第2回 市民フォーラム

11月14日(土)に、平成27年度市民フォーラム 食と健康のライフサイエンス の第2回目が、福山駅前の宮地茂記念館で行われました。

第2回目となる今回は、「口は幸いのもと」をテーマに2名の先生が講演しました。
地域の方たちにも広く認知されてきたこの市民フォーラムは、今回も多くの方のご参加をいただけました。
c0166720_16442629.jpg


まず、久保田 みどり 准教授より、「食事を噛んで健康に」の講演がありました。
c0166720_13284544.jpg


日本人の食事の変遷、日本における食の現状や問題点を織り交ぜながら「咀嚼・噛むことの大切さ」についてのお話がありました。
途中、「目を閉じてつま先立ちをしてみましょう!」というコーナーがあり、聴講者のみなさんに参加してもらう場面がありました。
目を閉じてつま先立ちをすると、体が揺れます。そのままつま先立ちをすると、自然と口が閉じ、軽く歯をかみ合わせていることを実感していただき(歯を当てないでいるとバランスを保って立っていることが難しいです)、歯が体のバランス能力にも関与していることをご理解いただきました。
c0166720_13284181.jpg




次に、木村 安美 教授より、「広島の食文化論」の講演がありました。
c0166720_133829.jpg

広島県の気候や風土の特徴についてからはじまり、昭和初期の広島に伝わる食文化、安芸と備後の食文化の比較(魚の食べ方、正月料理)、移民県広島の移民の状況、広島名物の由来 について説明がありました。
途中には広島名物お好み焼きが実は「京都」の「一銭洋食」がルーツだったというお話や、明治以降のハワイへの出稼ぎ移民に全国で最も広島県からの移民が多かったというお話のクイズも交えながら、広島県民に耳よりの食文化のお話でした。

今回は、講演終了後に平成27年度市民フォーラムの修了式もありました。
1、2回両方のご出席をいただいた方へ、井ノ内生命工学部長より修了証書をお渡ししました。
c0166720_13393998.jpg


この講演会の陰でとてもよく働いてくれた受付・案内学生の皆さんです。お疲れ様でした。
c0166720_13375649.jpg


今年度も食と健康のライフサイエンスへご参加くださった皆様、ご協力くださった関係者の皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-11-16 13:44 | 行事 | Comments(0)