健康増進キャンペーン

2/25~3/1の5日間、献血者健康増進事業の健康増進キャンペーンとして、生命栄養科学科の2,3年生の有志がボランティア活動を行っています。今回は実施している内容についてお伝えします。
c0166720_17312882.jpg
昨年度に引き続き、今年度も献血ルーム「ばら」にて実施となりました。
昨年に実施したことで、認知度が上がり、この健康増進キャンペーンを目当てに来てくださる方もいらっしゃったそうです。
実施している内容としては、「血管年齢測定器による動脈硬化の進行度がわかる」、「骨ウェーブによる骨の健康度がわかる」の2つを実施しています。
c0166720_17394003.jpg
c0166720_17394756.jpg
測定後には、本学科の学生ボランティアがその結果を元に生活習慣などで気を付けたいことなどについてお話します。
実際の様子がこちらです。
c0166720_18120276.jpg
c0166720_18114396.jpg
c0166720_18085840.jpg
今回使用させていただいている血管年齢測定器では、70点以上が最も良い評価で、老化進行度が遅く、血管が平均より著しく弾力性に富んでいるとの評価となります。
血管年齢が今までで最高得点だった方が快く写真掲載に承諾してくださいましたので、学生と一緒に撮影させていただきました。ちなみに得点は70点でした!
c0166720_18151858.jpg

明日は健康増進キャンペーン実施最終日となりますので、ぜひご参加していただければと思います。
c0166720_18171998.jpg


[PR]
by seimei-eiyou | 2017-02-28 18:22 | 行事 | Comments(0)

生命栄養科学科1年生8名による「スパゲッティメニュー開発」の料理づくりが、先週、2月15日水曜日の午後に行われました。
これは、島根県雲南市の奥出雲葡萄園のワイナリー・レストランで提供する「スパゲッティ料理」のレシピ作りを生命栄養科学科の学生がお手伝いする企画です。地元の食品企業に食材を提供していただき、雲南市の特産品を取り入れたレシピをみんなで考えました。食材を提供していただいた会社の一つには、生物工学科の卒業生が5代目の社長を務めている老舗の蕎麦麺の会社もあります。

先ずは、雲南市の特産物を取り入れたスパゲッティ料理、そしてそれに合う副菜(スープを含む2品)、デザートのメニューを考えます。その中から8名(9メニュー)が選ばれ、調理・試食を行うことになりました。
当日は、依頼された雲南市の会社の方が調理の様子を見学に来てくださいました。また、福山リビング新聞社の方が取材に来られました。

2時間で全てのメニューを仕上げることを目標に、調理をスタートしました。以下は、その時の調理の様子を掲載しています。

c0166720_14595112.jpg

c0166720_150870.jpg

c0166720_150186.jpg

c0166720_1502533.jpg


調理用の帽子とマスクで、写真では表情が見えませんが、とても真剣な表情でした。
後期の授業において、調理実習を履修したばかりなので、調理器具の扱いも丁寧・スムーズで、手際良く調理を進めていきました。
ほぼ目標の15:00頃には、9種類のメニューが出来上がりました。

c0166720_150367.jpg


どのスパゲッティ、副菜、デザートもアイディアに満ちたものであり、とてもおいしそうでした。参加した学生たちも、他の学生が作った料理に興味津々の様子でした。

出来上がった料理は、写真撮影後、全員で試食となりました。先生方、食材を提供してくださった会社の方、取材に来られた新聞社の方にも食べていただきました。若い学生の発想にお褒めの言葉をいただきました。
課題に取り組み、発想力を展開させた今回のイベントは、これからの学生生活の上で貴重な体験になったことでしょう。これからも、何事にも真剣に取り組む姿勢を忘れないようにしていって欲しいものです。

 今回、本学学生が考案したメニューは、プロ・シェフの手を経て、島根県雲南市の奥出雲葡萄園のワイナリー内で提供される予定です。詳しい日程・内容については、決定次第、こちらのブログでお知らせします。
[PR]
by seimei-eiyou | 2017-02-22 10:44 | Comments(0)

平成28年度 年度末行事

2月15日(水)に、平成28年度の年度末行事として、今年度でご退職される赤木教授とのお別れ会を行いました。

c0166720_12142225.jpg

司会は、久保田みどり先生です。

c0166720_12145419.jpg

お部屋に入って来られる赤木先生を、全員で、拍手でお迎えします。
例年は、黒板に貼り紙をしていましたが、今年度は久保田先生のアイデアで、パワーポイントを映すことにしました。
赤木先生のご担当の医学分野に合わせた、ユニークなスライドとなっていました。写真ではわかりづらくなってしまい、残念です。

まず、学生の代表として、赤木先生の研究室に所属する4名から、お礼の言葉と、花束をお渡ししました。
c0166720_1215514.jpg

c0166720_12153784.jpg

c0166720_1216021.jpg



そして、赤木先生よりご挨拶がありました。
c0166720_12161284.jpg

時折冗談を交え、学生の笑いを誘いながら、お話していただきました。
また、学生へのエールもいただきました。

c0166720_12163417.jpg

学生さんたちも、赤木先生のお言葉を真剣に、しっかりと聞いていました。

最後に、お菓子とジュースを配り、茶話会を行いました。
たくさんの学生が赤木先生とお話したり、写真を撮ったりしていました。

赤木先生、3年間、大変お世話になりました。ありがとうございました。
今後のご活躍をお祈りいたします。
[PR]
by seimei-eiyou | 2017-02-20 12:11 | Comments(0)