2月26日、JR福山駅前の福山大学宮地茂記念館(駅前キャンパス)で、第11回 福山大学発! リレー講座が開催されました。
c0166720_9292213.jpg

 今回は、本学科の菊田安至教授による講演で、演題は『ペットと一緒にダイエット』です。
c0166720_9303475.jpg

 犬や猫等の動物にも増えてきている生活習慣病のこと、飼い主とペットが共に長生きするためにはどうすればよいかといった内容で御講演されました。
c0166720_9321751.jpg

 講演後は、学内外問わず様々な方々から質問があり、活発な意見交換が行われました。
c0166720_933111.jpg


(講演の最後で、動物からうつる病気(人獣共通感染症)についての質問がありましたが、時間の関係で正確なご返答ができませんでした。厚生労働省のホームページに詳しい説明がありますので、気になる方はそちらをご覧下さい。これらの感染症の日本での発生は多くありませんが、トキソプラズマ症やオウム病など重症化する病気も多いので、注意して下さい。よく見かけるのは、猫ひっかき病、皮膚糸状菌症などです。家で飼っている動物が感染しているかどうかは、お近くの獣医さんにご相談ください。なお、これらの病気に人が感染した時は、人のお医者さんを受診して下さい。 KY)
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-27 09:42 | 行事 | Comments(0)

 本学学科長の渕上教授が、教員表彰を受けました。
 以前ブログ記事で御紹介しましたように、調理科学会賞を受賞されたことが評価されました。
 本日の全学教授会で表彰式が行われ、松田学長より、表彰状が授与されました。
c0166720_1822354.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-25 18:03 | 出来事 | Comments(0)

春休みの1コマ

 本ブログでも度々話題に上る、1年生がキャンパス内の温室で育てたトマトですが、春休みに入る前に最後の収穫を行ったそうです。
 その収穫した一部を頂きました。(その節はありがとうございました)
 そのまま食べても勿論美味しいのですが、今回は
c0166720_1021276.jpg

 研究室生が上手に盛り付けてくれました。お店の前菜で出てきそうな感じに仕上がりました。
c0166720_10213610.jpg

 取り皿を持って並ぶ学生さん
c0166720_10214533.jpg

 でも結局取り皿を使わずに箸でダイレクトアタックする学生さん。

 生ハムと即席のドレッシングにトマトが合っていました。
 研究室の実験の一環、ではないですが、3年生は卒業研究のため、春休み中も大体登校しています。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-23 10:24 | その他 | Comments(0)

ゲラダヒヒの浮気!

栄養学科の学生さんには、できるだけ積極的に質問する様に指導している。 しかしながら、女子学生さんは時として返答に窮する質問をする。 例えば、「先生は浮気しないんですかぁ?」など。

「しないんですかぁ?」と質問して、どんな回答を期待しているのか謎である。 「する。」と答える教員は、まれであろう。 もしかしたら、いないかもしれない。 万一浮気をしていたとしても、隠すだろう。 「浮気してま~す!」などと答える軽~い教員は想像に難い。

それにしても、女子学生さんは彼氏が浮気するのをとても嫌がる。 同時に、彼氏が浮気しているかどうか、とても気になるようである。

私が気になるのは、彼氏が浮気をしているのかどうかではなく、浮気をし、それを隠すのは人間だけなのか、それともヒト以外にも見られる行動なのか。 これについて考える前に、まず浮気とは何かを定義する必要がある。 が、面倒くさいので省略する。 一つ言えるのは、浮気には罪悪感がある。 だから、隠すのだろう。 

ということで、本題。 

2013年2月13日のNature Communicationsを見ていたら、『【動物学】配偶者を愛しつつ浮気もするゲラダヒヒ』という記事が出ていた。 登録しないと読めないかもしれないが、URLはこちらである。

