昨年度の卒業生が、管理栄養士国家試験を受験したのが3月17日。
そしてそわそわしながら待つこと2ヵ月後の5月上旬に、合否の結果発表がありました。

その後すぐに申請をしても、すぐに手元に管理栄養士の免許証は届きません。
仮発行の書類はわりとすぐに手に入るのですが、本免許証は申請書を東京に送り、厚生労働省で処理をし……等という多くの事務手続きがあるために早くて3カ月、遅くて5カ月ほど待たなければなりません。

そんな期間を経て、今日やっと免許証が届いたそうです。
免許証というと、皆さんは車の免許証のような名刺サイズの物を想像されるかもしれませんが、管理栄養士の免許証は大きく、A3サイズくらいの賞状のようなものです。
それがこちら。
c0166720_1637721.jpg

届いたばかりの免許証を持って、記念にパチリ!
こんな立派なものが届くと、気持ちも新たに引き締まりますね。

4年生も来年の今頃にはこうなれるように、まずは国家試験勉強を頑張っていきましょう!
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-08-30 16:46 | その他 | Comments(0)

第2回 体験入学会

8月25日(日)、第二回体験入学会(オープンキャンパス)が行われました。
この日は朝から天候に恵まれず、警報まで出ており心配しておりましたが、幸いな事にこんなにも多くの高校生に参加していただけました。
c0166720_14575212.jpg

大学会館での全体説明の後に学科に移動し、まず学科長の井ノ内先生より挨拶、次に村上先生より学科の紹介がありました。
c0166720_15564073.jpg
c0166720_15561225.jpg

そして4年生より、学生生活の説明がありました。
c0166720_15575110.jpg

勉強や実習、実験以外にも、栄養科学科独自の行事などを学生目線で紹介しています。

また今回は、3年生による栄養教育実習の発表を行いました。
対象は「小学生」で、テーマは「牛乳」です。
様々な媒体や音響を使い、ある小学校の給食の様子を寸劇にしています。
c0166720_1632023.jpg

発表の中では、聞いている人に質問をし、前に出て答えてもらうといったこともしていました。
c0166720_167855.jpg

お昼は学食体験ということで、参加者の高校生と大学生が一緒に歓談をしながら食事をしました。
c0166720_1610043.jpg


午後は学科の建物の各場所にあるコーナーで、自由に参加、体験をしてもらいました。
c0166720_16563236.jpg

臨床栄養学実習室では、経鼻栄養法のモデルを使ってみたり、身体の組織の顕微鏡観察などをしました。
c0166720_1701492.jpg
c0166720_1703770.jpg

普段目にすることのない、身体の内側の世界はどうなっているのでしょう?

このほかにも、学生による個別相談や施設見学、栄養教育媒体の体験などがありました。
c0166720_858729.jpg
c0166720_8583263.jpg
c0166720_903242.jpg
c0166720_904498.jpg

オープンキャンパス限定、「米粉のロールケーキ」も大変好評でした。
c0166720_924030.jpg

次回、9月7日(土)見学会で今年度のオープンキャンパスは終了です。
各コーナー体験やロールケーキの試食できる機会は、次回がラストチャンスです!

c0166720_96839.jpg
╱皆様のご参加をお待ちしております!!╲

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-08-26 15:20 | 行事 | Comments(0)

今週は近隣の中学生が、地域の職場へと体験実習をしに出る「チャレンジ・ウィークふくやま」が行われています。
福山大学にも希望してくれた5名の中学生がやってまいりました。
8月19日から8月23日の間、図書館、学科、教務課などをそれぞれ1日ずつ、回ったそうです。
生命栄養科学科へは、体験実習3日目となる8月21日に来ました。
c0166720_13342332.jpg


まず、平松先生より本日の日程のご説明がありました。
午前から午後までびっしりと予定が詰まっております。
夏休みだからといって、大学の業務は休みになりません。
前期の授業が終わり、後期の授業、実習、実験に向けて様々な準備があります。
この日はそのような仕事の一部を、中学生の皆さんとして行きます。

次に、井ノ内学科長よりご挨拶を頂きました。
c0166720_13344566.jpg

ご自身の「将来、何になりたいか」についての考え方の移り変わり等をお話し下さり、この体験によって将来を考えるきっかけになれば、との事でした。

そして平松先生より、学科の説明と栄養に関するクイズがありました。
c0166720_13351091.jpg

皆さん難しい問題にも正解していました。すごいですね!

