれません。

c0166720_19295591.jpg
ダルマさんの顔の横には、『目標達成』と書かれています。 目標は、下げれば下げるほど達成率は上がりますが、得られるものは少なくなります。 目標は高く。

c0166720_1931413.jpg
ダルマさん、お姉さんに抱かれて白くなっています。

神頼みも、本学科の充実した国試対策の一環です。
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-15 19:39 | その他 | Comments(0)

なんでも相談室

後期期末試験もほぼ本日で終了(薬学部では、明日以降も試験があるみたいです)。

ということで、明日から1、2年生対象に国家試験補習講座が始まります。
そこで、どんな勉強をしたらいいのか、どんな勉強法があるのかネットで探していると、「BIGLOBEなんでも相談室」にこんな相談が載っていました。

相談者は、栄養学科に入学予定の高校生。
 「高校時代に生物、化学をあんまり勉強していないので不安。 どんな勉強をしたらいいですか?」という質問です。

ベストアンサーは、(管理)栄養士さんです。
 このアンサー、なかなかよく書けています。 内容すべてに諸手を挙げて賛同するわけではありませんが、これから栄養学科に入って勉強しようとする高校生にエールを送る内容で、温かい愛情を感じます。

4月から入学予定の生徒さん、気が向いたら一度読んでみてください。 入学前教育担当者としてもお勧めします。

c0166720_2004775.jpg
福山にあるセント・ヴァレンタイン

 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-14 20:04 | その他 | Comments(0)

さて。 第2弾。

三原神明市は、なにも遊びに行ったわけではありません・・・、まあ半分遊びに行きましたが。
残りの半分は、管理栄養士国家試験合格祈願、合格「福」大ダルマを買いに行ったのです。 それがこちら。

c0166720_1444381.jpg


真ん中に「福」って書いてある赤ダルマと、「合格」って書いてある白ダルマ大小2つ、計3つです。 自慢するわけではありませんが、大判振る舞いです。 紅白以外に、緑色の「開運」だるまと、黄色の「金運」ダルマもありました。

個人的には黄色の「金運ダルマ」がほしかったのですが、帰りの電車賃が怪しくなるので泣く泣くあきらめました。 カネがないので「金運ダルマ」が買えないとは、まったくの悪循環です。 救いは、金運ダルマを買っても金運がもたらされるとは限らないのに対して、金運ダルマを買うと確実に支出が増えること。 確率論の世界です。 閑話休題!

さて、金運ならぬ合格ダルマを抱えて帰ろうとJR三原駅に着いたところ、改札口の前でばったり本学科第1期生で、現在管理栄養士として活躍されている旧姓Kさんに会いました。 旧姓Kさんは栄養学科の1期生ではなく、その前身の食品工学科平成元年入学の第1期生です。 卒業後、学校に入り直して管理栄養士になった努力の人です。 

「ああ、先生!」
 「ああ、こんにちは。」
「神明市に来られたのですか?」
 「そうそう、ほら、管理栄養士国家試験だから「合格ダルマ」を買いに来たんだ。」
「そうなんですか、ぜひ頑張って下さい。」
 「了解!」

という感じ。
こんな所で卒業生の管理栄養士さんに出会うとは、なんだか縁起がいいや。

さて、「ぜひ頑張って下さい!」と言われても、試験まであと1ヶ月の時点で教員にできるのは神頼みぐらい。 学生の皆さん、後輩のためにもぜひ頑張って下さい。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-14 12:41 | その他 | Comments(0)

建国記念の日の祝日(土曜日)、毎年三原で開かれている神明市に行ってきました。

この神明市、ローカルでは大変有名で、多くの人が訪れます。 私も今から十数年前、初めて訪れた時にはびっくりしました。 露天が延々と続き、一体どこから人が湧いて出たのかというほどの賑わいです。 露天の数は500以上とのこと。 詳しくは、三原市のページや、三原商工会議所のページをご覧下さい。

c0166720_1431170.jpg

「神明祭」は、「伊勢神宮を祀る祭」だそうです。 そのせいか、三原神明市には、どこが始まりでどこが終わりかよくわかりません。 一応、上の写真にある大だるまのあたりがゴールでしょうか。 三原神明市は「ダルマ市」としても有名です。

