12月22日(火)、平成27年度 卒業論文発表会を行いました。
c0166720_1294616.png



緊張感の漂う4年生の皆さんの様子です。
c0166720_11502213.jpg


はじめに菊田学科長よりご挨拶をいただきました。
c0166720_11502532.png


1年間の成果を5分間の発表に詰め込んで発表しました。
c0166720_1235313.png


ポインターで指し示しながらプレゼンテーションする練習もしっかりした様子でした。
c0166720_1223852.jpg


質疑応答にも、しっかりと自分の言葉で答えている学生さんが多かったのが今年の特徴でした。
c0166720_11512628.png


卒論の発表は無事終えることができましたが、卒業論文の提出は年明けになります。
模試や試験も控えています。ラストスパートを頑張っていただきたいと思います!
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-12-24 12:17 | 行事 | Comments(0)

平成27年度SSH

12月19日(土)に、平成27年度 清心女子高等学校SSHが行われました。
これまでに生命科学実習として生物工学科と、海洋生物科学科で実習が行われ、今回はその第3回目として生命栄養科学科が担当しました。
c0166720_1730561.jpg

テーマは、「食と健康のライフサイエンス」-食生活と健康- です。


c0166720_1731116.jpg

午前の部では初めに、村上准教授より「食と健康-楽しく食べる-」を演題として、楽しく・おいしく食べるための方法を化学的に説明されていました。

c0166720_1731113.jpg

次に、菊田教授より「食生活と健康-安全に食べる-」を演題として取り上げられていました。
おいしく食べるために大事な「見た目」について焦点を当てていました。

c0166720_17314399.jpg

その導入として、まず視覚の大切さを感じてもらうために、目隠しをしての食事介助体験を行いました。
スタッフが代表で出てきた学生に対して介助をしましたが、言葉で表現したものの情報とと、実際に口の中に入ってきたものの情報が一致するときと異なる場合で、それぞれ感じ方に差があったようで、皆さんとてもいい反応をされていました。

午後の部では、午前中の講義をふまえた実験を行いました。
c0166720_17321339.jpg

まずは、食品中に含まれている酸性タール色素の分析実験です。

c0166720_17322014.jpg

この写真は、スタンダードと言われる、赤色2号、青色1号など計12種類の市販されている色素を、分離するためのプレートにあらかじめ乗せているところです。

c0166720_17323143.jpg

こちらは、食品から抽出した色素で毛糸を染めているところです。
酸性タール色素はタンパク質に引っ付く性質があるので、これで、毛糸に付着する色素だけを回収します。

c0166720_17323996.jpg

先ほど回収した毛糸を、アンモニア水中で加熱することで、色素が毛糸から離れたものをサンプルとして煮詰めていきます。
これをプレートの上にあらかじめ乗せていたスタンダードと並べてスポットすることで、何の色素が入っていたか、展開溶媒にしばらく浸けて置いた後に判別できるようになります。

c0166720_1733435.jpg

色素の展開が1~1.5時間かかるので、その間に官能評価のテストをしました。
写真は塩水の濃度評価です。
0.05%ずつ濃度が違う食塩水、5種類を濃度が濃い順に並べることができるかどうか見ています。
この他に、個人の嗜好を見る検査で、2種類のスポーツドリンクを飲み比べてもらったりしています。

c0166720_17331238.jpg

そんなこんなで、時間もよいころ合いになったので、最初の色素実験の続きです。
写真は、展開し終わったプレートの観察をしているところです。
パッケージに表記されていたものと、同じ色素が含まれていたか確認できたでしょうか?


このような機会で皆さんに、食品や健康、そして科学に興味を持ってもらうことができるきっかけとなれば幸いです。
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-12-19 09:25 | 行事 | Comments(0)

12月8日(火)に臨地実習報告会が行われました。
c0166720_18264013.jpg


臨地実習とは学外実習のことで、管理栄養士・栄養士が実際に働く現場「病院、老人福祉施設、小学校、給食を扱う事業所、保健所」に行き、学生がその業務の一部を体験・実習させていただくものです。
それぞれの施設で1~2週間の期間で、学生自身がそれぞれ課題をもって実習にあたります。
これまでの学内での授業や実験実習だけでは身につけられない、コミュニケーション能力や課題解決能力など、様々な技能や経験を習得できるように自発的に行動をしなければなりません。


c0166720_18265794.jpg

まずは、菊田学科長から、臨地実習を無事終えられたことへの慰労と、報告会はその集大成であるので、最後まで気を抜かずに頑張ってください、とご挨拶がありました。



c0166720_18272532.jpg

c0166720_18273631.jpg

会場は2部屋に分かれておりますが、発表形式はどちらも、パワーポイントを使ったスライドでの口頭発表になります。

c0166720_18284029.jpg

1グループ5分の発表で、数題まとめて最後に質疑応答を3分間行いました。
c0166720_1828360.jpg

c0166720_18284823.jpg



最後に実習生の代表が、事前の学内の諸先生方のご指導により、実習先でも大きな問題もなく、実習を無事終えることができました。また、実習先の管理栄養士の先生方をはじめ諸職員の方にも大変お世話になりました、と挨拶をして、報告会は終了しました。
c0166720_18302314.jpg

c0166720_18303152.jpg



この1年間で、一番大きなウェイトを占めていた実習が終わり、やっと一息つけたことだと思います。
ですが、その後にはすぐに、来年度に向けて研究室での卒業研究や、国家試験を見据えた勉強、就職活動など、まだまだすることは目白押しです。
この臨地実習を通して学んだことや経験を生かして、これからの学生生活を充実させてください。
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-12-10 15:25 | 行事 | Comments(0)

就職体験発表会2015

11/27(金)に就職体験発表会を行いました。
c0166720_17194082.jpg

福祉施設やドラッグストアに勤める卒業生や、食品企業、委託給食会社に内定を頂いた4年生が講演者です。

卒業生からは現在行っている仕事内容や管理栄養士国家試験勉強のコツを中心に、4年生は就職活動で気をつけたことなどを説明してもらいました。
実際に就職活動で使用した履歴書を提示して、ポイントの説明もありました。
写真は補足説明をされる山本教授です。
c0166720_17343848.jpg


体験発表会が終われば講演者を囲んでの懇親会です。
c0166720_17354933.jpg

唯一の男性である先輩にあつまる男子学生の図です。
和気藹々と話していたので、少しは就職活動の不安も解消できたでしょうか。

講演者以外の4年生も参加していたのですが、卒業生に国家試験勉強の詳しいコツを聞いている場面もありました。
3年生だけでなく、4年生自身も身になったのではないかと思います。

今の3年生は今年度と就職活動のスケジュールが変わると言われています。
自分のやりたいこと、できることをしっかりと考えて、希望の職種についてもらえたらと思います。
[PR]
by seimei-eiyou | 2015-12-04 17:47 | 行事 | Comments(0)