では、いよいよ仕事の体験です。
最初は調理室で作業を行います。
衛生管理を徹底するために、まずは身だしなみを整えます。
c0166720_13354986.jpg

白衣、キャップをつけて準備は万端、手を洗っていざ!
c0166720_13361972.jpg


授業で行う実験なども、あらかじめ前実験をしてみて望ましい結果になるかどうか確かめるものもあります。
そこで今年度は特別に、チョコレートの口どけに関する実験を行いました。
c0166720_13364653.jpg

作るときの温度と時間によって、元は同じチョコレートなのに口どけや色が変わったりします。

次は調理室の整備を行います。
前期の授業で使用したまな板や布巾は、何回も使っている内にどんなにきれいに洗ってもくたびれてきてしまいます。
そのため夏休みの間に、漂白して後期からの実習で気持ちよく使えるように準備をしました。
この大量のまな板を・・・
c0166720_13374338.jpg

1枚1枚丁寧に漂白していきます。
c0166720_1338857.jpg

大量の布巾も同じように、
c0166720_13383270.jpg

1つに集めて漂白剤の中に浸けこみました。
c0166720_13384956.jpg

漂白が終わったら、良くすすいで乾かして終了です。
c0166720_1339847.jpg


お昼休みをはさんで、午後の作業は28号館の実習食堂に移りました。
まず、栄養教育媒体のSATについて体験をしてもらいました。
c0166720_13392280.jpg

このSATは選んだ食品サンプルを機械に載せると、簡単にその食事の栄養バランスが一目で分かる優れモノです。
バランス良さは☆5つの5段階で表されますが、なかなかうまく満点にできず苦戦していました。
このような媒体を使って栄養指導することで、1食だけでバランスのとれた食事をするのは難しい、等といったことを気付いてもらうきっかけ作りにもなります。

次に、資料作製のお手伝いをしてもらいました。
c0166720_13394372.jpg

この資料は管理栄養士国家試験に向けて、学内で模試を実施するための冊子になります。
とてもたくさんの問題数や、初めて見る難しい問題、そして準備する量に驚いたことだと思います。
この後写真はありませんが、実習で大量調理を行う給食室内に入り、食品の管理業務として在庫の食材や調味料のチェックをしました。
また、給食室の見学も併せて行いました。
回転窯やスチームコンベクションオーブンなど、大量調理独特の珍しい機械に興味津々でした。

以上で1日の作業は終了です。

反省会では、印象に残ったことや感想を1人ずつ発表してもらいました。
c0166720_1340632.jpg

暑い中たくさんの慣れない作業をして、あっという間に時間が過ぎて行き、とても大変だったと思います。
最後に今回の実験で作成したチョコレートと、エネルギーコントロール用のアイスクリームを試食していただきました。
この実験は試食をするまで成功したかどうかが分かりません。
それぞれのチョコレートの口どけの違いを感じられたでしょうか?
アイスは普段食べているものと比べてどうでしたか?
今回の体験を通して、管理栄養士養成施設としての業務や、食品や栄養に興味がもてたのなら嬉しく思います。
c0166720_1340497.jpg

中学生の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-08-23 13:45 | 行事 | Comments(0)

2013夏の勉強合宿@因島

8月9日~10日に、今年度で2回目となる「夏の管理栄養士国家試験対策勉強合宿@因島」が行われました。
c0166720_1239375.jpg

本大学の因島キャンパスにて、1泊2日で行われる勉強合宿です。
今回は「肝臓・腎臓」にポイントを絞り、その基礎から機能病気、栄養について勉強しました。
c0166720_12561790.jpg

まずはじめに、導入テストをしました。
c0166720_12571495.jpg

ここでは答え合わせをせずに、合宿の最後でもう一度同じ問題を解き、どのくらい勉強の成果があったか意識してもらいます。

ではいよいよ講義の始まりです。
今年度の講師陣には、大学院生のIさんも参加していただきました。
c0166720_1317724.jpg

昨年度国家試験を受けた身近な先輩だからこそ、勉強するポイントなどが分かりやすく学べたことと思います。
c0166720_13203781.jpg

ここからは、それぞれの講義での勉強風景をお送りいたします。
c0166720_1321137.jpg

c0166720_1324515.jpg

c0166720_13252099.jpg

c0166720_13253878.jpg

もちろん、勉強だけでは疲れてしまいます。
一度頭をリフレッシュし、息抜きをすることも大切です。
そんな1日目の昼休みには、隣接する水族館へと見学に行きました。
c0166720_13511298.jpg

c0166720_13401223.jpg

バックヤードに入って、大水槽の魚にえさやりの体験もさせていただきました。
c0166720_13512568.jpg

また晩御飯は、バーベキューでワイワイしながらの食事をしました。
c0166720_11434766.jpg
c0166720_14124265.jpg
c0166720_1144417.jpg


