6月25日(土)・26日(日)、岡山県立大学にて第12回栄養改善学会 中国支部学術総会が行われました。

私たち給食経営管理研究室の学生(4年生)は26日の学会に参加し、ポスター発表をしました。
私たちの発表のテーマは「特定給食施設の介護食製造の実態と課題」であり、先輩の卒業研究の資料を参考に、その内容を一枚の大きなポスターに仕上げました。
発表の様子です↓
c0166720_19125274.jpg

大勢の人の前で発表するのは、やっぱり緊張しますね・・・
c0166720_19131456.jpg

3分間のポスター発表 → 質疑応答 → 20分程度のフリーディスカッションという流れで発表を行いました。
私たちの研究室の他にも、今年度から助手になられた神波先生が「春の七草におけるホスファチジン酸の生成」というテーマでポスター発表をされました。
また、近藤寛子先生が栄養改善の向上に貢献する優れた発表をされたことを表彰され、栄養・実践研究賞を受賞されました。おめでとうございます!

今回、私たちは初めて学術総会に参加し、様々なテーマのポスター発表や、他大学の先生の講演を聴くことができました。ポスターを作って人前で発表するという機会はなかなか無いので、私たちにとって貴重な経験となりました。

発表後に記念撮影!
c0166720_19133941.jpg

c0166720_19135133.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-30 19:15 | 出来事 | Comments(0)

6月25日(土)に、福山大学近くの東村町公民館でちまき作り交流会が行われました。
c0166720_1028342.jpg


毎年、田植えの終わった時期の慰安を兼ねてこの時期にかしわ餅や、ちまきを作って食べるのがこの地域の習わしだそうです。
このような東村町の様々な行事を伝承し、地域興しをしているのが「誠会」です。

c0166720_10233085.jpg

誠会の代表の方から開催の挨拶や、行事の由縁、参加者のご紹介がありました。
今年度も福山大学からは、生命栄養科学科の「地域交流グループ Nたま」メンバーを中心に参加させていただきました。

以下からは、ちまき作りの様子です。
生地はもち麦の粉を用いています。
c0166720_11543514.jpg


ぬるま湯を加えながら、そば打ちのように粉全体に水分を均等になじませていきます。
c0166720_11552541.jpg


もち麦の特性として、最初の生地の固さと蒸し上がりの固さはほぼ同じになるそうで、このとき加える水分量でもちの固さが決まるそうです。

水分がちょうどよく回ったら、粉をひとまとめにして練っていきます。
c0166720_11562051.jpg


これを小分けにして、中にこしあんを入れます。
c0166720_1213598.jpg


こうしてできた団子を俵型にして、数枚のどんぐりの葉で隙間なく包み、い草で縛って固定します。
c0166720_122594.jpg

こうすることで、もちが空気に直接触れることがなくなるので傷みにくくなり、冷蔵庫の無かった昔なら涼しい井戸につるして保存し、数日間はちまきを食べて楽しんでいたそうです。

c0166720_1221778.jpg

この包む作業が一番難しく、初めはガタガタしたり、重心がうまく取れなかったりもしていましたが、何十個とこなしていくうちにプロのような仕上がりに!

c0166720_1222547.jpg

包んだ後のちまきは、ト○ロが持っていそうなかわいらしいものになりました。


c0166720_14191184.jpg

かしわ餅も合わせて作って、蒸籠に入れて外のかまどで蒸しあげます。
c0166720_14192115.jpg

c0166720_14193717.jpg


待ち時間には、東村保育所の子供たちがうたの発表をしてくださっているうちに、辺りにはだんだんと蒸し上がった良い香りが漂ってきました。
c0166720_15121987.jpg


そして、待ちに待った試食タイム!
c0166720_15132098.jpg


あんこがぎっしり詰まっているので、途中破裂したものもありました。
c0166720_15135446.jpg


c0166720_15141439.jpg

こちらは普通のかしわ餅。
c0166720_15142155.jpg

そしてこちらが、もち麦のちまきです。
それぞれに包んでいた葉の香りや、食感の違いや色の違いなど味わい深い風味がありました。


ここのところ、天候不良が続いていて気分も落ち込み気味でしたが、美味しいものをみんなで作って食べるというのはいい気分転換にもなったでしょうか?
次回のNたまの活動予定は秋の「やきいも交流会」です。お楽しみに。
[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-27 10:26 | 行事 | Comments(0)

梅雨の合間に

本日は梅雨の合間に晴天が広がっています。
18号館と33号館の間の斜面には、梅雨の時期に咲く「あじさい」がとても綺麗に咲いています。
c0166720_13173473.jpg

c0166720_13175019.jpg

c0166720_1318286.jpg

左側にある花も、実はあじさいです。

c0166720_1323677.jpg

明日からは再び天気がぐずつくみたいですが、
湿気や暑さに負けずに過ごしていきましょう!
[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-18 13:23 | おしらせ | Comments(0)

