人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

2010年 11月 23日 ( 1 )

誠之


東京から帰ってくると、生命工学部のトイレはすべて復旧していました。 さすがに便利です。 便利、不便とはこういう所に由来するのかと、ハタと膝を打ちました。

c0166720_20483488.jpg
さて東京には何も用を足しに行ったわけではなく、用事があったので出向いた次第です。 小さな学会、講演会、シンポジウムに参加、発表するためです。 写真は会場の東京大学本郷キャンパスです。 銀杏の見頃にはもう少しでしたが、それでも色づくキャンパスを十分堪能できました(正面は安田講堂です)。 

c0166720_20484915.jpg
こちらは会場の1つである山上会館です。 本郷キャンパスのほぼ中央、三四郎池の横にあった山上会議所跡地に建てられたのだそうです。 本郷キャンパスは今年春、夏に続いて3度目で、1年間に同じ場所で何度も発表するのは珍しい。

c0166720_2050465.jpg
こちらはもう一つの会場である理学部1号館前です。 建物入り口にはドトールコーヒーがあり、ちょっとカロリー補給。 それにしても、東大キャンパスにはいったいいくつのレストラン、カフェがあるのでしょう? こちらを見ると、20以上はありそうです。 ちょっとうらやましい。 

c0166720_20505156.jpg
理学部1号館には小柴ホールが有り、ノーベル賞のメダルが飾ってあります。 本物でしょうか。 写真はメダルの裏面で、自然の女神のベールを科学の神が持ち上げているところだそうです。 科学による自然の探求ですね。 この図柄は、化学賞と物理学賞の物で、他の賞はデザインが違うとのことです。 

c0166720_2051567.jpg
ホールには、記者会見(発表)用だと思われる理学部の背景が常設されています。 

さて、ここからちょっと福山に関連するお話です。 弥生キャンパスの農正門を出て本郷通りを渡り、旧白山街道を早足で5分ほど進むと左手に降りる下り坂があります。 この坂の名を「胸突坂」と言います。 この坂を下ったところにプレートがあり、「胸突坂」の由来が述べられています。 

c0166720_20512535.jpg
その最後に、「この坂のすぐ南の旧西片町一帯は、旧福山藩の中屋敷跡で「誠之館」と名付けた江戸の藩校があったところである」と書かれています。 なるほど、旧福山藩の江戸屋敷はここにあったのかと感慨深い物がありました。 その一帯は、現在ではほぼ住宅地になっており、小学校が1つ建っています。 この小学校、文京区立誠之小学校といいます。

さて肝腎の「胸突坂」ですが、胸を突くほど急でも何でもなく、あっけなく通り過ぎてしまいます。



 
by seimei-eiyou | 2010-11-23 20:55 | その他