最後に、今回の合宿中に食事準備などお手伝いをしてくれた3年生、ありがとうございました!
c0166720_14182052.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-08-22 14:19 | 行事 | Comments(0)

8月8日(木)に第3回 高校生アイデアどんぶり選手権 第2次審査(実技審査)が行われました!!今回で3回目となりました高校生アイデアどんぶり選手権、今年もたくさんの高校生が応募してくれましたよ。応募者総数138件の中から見事一次審査を突破し、二次審査(実技審査)に進んだ8名の皆さんが8月8日、福山大学 生命工学部 生命栄養科学科の調理室に集結しました!!二次審査では、応募したレシピに従って実際に審査員の前で調理をします。その際の調理技術や見た目、料理の味や独創性を総合評価し、順位が決定されます。今回、見事、二次審査に進んだのは、沼南高等学校の小割聖子さん、安芸高等学校の西口友美さん、総合技術高等学校の木原万悠子さん、世羅高等学校の日南住結さん、庄原格致高等学校の松本実記さん、御調高等学校の入江有哉くん、総社高等学校の片岡未奈さん、岡山龍谷高等学校の河村碧衣さんの8名です。開会式では、実技審査を前に緊張から表情が強張っていましたが、ユーモア溢れる松田学長のお話に自然と笑顔を見せてくれるようになりました。

c0166720_10255665.jpg

                    写真1 松田学長の挨拶

二次審査の審査員は、松田学長をはじめとする内部審査員の他に外部審査員として福山市保健所健康推進課次長の森川晶子先生、福山市食生活改善推進協議会会長の信森雅子先生にご足労いただき厳正な審査を行っていただきました。また、今回初の試みとして本学科3年生の山本清雅くんにも学生審査委員として審査に加わっていただきました。山本君、かなり緊張していますね。

c0166720_10264957.jpg

                    写真2 緊張している山本君

開会式が終わると、いよいよ実技審査です。1時間という制限時間内に4人分のどんぶりと副菜を調理してもらいます。では、実技スタート!!!!
まは、沼南高等学校の小割聖子さんの様子から見ていきましょう!写真ではごぼうを刻んでいますね。小割さんのどんぶりは、福山の郷土料理である「うずみ」からヒントを得たそうです。「うずみ」の由来は諸説あるようですが、江戸時代には鶏肉やえびなどの贅沢品は、庶民が堂々と口にすることが出来なかったため、具を飯で隠しながら食べていたことが始まりだと言われています。小割さんの郷土愛を感じますね。

c0166720_10272461.jpg

                    写真3 沼南高等学校 小割聖子さん

続いては、安芸高等学校の西口友美さんの様子を見てみましょう!西口さんは、アスパラや人参を同じ大きさに切り揃えていますね。西口さんのどんぶりは、見た目は女子向けだけど男の人にもオススメ!なんだそうですよ。ヘルシーで栄養や彩りなども考えた献立なんだとか。どんなどんぶりができるのか楽しみですね。

c0166720_1028188.jpg

                    写真4 安芸高等学校西口友美さん

続いては、総合技術高等学校の木原万悠子さんの様子を見てみましょう!木原さんが刻んでいるのは、ズッキーニですね。ズッキーニの入ったどんぶりって皆さん、想像できます??木原さんのお家の畑で採れたものをできるだけ使ってどんぶりを作るそうです。ネーム入りの白衣と帽子も似合っていますね。きっと美味しいどんぶりを作ってくれるでしょう。

c0166720_10284449.jpg

                     写真5 総合技術高等学校 木原万悠子さん

次は、世羅高等学校の日南住結さんの様子を見てみましょう!日南住さんは、大量のキャベツを刻んでいますね。日南住さんのどんぶりのキーワードは「広島」と「キャベツ」。連想されるのは・・・あ、どんぶり名はまだ秘密です!日南住さんは、副菜もこだわっていますよ。日南住さんの雰囲気と同じ優しい感じに仕上がるそうです。こちらも楽しみですね。