c0166720_1411423.jpg

上の大ダルマのむこうに、メインのダルマ売り場があります(神明市では、ダルマ売り場もたくさんある)。 このダルマ売り場、人が多すぎて先頭にたどり着くのも買うのも大変です。 手作りダルマは1点もので、顔にはみんな個性があります。 また書かれている文字も違うので、押し合いへし合いの中、品定めが大変です。

c0166720_14142495.jpg
お店の内側から見るとこんな感じです。   

c0166720_14145695.jpg
大きいダルマになると、2万円以上します。 

c0166720_14153875.jpg
この大ダルマ、どうやら選挙用みたいで、予約すると候補者の名前を入れてくれるそうです。 現在進行中の選挙と言えば・・・ 思いつくのはアメリカ大統領選挙予備選、共和党指名候補争いですね。 ロムニー、ポール、サントラム、ギングリッチなどの名前でも、きっとダルマに入れてくれるのでしょう。

c0166720_14331298.jpg
こちらは、臨地実習などで大変お世話になっている三原赤十字病院様です。 新しい病棟は、陽を受けてまばゆいばかり。 本学科の渡邉誠教授は、以前この病院の副院長を務めておられた!

PS ちなみに三原出身の3年生Yさんによると、受験生は上の大ダルマの下を通ると落ちるのだそうです。 手も足も出ない! ちなみにちなみに、Yさんの言う事はあてにならなかったりします。 

以下、「その2」に続く予定。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-13 12:44 | その他 | Comments(0)

予告

期末試験が終わったら、沖縄土産のチラガー(ブタの顔)を食べたいと思います。
決行日はどこかに掲示しておきますので、『チラガー 喰う!』にご興味の方はお集まり下さい。 ちなみにこのチラガー、常温タイプ、しょうゆ味だそうです。

c0166720_21391938.jpg


もう一つ予告

先日『タニタの食堂 丸の内』に行ってきました。 その話を何人かにすると、ぜひブログに手記を書いて!、との事ですので、気が向けば来週書く予定。 こちらはまあ、大変でした。 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-10 21:42 | その他 | Comments(0)

閑話休題

『閑話休題』の意味って知ってますか?

何となく、「ここからは余談ですが・・・」と脱線路線に入る時に使う人が多いのですが、これは間違いだそうです。 本当の意味は逆に、

「話がそれましたが、話を本題に戻しましょう。」 という意味だそうです。
閑話(無駄話)は休題(ここまで!)という意味。

私の講義では、この言葉は使いません。 なぜなら、脱線したらしっぱなし。 本題に戻らないからです。 というのはちょっと間違いで、脱線した内容の方が本題よりも重要だから。 などと詭弁を弄する。

では、閑話ネタ。

実は、結構雑貨が好きです。 こんなページをみていると、リアル野菜の形のボールペンとか、マヨ・ケチャ形の修正テープがほしくなります。 

いえいえ、栄養学科の学習効果を高めるためであって、あくまで仕事の範疇です。
では、閑話休題。

c0166720_20583777.jpg

 
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-06 21:01 | その他 | Comments(0)

節分2012

いや~、冷えますねぇ。 

昨夜、帰宅時に大学の駐車場の気温は-5.5℃でした。 早朝でもあるまいし、夜でこんな温度になるのは初めてです。 路面の凍結などが無かったのは幸運でした。 この温度で雪でも降れば、道路はがちがちで帰れないところでした。

さて、今日は節分。

c0166720_135225100.jpg
お昼休み、寒さに浮かれた学生が鬼の面をかぶって大立ち回り。 豆をまき散らしています。

c0166720_13552726.jpg
なぜかユイちゃんが鬼の標的になっています。 
「なんで、私が鬼に豆を投げられんといかんの? これって逆じゃん!」

c0166720_13531250.jpg
鬼は、そんなことにはお構いなし。 この寒さにだいぶ頭がやたれた様子で、やたらハイ。

c0166720_13581894.jpg
調子に乗って廊下に豆をばらまきすぎたので、怒られて掃除する鬼。 
それを笑うユイちゃん。

4年生が必死に国試の勉強をしている横で脳天気な3年生。 
遊んでいられるのも今のうち。
[PR]
by seimei-eiyou | 2012-02-03 13:01 | 出来事 | Comments(0)