ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

管理栄養士国家試験対策教材

高校生に大学入試があるように、管理栄養士養成施設は国家試験対策を避けて通ることはできません。 本学科の1期生は現在2年生なので、最初の国家試験まで残りほぼ2年2ヶ月となりました。 後期の授業は1月末で終わり、2月になると定期試験があります。 これが終わって春休みに入る頃から、徐々に国家試験対策を進めなくてはなりません。

ということで、本屋さんから管理栄養士国家試験対策本を取り寄せて教材研究です。 他にもたくさんあると思いますが、主だったところだけで20冊ほどありました。 これらの本を眺めてみると、ほぼ3つのカテゴリーに分類できると思います。 
c0166720_2020024.jpg
まず最初に、過去の試験問題を参考に国家試験のポイントをしっかり解説する本で、試験までまだ時間がある頃からじっくりと勉強できるようになっています。 本の性質上、大型本が多くなります。 次は国家試験過去問集です。 なるべく多くの問題にあたることにより、実力の涵養と弱点の克服をする反復練習のための本です。 解説は控えめでコンパクトにまとめられています。 最後は、試験直前に重点ポイントだけを集中的におさらいするための本です。 試験場に持ち込んで、最後の1分まで粘って読むことを想定しており、小型本になっています。 これらの本の中から自分にあったものを組み合わせて勉強すればいいでしょう。 

大学受験だと、理系、文系から始まり、志望する分野や国公立型、私立型などをあらかじめ決める必要があります。 それもこれも各大学や学部学科によって試験科目や試験日、難易度、出題傾向など千差万別、てんでバラバラで、ある程度志願先を絞っていかないと対策の立てようがありません。 それに比べると管理栄養士国家試験は、出題範囲が広くて大変だと思う反面、試験日や出題科目、出題範囲が決まっているので、試験対策は楽だと思います。 

PS それにしても、よくこんなにたくさんの教材が出版されているものです。 自分で計画的に勉強すれば教員の出番は無いかも? 管理栄養士は、まず自己管理から。
[PR]
by seimei-eiyou | 2010-01-20 20:21 | その他