c0166720_10291147.jpg

                    写真6 世羅高等学校 日南住結さん
 
今度は、庄原格致高等学校の松本実記さんの様子を覗いてみましょう!松本さんは、何か揚げていますよ。揚げる+どんぶりと言えば、カツ丼や天丼を思い浮かべますが、松本さんのどんぶりは噛みつかれると大変!!な食材を使っているそうです。私も味がとても気になります!!ワクワク。

c0166720_10325613.jpg

                    写真7 庄原格致高等学校 松本実記さん

次は、御調高等学校の入江有哉くんの様子を見てみましょう!入江くんが潰しているのはお豆腐のようですね。お豆腐を使ってどんなどんぶりを作ってくれるのでしょう。副菜で使う梅ドレッシングは、入江くんのお手製なんだとか。豆腐や梅を使って暑い夏にピッタリの料理が出来そうですね。楽しみだ!!

c0166720_10332270.jpg

                    写真8 御調高等学校 入江有哉くん

続いては、総社高等学校の片岡未奈さんの様子を覗いてみましょう!片岡さんが丁寧に小麦粉をつけているのは鰯でしょうか。鰯は栄養価の高い魚で、頭が良くなると言われているDHAや血液サラサラ効果のあるEPAが多く含まれています。また、カルシウムも豊富ですので、高校生の皆さんには食べて欲しい食材ですね。片岡さん、ナイスアイデア!!

c0166720_1034255.jpg

                    写真9 総社高等学校 片岡未奈さん

最後に、岡山龍谷高等学校の河村碧衣さんの様子を見てみましょう!河村さんは、豚肉で何かをくるくる巻いていますよ。隠し味は、日本人もインド人も大好きなあの味だそうです。隠し味ということは、見た目はあの料理とはかけ離れているということですよね。どんな料理ができるのでしょう。見た目も楽しみです。

c0166720_10342291.jpg

                    写真10 岡山龍谷高等学校河村碧衣さん

さあ、そうこうしているうちに制限時間の1時間が経ちました。完成したどんぶりを見ていきましょうね。
まずは、小割さんの「福バラ丼」と「豆腐のすまし汁」です。どんぶりの上には、福山市の花に制定されているバラが綺麗に咲いています。このバラ、実はトマトでできているんですよ。驚きですね。錦糸卵の下には、ごぼうや人参、鶏肉などが隠れています。

c0166720_10344917.jpg

c0166720_10351668.jpg

                    写真11 「福バラ丼」と「豆腐のすまし汁」

次は、西口さんの「肉巻き巻きDON」と「ねばねば菜」です。アスパラと人参、エリンギが豚肉で巻き巻きされており、手作り味噌ダレがかかっています。副菜には、広島菜やおくら、めかぶなどが入っており、がっつり系のどんぶりに対してあっさり系の副菜が仕上がりましたよ。

c0166720_10354442.jpg

c0166720_1036835.jpg

                    写真12 「肉巻き巻きDON」と「ねばねば菜」

続いては、木原さんの「夏いっぱいナス天丼」と「ねばねばちゃん」です。ナスが嫌いな人でも食べられるようにナスの間にベーコンを挟んで天ぷらにしています。あっさり食べられるように大根のタレをかけるのもポイントですね。

c0166720_10365634.jpg

c0166720_10371684.jpg

                    写真13 「夏いっぱいナス天丼」と「ねばねばちゃん」

次は、日南住さんの「府中焼風お好み丼」と「ミルク味噌スープ」です。府中焼きの特徴であるひき肉を使ったお好み焼きがのっているどんぶりですね。ミルク味噌スープは、府中味噌を使ってマイルドなスープが完成しました。

c0166720_1548271.jpg

c0166720_1038648.jpg

                    写真14 「府中焼風お好み丼」と「ミルク味噌スープ」

次は、松本さんの「ワニカツ丼」と「さっぱり汁」です。庄原市では、昔からワニと呼ばれるネズミザメが食べられています。ワニには独特の臭みがありますが、その臭みを抑えて美味しく食べられるよう工夫されたどんぶりです。彩りも綺麗に仕上がりました。

c0166720_10383640.jpg

c0166720_10385383.jpg

                    写真15 「ワニカツ丼」と「さっぱり汁」

次は、入江くんの「体に良いひじき丼」と「きゅうりとトマトのさっぱりサラダ」です。ひじきと豆腐でヘルシーなどんぶりが出来ました。煎り卵の黄色がアクセントとなっていますね。梅ドレッシングを掛けたきゅうりとトマトのサラダも夏らしい一品です。