「ゲラダヒヒは交尾相手をめぐる競争が常にあり、それがゲラダヒヒの適応度に大きな意味を持ち」(ヒトもそうだ)、「自らの繁殖確率を高めるために交尾相手をだます個体は(つまり、浮気するやつは)、ばれないように自らの行動を変化させる(つまり、隠そうとする)」という学説があるそうで(そんな学説があるのか!)、今回ゲラダヒヒの集団を長期観察することによって、この学説を裏付ける行動を見いだしたというものである。

うーん・・・ “ゲラダヒヒだって、浮気はマズイと思うだろう!”と思うのは、素人の浅はかな考えで、動物学者は仮説に従って忍耐強く観察し、科学的な手法で証明しなければならないのである。 まるで、探偵社の浮気調査みたいだ。

ということで、どうやらゲラダヒヒも人の道からはずれた行動をとったりするようである(ゲラダヒヒは人ではないが・・・)。 ゲラダヒヒの写真はこちら(京大霊長類研究所)

c0166720_1735484.jpg
『針のむしろ』ではなく、剣山の上の天使。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-19 17:39 | サイエンス | Comments(0)

本日、福山大学大学院工学研究科生命工学専攻、博士学位論文公聴会が開催されました。 

  日 時: 平成25年2月18日(月) 14:00~15:00
  場 所:  福山大学18号館18201講義室
  演 題: 抗潰瘍性リン脂質、ホスファチジン酸のキャベツよる産生とMALDI-TOF MSによる解析
        ※ポスターはこちら

学位請求されたのは、生命栄養科学科の瓜倉真衣先生です。 

”キャベツによる抗潰瘍性リン脂質であるフォスファチジン酸の産生”に関する35分間のご講演のあと、約25分間の質疑応答が行われました。 昨年には、同じく生命栄養科学科の中浦嘉子先生が学位請求をされ、先週晴れて博士論文を頂戴しました。 この様に、生命栄養科学科は科学研究も盛んです。 

生命栄養科学科の4年生は国家試験対策の他、就職活動やその他資格取得の準備で卒業研究をする時間が余り取れません。 できれば、一人でも多くの方に大学院に進学して頂き、栄養学研究の楽しさを体験して頂きたいと思っています。

c0166720_15413375.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-18 15:44 | 出来事 | Comments(0)

本日(平成25年2月16日)の日本経済新聞土曜版”プラスワン”の「何でもランキング ”ご当地レトルトカレー”」で、『広島特産 かきカレー 中辛』が2位を大きく引き離して堂々の1位でした。

竹原にあるレインボー食品さんの製品です。 ネットショップはこちら

みなさん、ご存じでしたか? 私は全く知りませんでした。 レトルトカレーはマニアの方がいらっしゃいますので、その世界では有名な商品なのかもしれません。 それにしても、広島県には全国トップになる様な良いものがたくさんあるんですねぇ、勉強になりました。 

ご存じの様に、現在広島県では『おしい!広島』キャンペーンを開催中です。 しかし、「かきカレー」 ちっとも惜しくないじゃないですか。 堂々の1位です。 今度竹原に行ったら買ってみようと思います。 

PS かきカレーもいいのですが、個人的にはネットショップにある”レモン風味のスプレッド レモンカード”が気になります。

c0166720_16192875.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-16 16:21 | その他 | Comments(1)

4年生にとって、今日は最後の模試の日でした。

先週末、岩本先生が買って下さった、「必勝だるま」に4年生が目を入れる様子です。
c0166720_17135136.jpg

代表して、TさんとY君が半分ずつ目を入れました。
c0166720_171404.jpg

白目がちょっと大きめのキョトン顔のだるまです。

本番まであと1ヶ月です。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-14 17:14 | その他 | Comments(0)

サラメシ

NHKの「サラメシ」という番組をよく見ます。 サラリーマンなど働く人の主にランチをレポートする番組で、とてもほっこり!します。

2月11日に放映された番組を見ていたら、東京で行列のできるランチ店、下町のクリーニング屋さんのお昼に続いて、見覚えのある橋が出てきました。 福山市にある新入江大橋です。 なんと、サラメシに福山が登場しているではありませんか!

