ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

沖縄のブログの続き Part 4

沖縄の食事情についてレポートすると書いて、少し日があいてしまいました。 

c0166720_130144.jpg
まず沖縄の食事情を調査するため、市場に出かけました。 テレビなどで有名な第一牧志公設市場です。 写真は、国際通りのOPA横を曲がった市場中央通りの風景です。 この商店街はアーケードがあり、国際通りに近い所は完全に観光客向けで、奥に行くほど地元の人向けの店が並んでいます。

c0166720_1302566.jpg
観光客向けのお土産店の店頭です。 色々な物が所狭しとごちゃごちゃ並べられています。 なぜだかこのような風景に惹かれます。 皆さんはいかがでしょうか?

c0166720_1303813.jpg
市場に入ったところです。 天気が悪いのに(悪いから?)、人でいっぱいです。

c0166720_1305476.jpg
沖縄特産?のマニアックな商品が、こちらも所狭しと並べられています。 何となく秋葉原の部品屋さんの雰囲気です。

c0166720_131874.jpg
海ブドウと、もずくと、サーターアンダギーと、ドラゴンフルーツが売られています。 海ブドウがぐるぐる回っている水槽が目に付きますが、売られている物がバラバラなのにそれほど違和感を感じません。 

c0166720_1312297.jpg
うりずん豆(四角豆)1パック100円です。 うりずん豆はマメ科のツル性植物。 切るとバンザイをしている人のような切り口になります(若いサヤを食べる)。 沖縄の夏の野菜不足を補うために1980年代に旧農林水産省熱帯農業研究センター(現、国際農林水産業研究センター) によって研究され奨励されました。 沖縄では四角豆の事を"ウリズン"と呼びますが、これはその時に開発された品種の名前です。 害虫が付きにくく無農薬で育てられます。完熟した豆、花、またイモ(細いさつま芋状)も食用になります(食材事典から)。

c0166720_1313670.jpg
お肉屋さんの前です。 しまぶたを使った商品が並んでいます。 

c0166720_1314865.jpg
豚の顔です。 

c0166720_132314.jpg
こちらも豚の顔です。 どことなく江守徹さんに似ています。

c0166720_1322312.jpg
こちら豚足です。 ハエがたかっています。

c0166720_1323533.jpg
こちらはびーびーで、豚の内臓です。 沖縄の人は、「豚は、鳴き声以外なら何でも食べられる」と言います。

c0166720_1373774.jpg
魚介類も豊富です。 こちらではあまり見なれない、変わった魚が一斉にこちらを向いています。 訴えるような目というのは、こういう目を言うのでしょうか。

c0166720_1325986.jpg
こちらは(お笑いではなく、魚の)ハリセンボンです。 針と皮を剥いでしまうと、哀れなものです。 ご覧になっておわかりのように、アンコウのようなヌルヌルした感じです。 食べると油が多く、あまり美味しくないと言ってました(人それぞれですが)。

c0166720_1331061.jpg
味はこちらのイラブチャーの方が、あっさりしていて美味しいそうです(青いので、ちょっと抵抗があるかも知れませんが)。 無人島生活で、よゐこの濱口が、これと似た魚を捕っていたような。 大きい魚です。

c0166720_1332333.jpg
こちらのエビも大きいです。 上の方、マングローブにいるノコギリガザミがいます。 アマゾンのマングローブのドロにいるドロガニ(カランゲージョ)は向こうでたくさん食べましたが、これは絶品でした。

c0166720_1333958.jpg
刺身も豊富です。 観光客はこんなもの買ってどうするんだろうと思っていたら、2階が食堂になっていて、1階の市場で買った物を料理してくれるそうです。 2階に上がってみると、昔懐かしい昭和の食堂街です。 お店は何軒かありますが、ガイドブックで紹介されているお店(道頓堀など: でもどうして道頓堀なんだろう?)は大にぎわいな一方、客が1人も入っていない店もあり、どこに要因があるのか興味があります。

次はお肉屋のお母さんに紹介して頂いた食堂のレポートをします。 by iwa
[PR]
Commented by 食品4期 at 2008-09-26 22:15 x
市場でよく写真撮れましたねぇ。
私は4月に那覇に行ったのですが、市場の写真を撮る勇気がありませんでした(でも何枚かは撮りましたが)。
2階の食堂、雰囲気があっていいですねー。でも、本当になぜ「道頓堀」なんだろう、と思いましたが。
商店街の「蜂の展示」は見られましたか?
by seimei-eiyou | 2008-09-26 13:08 | その他 | Comments(1)