人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

2011年 03月 02日 ( 1 )

ゆらゆら

料理はあまりできませんが、キッチン用品を見るのは大好きです。 都会に行くとよく見ます。 いい年をしたオヤジがキッチン用品を物色している様は、周りから見ると奇妙でしょう。

ヨーロッパのスタイリッシュなキッチン用品もいいし、日本の伝統的な仕事にも心を惹かれます。 それに加えて、日本ではたくさんのアイデア小物が売られており、見ているだけで楽しい。 例えば、ナイフやフォークの業者が集積した新潟県燕市の「曙産業」さん。 この会社が作っている「スイングしゃもじ」はぜひ買ってみたい商品です。

しゃもじって、置き方がビミョーです。 炊飯器のしゃもじ懸けに懸けると、何かの弾みで外れて机の上にご飯粒がべたーっとつきます。 自立式のしゃもじもありますが、こちらはバランスがチョービミョーです。 その点このスイングしゃもじは、起き上がり小坊師の原理を利用して、どんな風に置いてもヌラヌラと立ち上がって来るのだそうです。

色も6色から選べます(本当は、もっと色数を増やしてカラフル展開していいただきたいところです)。 値段は1本800円と、ややビミョーですが、買えない金額ではありません。 本当は12色ぐらいいっぺんに買って、栄養学科のオブジェとして飾りたい所です。 人の動きや風の流れを感知して、ゆらゆら揺れるしゃもじを見ていると、きっと癒されます。

「生命栄養科学科に入学されたみなさんには、いまならもれなくスイングしゃもじが付いてくる!」というキャンペーンをやると、入学生がもっと増えないかな? 「倒れそうで、倒れない!」、「どんな体勢からでも、しっかり起き上がってくる!」というのは、大学には(大学に限りませんが)ぴったりの性根です。 こんな事を書くと、また文書課S氏から苦情が来るはず。
c0166720_13155532.jpg

by seimei-eiyou | 2011-03-02 12:56 | その他