ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

1週間 食べたもの絵日記

福山大学生命栄養科学科では、AO入試、指定校入試で入学予定の皆さんに、入学前教育としていくつかの課題をお願いしています(他の学部、学科も同じです)。 

AO入試や指定校入試で入学が決まってしまうと、大学入学まで半年間ほど自由な時間ができ、ついつい遊んでしまいがちです。 この貴重な時間にしっかり復習をしておかないと、大学に入学してから困ったことになります。 特に、化学。 そして英語。 

「管理栄養士さんに化学は必要なの?」って思われる方も多いんじゃないでしょうか。 必要なんですよ、化学が。 食を物質としてとらえると、食物は蛋白質、糖質、脂質などの化学物質でできています。 これらが体に対してどんな影響があるのか、体の中でどのように変化していくのかわからないようでは、管理栄養士として失格かもしれません。 生化学や生理学、食品化学など、化学と関連が深い科目は目白押しですので、ぜひ入学までに化学の基礎を修得しておいてください。 

ちょっと話が化学にそれました。 今日の話題は「1週間 食べたもの絵日記」でした。 入学前教育課題の1月分は、1週間、自分が食べたものを全て絵や写真で記録して、絵日記を書きましょうというものでした。 普段何気なく食べているものを写真に撮って(またはスケッチして)まとめてみると、自分がどんな食生活をしているのかよくわかります。 

c0166720_18114725.jpg
写真は4人分の方の絵日記です。 特に明確なフォーマットを決めなかったので、パソコンでとてもきれいに仕上げている人、色鉛筆でスケッチした人、使わなくなったノートに鉛筆で殴り書きしている人と様々です。 全体的に見ると、結構力作が集まり、いい意味で期待を裏切られました。 

記録されている料理を見ると、皆さん彩りやバランスがよく考えられていて、さすが管理栄養士を目指すだけのことはあるなとびっくりしました。 一方、毎日本当にこんなに手の込んだ、品数の多い食事をしているのだろうか? 管理栄養士さんに提出する課題なので、ご家族の方にかなりご負担をかけたんじゃないかと心配になってきました。 食事バランスの取れた1週間のあとに、単品料理主体の(焼きそばだけとか)単調な1週間が来ないことを切に祈ります(そんな極端なことはないか)。

ということで、提出していただいた「食べたもの絵日記」は、本学科のベテランまたは新進気鋭の管理栄養士にコメントを書いていただき、2月中に発送しようと思っています。 もしAOおよび指定校入学予定者の方がこのブログをお読みでしたら、どうぞ楽しみにしておいてください。 また、2月分の課題も遅れないようにご提出ください。
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-02-08 18:04 | 実験・実習・授業