ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

カット カット

野菜と言えば・・・

最近野菜、高くないですか? 私は1週間に1回しか買い物に行かないので確かなことは言えませんが、最近野菜が高く、しかも小さく、質が悪い気がします。

これは夏から秋へと季節、産地の切り替え時期に加え、台風などの被害のせいでしょうか? 特に、葉物野菜。 これがホントの葉境期?
c0166720_17583326.jpg

うちではほぼ使いませんが、こういうときには加工野菜が便利そうです。 たまたま見ていると、日経トレンディーにカット野菜の記事がありました。 この記事によると、カット野菜をもっとも使うのは40代の主婦、次いで20代女性、さらに20代男性だそうです。 ほとんど使わないのは60歳以上で、うちは高齢家庭?

ちょっとびっくりしたのは、カット野菜にもいろいろな種類があることです。 サラダ用千切りキャベツとかは普通ですが、トッピング専用の彩り野菜とか、サラダの見た目を良くするのに便利です。 電子レンジでできる蒸し野菜も、一人暮らしだったら買ってみると思います。

雪国まいたけさんのキノコと国産野菜の組み合わせ、というのも売れているそうです。 キノコには、安全、健康によい、というイメージがあるそうで、90%が好きだとか。 私の子供の頃には、シイタケが嫌いという子が多かった。 品種とともに、イメージも変遷しているのですね。 

いずれも、多くの種類の野菜(やキノコ)を手間をかけずに食べたいというニーズに合っているのだと思います。 私の様に、1食で生のゴーヤを1本食べるという(苦行のような)人はマイナーな存在!
[PR]
by seimei-eiyou | 2011-09-16 17:59 | その他 | Comments(0)