カーナビの道路調査をしている株式会社ゼンリンの上里(あがり)さんという方が取り上げられていました。 カーナビに載せる道路情報を現地で収集し、写真に撮ってデータ化するのが上里さんのお仕事です。 ということで、よく見慣れた道路の景色や、道路標示看板が出てきて、とても不思議な気分でした。 

上里さんが入った中華料理屋さんも見覚えがあります。 なるほど、福山も東京と同じ日本で、つながっているのだなと変に感心しました。

PS さて、この株式会社ゼンリンさんは地図を作る会社で、本社は福岡県北九州市小倉にあります。 実はサラメシ放映の1週間前に、偶然ゼンリンさんの本社を訪れていたのです。 ゼンリンさんの本社は、小倉城の横にあるリバーウォークというショッピングモールの中にあります。 

c0166720_15174524.jpg
念のため、左端にある白いビルが小倉城で、右側のカラフルなビル群がリバーウォークです(間違える人はいないと思うけど)。

c0166720_15183374.jpg
角度を変えて、右側が小倉城の敷地で、堀を挟んで左側がリバーウォークの敷地です。 こんなに違った建物が並んで立っていて、それほど違和感を感じないものある意味すごいと思います。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-14 12:57 | その他 | Comments(0)

里内 清 教授(元生命工学部長、元生命栄養科学科長)は、この3月で定年をお迎えになります。

つきましては以下の様に最終講義を開催しますので、たくさんの方のご来駕をお待ちしています。

 演 題: 「MS/MS研究」 ~そして夢
 日 時: 平成25年 3月 1日(金) 午後2時から3時半まで
 場 所: 福山大学24号館2432教室
 問合せ: 内線4056の瓜倉先生まで。   ※ポスターはこちら

c0166720_126743.jpg
 
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-13 12:07 | 行事 | Comments(0)

大願成就 目標達成

昨年に引き続き、今年も三原で行われた神明市に祈願ダルマを買いに行きました。 こちらです。

c0166720_11511473.jpg

昨年の『合格』しろ!ダルマ(左)に対して、今年は「大願成就」「目標達成」の『必勝』しろ!ダルマです(サイズは同じ)。 「国家試験に向けて、神頼み!」という面もありますが、そのほかに、学生さんにはそれぞれ目標、大願がある(はずな)ので、それが叶う様に(やはり神頼み!)。

昨年の卒業式には、卒業生がこのダルマに寄せ書きをしていきました。 おそらく今年も卒業生が寄せ書きをするでのしょう。 これら“しろダルマ”は、18号館1階「国家試験対策室」の神棚に祀ってあります。 こんな感じ。

c0166720_11514628.jpg



PS さて、三原神明市とは? タコの町三原が誇る二大祭の1つで、神主さんにきいた所、お伊勢さんのお祭だとのこと。 駅北側には延々1kmにもおよぶ屋台(約400軒)が並び壮観です。 こんな感じ。
c0166720_11541332.jpg


c0166720_11554013.jpg
今年は、トルコのドネルケバブの屋台が数軒出ていました。 神明市もグローバル化。

c0166720_11562060.jpg
この屋台の列の先には、日本一の大ダルマが鎮座しています。 

c0166720_11563589.jpg
このダルマ、昨年のものからリニューアルされ、ずいぶんスリムに、こぎれいになりました。 昨年のはこちらです。 ダルマも世の趨勢でダイエット? ダイエットダルマ。

c0166720_11575359.jpg
調子に乗って買いすぎてしまいました。 このほとんどが海外へのプレゼント用で、自宅用は上段の赤いダルマと、黄色い『金運ダルマ』です。 金運だけでも夢が叶ってほしい!
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-02-12 12:15 | その他 | Comments(0)