人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

メロンパンとロシアンルーレット

本日は前期授業最終日です。
明日からテスト週間を迎え、また本学科主催の「第2回高校生どんぶり選手権」が行われます。
どんぶり選手権では、調理室を使い慣れた頼もしい4年生が調理器具を探したり、調理後の片付けをお手伝いしたりしますので、参加の高校生の方々は安心していらしてください!

さて、臨地実習出発式も終えた3年生が最後に行う実験・実習が食品工学実験です。

こちらはテスト直前の本日までが実験期間で、前半が調理実習パート、後半が実験パートの二部構成です。

ご紹介するのはメロンパンの回です。
ただパンを作るのではなく、ホイロ(最終発酵)の前後でどのくらい膨張するのか、焼くとどのくらい大きくなるのか、という実験を踏まえながら行います。
c0166720_106161.jpg

パン生地と上に乗せるクッキー生地との2種類の生地を作る少し難易度の高いパンですが、2年生の実験でも一度パンを作ったことがありますので、学生の手つきも慣れたものです。
c0166720_1061030.jpg

今回はメロンパンの生地を多めに作り、自分たちの好きな具を入れる創作パンも作ってもらいました。
c0166720_1061834.jpg

この前の回でレトルトパウチを使用したあずきを作っていたので、それを使ったあんパンを作る班が多かったです。

そんな中、いろんな色の具を混ぜる班がありました。
c0166720_106261.jpg

左上:カスタードクリーム 右上:卵のマヨネーズ和え
左下:豆板醤+辛子 右下:あずき

お気づきの方もいらっしゃいますでしょうが、ロシアンルーレットパンを作成しておりました。
アウトはもちろん豆板醤+辛子です。
とても鮮やかな色味をしております。
c0166720_1063694.jpg

こちらは焼く前の写真ですが、焼き上げるとほとんど違いがわかりませんでした。
3年生の勇気ある7名が挑戦。
c0166720_1064881.jpg

一斉にほおばります。
c0166720_1065710.jpg

見事当たってしまった学生さん。
やはり豆板醤と辛子の組み合わせは刺激が強すぎたようです。
辛い辛いと言ったパンを平気で食べる、とある学生さんもいました。
c0166720_1072066.jpg

多種多様な味を楽しめると言うことは、いろんな味の献立を作ってくれるのではないでしょうか。

そしてこちら。
c0166720_107289.gif

「これ撮らないと損するよ!」と呼ばれて写真をぱちり。
生地を丸めて目と鼻と口とを作ったようでかなりの力作。
もちろん中身はあんこです。
もう1班同じキャラクターを作っていたのですが、残念ながらそちらのできあがり写真は撮りそびれました。
来年はもしかするとカレーの入ったパンができるかもしれません。
by seimei-eiyou | 2012-07-24 10:20 | 実験・実習・授業