甘酸っぱいヤマのモモ

うっすら曇り空の中、とあるものの収穫に出かけました。
c0166720_19275337.jpg

c0166720_1928108.jpg

こちら、ご存じでしょうか。
ヤマモモという果実です。

キッカケは事務の方から「1号館の中庭にヤマモモがあるよ」と情報をいただいたことでした。
食べ物があるなら動かずにいられない栄養ガールズを引き連れて、ビニール袋と手袋とを持って早速出かけました。
c0166720_1929240.jpg

実は今回がヤマモモ初体験のメンバーたち。
ヤマ「モモ」と聞いて、一同がイメージしていたのはすももくらいの大きさのものでしたが、実際はとても小さなもの。
ラズベリーのような大きさ、と言えばイメージがしやすいでしょうか。
食べてみると少し酸っぱく、黒っぽいものほど甘みがありました。
c0166720_19291812.jpg

調べてみるとヤマモモはヤマモモ科という分類だそうで、モモ(バラ科)の仲間ではないそうです。
でも、山に生えていてモモに似ているのでヤマモモ。
変な感じです。

途中、経済学部の先生にもお手伝いいただき、たくさんの量が収穫できました!
c0166720_1929334.jpg

どのようにしたらよりおいしくいただけるのか、現在検討中です。
乞うご期待!
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-06-28 19:40 | その他 | Comments(0)

誠会の柏餅づくり

6月22日に大学のある東村町の有志の方で構成されている「誠会」の柏餅づくりに参加してきました!!今日は、その時の様子をご報告します。

朝9:00に東村保育園横の集会場に集合してまずは記念撮影!前日までの雨が嘘だったかのように気持ちよく晴れた日でした。
c0166720_1185229.jpg

最初の仕事は、柏餅の中に入れるあんこを25gの玉にしていく作業です。きっちり1つずつ計量するのですが、2年生の橋本さん、なかなか手際が良いですね~。きっとフード実習で慣れているのでしょう!
c0166720_1134869.jpg

次は、生地作り。少し見にくいですが、生地の色が2色あるのが分かっていただけるでしょうか?1つは真っ白な米粉、もう1つの茶色っぽい生地はもち麦粉(大麦)です。柏餅と言えば通常、米粉で作りますが、東村町ではもち麦も栽培されているため、もち麦粉でも柏餅を作られるそうです。大麦は栄養価に優れており、白米の約20倍もの食物繊維を含んでいます。食物繊維の中でも特に水溶性の食物繊維を多く含むため、コレステロールの消化吸収を妨げる効果があると言われています。また、ビタミンB群、カリウム、カルシウムを多く含むのも特徴ですね。カリウムはナトリウムを排出し、血圧を下げる効果があり、カルシウムには骨を強くする働きがあります。したがって近年、大麦は糖尿病や肥満などの生活習慣病予防が期待される穀物と言われているんですよ。東村町のお年寄りがお元気なのは、大麦効果なのかもしれませんね。おっと、話が脱線してしまいましたが、米粉ももち麦粉もぬるま湯を加えながら捏ね生地にしていきます。
c0166720_1142530.jpg

生地が完成したら次は生地にあんこを包む作業。あんこがはみ出ないようにきれいに包みます。
c0166720_1151692.jpg

最後は、ボテの葉やカシの葉で団子を包んで蒸すと完成!ただ、このカシの葉で包む作業が難しいんだな~。
c0166720_1155863.jpg

出来あがったばかりの米粉とモチ麦粉の柏餅は、最高に美味しかったです!!また、お土産としてたくさんの柏餅をいただいて帰りました。誠会の皆様、どうもありがとうございました。
c0166720_1164953.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-06-24 11:11 | 行事 | Comments(0)

先月の5月30日の午後、「管理栄養士への意識づけとモチベーションアップ行事」の施設見学の第2弾として、1年生は特別養護老人ホームへ行ってまいりました。
c0166720_1794267.jpg

このほかに介護老人保健施設、障害者支援施設、ケアハウス、と合わせて多くの施設を見学させていただきました。

初めに施設長の方からお話があり、施設の概要や食数、管理栄養士の先生方が工夫を凝らした日々の食事や行事食などのご紹介がありました。

c0166720_17443970.jpg


次に施設の中を見学させていただきました。
c0166720_17485770.jpg

手洗い場でも車いすの方が使いやすいように鏡の向きや配置を工夫したり、蛇口も力が入りにくくても動かせるようにレバーになっていたりしました。
入所者の皆さんが快適に、楽しく過ごすには様々な工夫が必要です。
クラブ活動をしてみたり、レクレーションの場があったり、もちろん食事も楽しみの大きな部分を占めているでしょう。
見学や職員の方の説明を通して、いろいろな心遣いを様々な所に感じました。

最後に質問の時間を設けてくださり、施設で管理栄養士として働くことについてなど貴重なお話をしていただきました。
c0166720_18272377.jpg


この施設には、本学科の卒業生の方も働いています。
元気に笑顔で対応して下さいました。
1年生の皆さんも、将来はきらきらした笑顔で働きたいですね。
c0166720_1831488.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-06-06 18:31 | 実験・実習・授業 | Comments(0)

6月1日(土)14:00~ 福山大学にて、今年最初となります第1回市民フォーラムが開催されました。
c0166720_1247325.jpg

c0166720_1248113.jpg

並ぶ魚介類。

今回は、「魚介類の調理科学ー実験してみようー」というタイトルで、
・赤身魚と白身魚の違いは?
・イカは加熱するとなぜ丸まる?

の2本立てでお送りしました。
c0166720_12482128.jpg

講師は渕上先生です。

黒板には赤身魚(かつお等)と白身魚(タラ等)の違いについて、図表が並んでいます。白身と赤身の魚の違いについて、色だけの違いではないことを丁寧に説明されています。またイカについても縦長に切ること、横長に切ることでどう差が出るか説明されました。

その後は実際に数人ずつの班に分かれて実験をします。

c0166720_1249169.jpg
実験中の様子。
c0166720_1249798.jpg
c0166720_12491257.jpg
講義の内容を実際に実験して目で見て確認します。
c0166720_12491822.jpg
c0166720_12492325.jpg
c0166720_12492998.jpg



実験後は観察結果をテキストに書き込みます。
c0166720_1250573.jpg

講義、実験、試食までを2時間で済ますことができず、最後はバタバタになってしまいましたが、
参加者の方からは「勉強になりました」「家では中々出来ない事が出来て良かった」というコメントを頂きました。

次回は今月末、6月29日に、「健康を支える食生活」をテーマに講演致します。
場所は今回とは違い、福山駅前の宮地茂記念館で行います。
次回も多数の御参加をお待ちしています。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-06-03 12:51 | Comments(0)