c0166720_10391638.jpg

c0166720_10393489.jpg

               写真16 「体に良いひじき丼」と「きゅうりとトマトのさっぱりサラダ」

次は、片岡さんの「鰯としらすの親子丼」と「こんにゃくとトマトと人参のフルーツヨーグルト」です。片岡さんの魚で親子丼を作りたいという思いから考案されたどんぶりです。しらすは、鰯の下に敷かれている長芋入りのフワフワな卵でとじられているんですよ。こんにゃくや人参の入ったフルーツヨーグルトも珍しいですよね。

c0166720_10395916.jpg

c0166720_10401518.jpg

            写真17 「鰯としらすの親子丼」と「こんにゃくとトマトと人参のフルーツヨーグルト」

最後は、河村さんの「ソースえのカツ丼」と「大根とベーコンの塩麹コンソメスープ」です。みじん切りした玉ねぎやアスパラを炒めてカレー粉で味付けして豚肉で巻いています。ソースにえのきが入っていることから「ソースえのカツ丼」というネーミングになったのですね。

c0166720_10403724.jpg

c0166720_10405339.jpg

             写真18 「ソースえのカツ丼」と「大根とベーコンの塩麹コンソメスープ」

完成した料理の審査を行う前に、出場者の皆さんに料理のPRをしてもらいました。審査員への最後のアピールの場ということで、皆さん上手にプレゼンされました。

c0166720_10412229.jpg

                    写真19 PRタイムの様子

審査員は、別室に移動し審査開始です。出場者の皆さんは、応援団の皆さんと一緒に自分たちで作ったどんぶりや副菜を試食しました。

c0166720_10414775.jpg

c0166720_1042653.jpg

                    写真20 試食の様子

いよいよ、審査結果の発表です!!皆さん、緊張していますね。

c0166720_10423888.jpg

                    写真21 結果発表前の緊張

その前に、まずは渕上審査委員長の講評です。今回の審査は接戦で、どの料理も一長一短があって判定が難しかったとのこと。これは益々結果が気になりますね。

c0166720_1043020.jpg

                      写真22 渕上審査委員長の講評

では、今度こそ結果発表~!!第3位の審査員特別賞は、総社高等学校 片岡未奈さんの「鰯としらすの親子丼」と「こんにゃくとトマトと人参のフルーツヨーグルト」です!松田学長より表彰状と記念品のT-FAL電子ケトルが贈呈されました。おめでとうございます!!

c0166720_10432225.jpg

                写真23 審査員特別賞 総社高等学校 片岡未奈さん

続いて2位の発表です!!第2位の優秀賞は、庄原格致高等学校 松本実記さんの「ワニカツ丼」と「さっぱり汁」です!松田学長より表彰状と記念品のデジタルフォトフレームが贈呈されました。松田学長から一言。「3位よりも記念品が小さいですね。」あ、確かに・・・(汗)。でも賞品は素敵でしょ?松本さん、おめでとうございます!!

c0166720_10434291.jpg

                 写真24 優秀賞 庄原格致高等学校 松本実記さん

そして、栄えある1位の発表です!!!第1位の最優秀賞は、総合技術高等学校 木原万悠子さんの「夏いっぱいナス天丼」と「ねばねばちゃん」です!松田学長より表彰状と記念品のiPod touch 32Gが贈呈されました。またまた松田学長から一言。「さらに小さい。」会場は爆笑の渦に巻き込まれました。木原さん、本当におめでとうございます!!!

c0166720_10442372.jpg

                写真25 最優秀賞 総合技術高等学校 木原万悠子さん

最後に参加者全員で集合写真を撮りました。賞をもらえた人ももらえなかった人もみんな笑顔で輝いています!もはやライバルを超えた戦友ですね。本当にお疲れ様でした。

c0166720_10444721.jpg

                    写真26 集合写真

あ、そうそう、このブログを読んでくださいました皆さん、写真のどんぶりを食べてみたくないですか?実は、期間限定で岡山龍谷高等学校の河村碧衣さんが考案された「ソースえのカツ丼」が第一食堂で食べられます!!発売時期は未定ですが、決定しましたらご報告します。楽しみにしていてください。

c0166720_1045931.jpg

                  写真27 第一食堂で提供されるソースえのカツ丼
[PR]
by seimei-eiyou | 2013-08-10 10:59 | 行事 | Comments(0)