ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

調理学実験

今行われている、2年生の調理学実験の様子を少しご紹介します。

昨日は、紫キャベツに含まれている色素「アントシアン」の性質について実験しました。
c0166720_9475726.jpg

アントシアンは酸性では赤、中性では紫色、アルカリ性では青色や緑色に変化します。
アルカリ性にするには、重曹(ふくらし粉)を使っています。
このあたりの色素の色の変化はよく管理栄養士国家試験に出るポイントです(確か昨年度も出たような?)。
こうやって実験すると、体感することができて印象に残りますね。

それにしても鮮やかな色の変化ですね~。
c0166720_9485131.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2013-11-14 09:49 | 実験・実習・授業