ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

生命栄養科学科 近藤寛子 助教 日本家政学会中国・四国支部賞を受賞!

この度、本学科の近藤寛子助教が、日本家政学会中国・四国支部賞を受賞しました!

その件を学長に報告するために賞状を持って学長室を訪問しました。

c0166720_09392131.jpg

松田学長に研究内容を説明する様子


この度の受賞は、平成28年度の日本家政学会誌に投稿した論文が、家政学研究の発展に寄与したと認められ、受賞されました。受賞した論文のタイトルは「圧力移動凍結した3種類のカスタードクリームのレオロジー,氷結晶,官能評価」です。それでは、受賞した近藤助教から喜びのコメントと受賞内容の説明です。

*****

生命栄養科学科の近藤です。101日に日本家政学会中国・四国支部大会にて支部賞を受賞しました。

受賞論文について、簡単に紹介します。カスタードクリームは冷凍すると、解凍後の品質が悪くなる欠点があります。この欠点を改善するための凍結方法として、圧力移動凍結があります。

通常の凍結は大気圧下で行なわれるため, 食品中の水分が凍結したときに氷結晶が大きくなり、ゲルや組織破壊の原因となります。一方, 高い圧力をかけると、0℃以下でも凍らない不凍域 (液相) が存在します。これを利用して、圧力をかけた後に冷却し, この不凍域に食品を保持した後、急速に圧力解除すると急速凍結し、細かい氷結晶ができます。これにより、解凍後の品質劣化を防ぐことができます。特にタピオカを使ったカスタードクリームが、解凍後の品質が良いことが分かりました。


c0166720_09391504.jpg

賞状


このような栄誉ある賞を頂くことが出来たのも、学部生時代から指導下さった渕上前学科長をはじめ、周りの方々の助けがあってのことです。これからも賞の名に恥じぬよう頑張って行きたいと思います。

c0166720_09372072.jpg

最後に学長と学科長と一緒に一枚


[PR]
by seimei-eiyou | 2017-11-29 09:46 | おしらせ | Comments(0)