ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

カテゴリ:行事( 378 )

平成29年度 卒業式

3月20日、生命栄養科学科から第7期生が卒業しました。
例年、卒業式と同時期に管理栄養士国家試験がありましたが、今年から試験日程が早まり、落ち着いた気持ちで本日を迎えることができたのではないでしょうか。

まずは、大学会館にて、大学・大学院全体での式に出席します。
入口ではふくりんちゃんのお出迎え!
c0166720_22164999.jpg

18号館に移動し、学科にて学位記授与式を行います。
黄色基調の素敵な生け花は石井教授が生けて下さいました。
c0166720_22171964.jpg
c0166720_22184586.jpg
視線を感じます…。

菊田学科長より一人ひとりに学位記が授与されます。
c0166720_22185497.jpg

続いて、表彰です。
本年度は、総代表彰をはじめ、4名の学生が表彰されました。
c0166720_22165555.jpg
総代表彰
記念品のメダルをかける際に髪飾りに引っ掛かり、思わず笑みが…

c0166720_22165535.jpg
全国栄養士養成施設協会会長表彰状授与

c0166720_22165525.jpg
日本化学会中国四国支部支部長賞授与

c0166720_22165678.jpg
日本フードスペシャリスト協会表彰状・特別賞授与


続いて、菊田学科長より祝辞と最後のお説教を含めた激励のお言葉をいただきました。
叱って正してくれる存在がいるという事は、とてもありがたいことですね。
c0166720_22165645.jpg
c0166720_22165604.jpg

最後に、村上准教授作のムービー鑑賞です。
時折笑いがこぼれながら、長かったようで短かった4年間を振り返ります。
c0166720_22165669.jpg
式終了後は、生命栄養科学科の卒業生と教員で集合写真を撮り、友達や教員、後輩たちと自由に写真撮影をしました。
c0166720_22165637.jpg
後輩からブーケとプレゼントを貰いました!

昼食時は、大学会館にて祝賀会に参加します。
食事はオードブルです!
朝早くから袴の準備をしていた卒業生はお腹ペコペコでした。
c0166720_22165602.jpg
c0166720_22165671.jpg
みんなで乾杯!
歓談や写真撮影などであっという間の祝賀会でした。


夜には謝恩パーティーが行われました。
ビンゴゲーム、思い出ムービー、花束や記念品の贈呈など4年間に思いを馳せながら、楽しい時間を過ごしました。
c0166720_22191102.jpeg
幹事の皆さん、お疲れ様でした。
そして卒業生の皆さん、本当にありがとうございました!


さて、最後に一言です。

『未来を志向し、可能性に挑む』

これは福山大学の教育理念 三蔵五訓の一つです。
春から社会人として、困難もたくさんあると思いますが、新しい可能性に挑戦し続けて欲しいと思います。

ご卒業本当におめでとうございます!


[PR]
by seimei-eiyou | 2018-03-20 22:27 | 行事 | Comments(0)

春の見学会 開催!

オープンキャンパスといえば夏!という印象をお持ちの方が多いと思いますが、福山大学では春にも見学会を開催しています。
本年度は3月17日(土)に開催され、4月より新2、3年生になる高校生が参加してくださいました。

大学会館で受付、全体説明会の後、学部・学科ごとに会場へ移動します。
生命栄養科学科は、調理実習室が会場です。
c0166720_11335316.jpg

まずは井ノ内学部長よりご挨拶です。
c0166720_11335843.jpg

次に、中﨑助教より学科の説明が行われました。
c0166720_11340303.jpg

「栄養士・管理栄養士ってどんな職業?就職先は?」
「生命栄養科学科の授業ってどんなことをするの?」
「大学にかかるお金ってどのくらい?」
・・・などなど、たくさんの疑問をお持ちだと思います。そんな疑問にお答えできる説明が行われています。

続いて、学生生活について、学生より紹介がありました。
c0166720_11340920.jpg

こちらでは、実際に講義や実験実習を受講している学生目線での説明を聞くことができます。

一通りの説明が終了したところで、次は体験コーナーと施設見学です。
本日のメニューはこちら。

<体験コーナー>
・食育SATシステム
c0166720_11341429.jpg
フードモデルをお盆に乗せ、機械の上に乗せるだけで簡単に栄養バランスのチェックができます。普段の食事のチェックから、献立の組合せを考えるのにも使用できます。☆1~☆5で評価され、不足の栄養素も一目で分かります。

・体組成の測定
c0166720_11341850.jpg
体重、体脂肪、筋肉量、水分量など、家庭の体重計では測れない様々な体組成を測定することができます。健康への第一歩は、自分の身体を知ることから。

<施設見学>
・調理実習室
c0166720_11342490.jpg
その名の通り、調理実習を行う実習室です。生命栄養科学科では、1年次の後期と2年次の前期に調理実習があり、調理の基礎を学びます。

・臨床栄養学実習室
c0166720_11342971.jpg
この教室は講義と実習両方に利用され、腎臓や肝臓の模型や、治療に使用される調整食のサンプルが展示されています。

・給食経営管理実習室
c0166720_11343545.jpg
大量調理実習施設です。衛生管理のための構造は、給食施設や病院と同様になっており、大量調理特有の調理機器が置いてあります。実習では100食の調理を行い、隣接する実習食堂で喫食します。