福山大学では毎年6月頃にマナーアップキャンペーンと題して、クリーンアップ・マナーアップ活動をしています。
2016年度は、6月13日~6月17日までの5日間実施されます。
c0166720_13595491.jpg


本日は、18号館周りの草ぬきやゴミ拾いをお昼休みに行った様子をご紹介します。

c0166720_13584866.jpg

小さな雑草は手で抜くことが出来ますが、しっかりと育ったものは剪定ばさみを使って取っていきます。
c0166720_13585886.jpg

18号館の入口横に置いてあるプランターの間にたまりやすい落ち葉もほうきを使って取っています。
c0166720_1433835.jpg

草抜きを頑張っている背中。

c0166720_147926.jpg

皆さんお疲れでした。皆さんのおかげで18号館の周辺がとても綺麗になりました!
ありがとうございました!
[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-15 14:09 | 行事 | Comments(0)

ブイヨン

毎週木曜午後、2年生の調理実習が行われています。

実習ではかつおだし、こんぶだしを始め、様々な出汁を使った調理を行います。
今回ご紹介するのはブイヨンです。

ブイヨンとはフランス語で「肉・骨・魚類などと香辛料・香味野菜などをいっしょにして長時間煮込んで作る煮出し汁」という意味があります。(デジタル大辞泉より)
材料をひたすら煮込んで取る出汁です。

まずは材料から。
c0166720_1444062.jpg

写真に写っているのは牛のすね肉、セロリ、にんじんですが、さらに玉ねぎ、パセリの茎、白コショウが入ります。
牛肉も、この倍量を使います。

まずは肉をコトコト煮込んでいきます。
c0166720_14452399.jpg

今回調理したのは約50人分。
写真の鍋2つでようやく半分です。
全部で鍋を4つ使用します。

灰汁を取りながら約1時間煮込んでいき、
c0166720_14462286.jpg

香味野菜であるセロリ、玉ねぎ、さらににんじんを加えます。
c0166720_14474651.jpg

ある程度煮たらパセリの茎、白コショウ(粒)、ローリエを加え、煮込んでいくと、はじめの量の約半分になっていきます。
c0166720_1448336.jpg


これを漉したらできあがりなのですが、量が多いのでまずは野菜を分けてから
c0166720_14492498.jpg

漉していきます。鍋2つ分(約9リットル)ができあがりました。
上の写真の野菜を引き上げる際に使っている道具はシノア(シノワ)と言って、スープを漉す際に使う物とのこと。まさに今回のようなときに使用します。
c0166720_1450271.jpg

ちなみに、たっぷりうまみが取られた材料たちですが
c0166720_1451957.jpg

すね肉が良い感じに軟らかくなっているので、料理とは別に、学生に煮て食べてもらうことになります。
バター醤油でおいしくお召し上がりになったとか。

所要時間は約3時間。
実習中に行うと間に合わないので、今回の調理は久保田助手が担当致しました。
たまたま調理実習室に用事があって調理工程を眺めていたのですが、良い香りがするのに食べられないもどかしさを感じました。

2年生の皆さん、できあがりはいかがでしたでしょうか。

c0166720_1174195.jpg

~ さいの目きり野菜入りコンソメ ~

[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-07 08:59 | 実験・実習・授業 | Comments(0)

第1回市民フォーラム

6月4日(土)に、平成28年度市民フォーラム「食と健康のライフサイエンス」の第1回目が、福山駅前の宮地茂記念館で行われました。雨の降る中、たくさんの方にご参加いただきました。
c0166720_11122424.jpg


第1回となる今回は、「スポーツ栄養で健康アップ」をテーマに、2名の講師が講演されました。

まず、株式会社わかさ生活の小林美緒さんより、「女子プロ野球選手における栄養指導の実例」の講演がありました。
c0166720_116074.jpg

c0166720_1174460.jpg


実際の食事調査や、それを基にした栄養指導などのお話を交えながら、スポーツ栄養についてお話されました。普段なかなか聞くことのできないプロ選手のお話を、皆さん熱心に聞いていました。

次に、福山平成大学福祉健康学部 健康スポーツ科学科 専任講師 高本健彦先生より、「健康運動について」の講演がありました。
c0166720_1193513.jpg


運動と健康について、グラフや資料を用いながら分かりやすく説明していました。途中の運動強度のお話では、どの程度の速さなのか、実際に前で歩いて見せていました。

講演後には、質疑応答が活発に行われました。
c0166720_11103721.jpg




最後に、この講演会の陰でとてもよく働いてくれた受付の皆さん、お疲れさまでした。
c0166720_1114445.jpg

c0166720_1115463.jpg


第2回市民フォーラムは、11月12日(土)14時より、「米と小麦のおいしい話」をテーマに開催されます。
皆様、ぜひお越しください。
[PR]
by seimei-eiyou | 2016-06-06 11:18 | 行事 | Comments(0)