ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

2011年 10月 04日 ( 1 )

ノーベル医学・生理学賞

昨日のノーベル医学・生理学賞では、大阪大学の審良静男先生が受賞されなくて残念でした。

先日の日本生化学会大会の4日目でも特別講演をされていましたので、今年はそういう年回りなのかなと、漠然と思っていました(ノーベル賞は毎年分野を決めて、受賞者を発表しています)。 

分野という点ではズバリそういう年回りで、受賞分野は審良先生の専門である免疫学でした。 審良先生は自然免疫の世界的権威で、ノーベル賞間違いなしと言われていましたので、阪大関係者はさぞがっかりされたことと思います。 もし受賞されていたら阪大初でした。

一方ドラマティックだったのは、受賞者のお一人で、樹状細胞の発見者であるロックフェラー大学のスタインマン博士が、発表3日前に亡くなっていたことです。 ノーベル賞は、1回に3人まで。 物故者には贈らないと決まっていますので、もし・・・ という話にもなります。 

アメリカ人はよく、”Good news, bad news"というジョークを言います。 例えば、「グッドニュース、掃除をしていたら当たりの宝くじを見つけた! バッドニュース、でもその宝くじは引き替え期間が過ぎていた。」みたいな。 「そういった所が、父らしい。」とは、スタインマン博士の娘さんの言葉です。

スタインマン博士はノーベル賞に相応しい研究者とのことですし、審良先生の研究業績もこれで変わることはありません。 免疫学は、これまで何度も受賞歴のある分野ですし(日本人唯一の医学・生理学賞受賞者である利根川先生も免疫学)、これからももちろんノーベル賞が生まれるでしょう。 

c0166720_14322491.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2011-10-04 12:58 | その他