<実験>
・寒天ゼリーを作ろう!
最後のメニューは実験です。本学科で実際に行われているものの1つで、寒天ゼリーの特性について学ぶ実験です。
まず、学生から実験手順の説明です。
c0166720_11344098.jpg
4種類のゼリーの作り方について聞いたところで、実験スタート。
材料を鍋に入れ加熱。
c0166720_11344597.jpg
寒天液をゼリー型に注ぎます。実験なので、重量はしっかり量ります。
c0166720_11345119.jpg
4種類のゼリーができました。
c0166720_11345710.jpg
ゼリーが固まるまでの間、近藤助教より実験の内容についてミニ講義が行われました。
c0166720_11350289.jpg
ミニ講義後は、固まったゼリーを観察。そして実食します。
透明度や甘さ、硬さなど、寒天と一緒に加える材料によってどう変化するのか、結果をしっかり記録していました。

以上で、春の見学会は終了しました。
学科の特色について知ってもらうため、オープンキャンパスではたくさんのメニューを用意してお待ちしております。また、教員や学生と直接お話のできる貴重な機会でもありますので、栄養学に興味のある方、進路を検討中の方は是非ご参加ください!(S.Y)

[PR]
by seimei-eiyou | 2018-03-19 12:04 | 行事 | Comments(0)

健康増進キャンペーン

2/24(土)~2/28(水)の5日間、献血者健康増進事業の健康増進キャンペーンとして、生命栄養科学科の23年生の有志がボランティア活動を行っています。今回は実施している内容についてお伝えします。

c0166720_19482404.jpg

昨年、一昨年度に続き、今年で3年目となったこのキャンペーンは、今年度も献血ルーム「ばら」にて実施となりました。

例年は血管年齢や骨の健康度を測定していましたが、今年度は「生活習慣病リスク測定」を行い、栄養成分・食品の改善アドバイスを行っています。

測定できる内容としては、「健康ナビゲーション」「美ナビゲーション」「ダイエットナビゲーション」の3種類です。この中からお好みのものを選択し、質問に回答すると、それぞれの人に合った栄養成分・食品の改善アドバイスの結果が出てきます。

c0166720_19491521.jpg

結果を元に、本学科の学生ボランティアが生活習慣にどのように生かしていくのか、気をつけておきたいことなどをお話します。

実際の様子がこちらです。

c0166720_19493353.jpg


普段から健康に気を遣っている方でも、自分の生活習慣を見直すきっかけになったと笑顔で言われている方もいらっしゃいました。


また、今回学生ボランティアはキャンペーンを始めさせていただく前に、日本赤十字社のホームページにも掲載されている小林麻耶さんのいのちの授業の動画を見させていただいていました。学生が実際に対応させていただくのは献血後休憩されている健康増進キャンペーンに参加された方ですが、献血についてより深く考える良いきっかけになったと思います。どなたでも見ることができますので、是非ご覧になってみてください。

c0166720_19562023.jpg


明日は健康増進キャンペーン実施最終日となりますので、是非ご参加していただければと思います。

c0166720_19504146.jpg
c0166720_19574839.jpg


[PR]
by seimei-eiyou | 2018-02-27 19:59 | 行事 | Comments(0)

平成29年度 年度末行事

2月22日(木)、生命栄養科学科の年度末行事として石﨑教授、髙橋准教授の送別会が行われました。

c0166720_16422183.jpg
c0166720_16423789.jpg
司会は中﨑助教です。



まず、菊田学科長より開会のご挨拶と、退職される先生方のご略歴の紹介がありました。
c0166720_16431307.jpg
生命栄養科学科が設立されて10年。石﨑教授は、学科の立ち上げに携わった一人であり、栄養教育、栄養教諭、学科主任など、学科を支える重要な先生です。学生への助力は惜しまず、しかし正すべき時にはしっかりと学生を導いてくださいました。
髙橋先生は、以前は保健所栄養士としてご活躍されており、現在は公衆栄養学の分野をご担当されています。その優しさと包容力から、学生からはお母さんのような存在と慕われていました。



先生方に、学生から感謝の言葉と、花束が贈られました。
c0166720_16433255.jpg
c0166720_17050012.jpg
c0166720_16440122.jpg
c0166720_16441758.jpg

続いて、退職される先生方から、ご挨拶いただきました。

c0166720_16443192.jpg
「福山大学の学生は素直で良い子。だけど、最後まで頑張りぬく根気が大事。」とのお言葉。管理栄養士国家試験に向けては、やはり最後まであきらめずに努力し続けることが重要です。
また、広島を離れてもカープは応援し続けるとのことです。マツダスタジアムに行けばお会いできるかも?


c0166720_16444569.jpg
髙橋准教授は、ここでご退職ではありますが、次年度からは非常勤講師としてお世話になります。「ここにいる学生全員、管理栄養士の養成過程を頑張ってきた。全員に、国家試験に合格してほしい。」と、激励のお言葉をいただきました。



最後に、お菓子とジュースが配られ、送別会は終了となりました。が、閉会後も、たくさんの学生に囲まれていた先生方。しばらく写真撮影と歓談が続いていました。
c0166720_16450149.jpg



石﨑先生、髙橋先生、今まで大変お世話になりました!
今後の益々のご活躍とご健康を、心よりお祈り申し上げます。
                     (S.Y.)


[PR]
by seimei-eiyou | 2018-02-22 17:03 | 行事 | Comments(0)

卒業研究発表会を開催!

こんにちは。

216日に生命栄養科学科2017年度 卒業研究発表会が開催されましたのでその様子をお伝えします。

生命栄養科学科では3年生の冬に研究室配属があり、1年かけて研究を行い、卒業研究発表会ではその成果をみんなの前で発表します。

緊張感の漂う4年生の皆さんの様子です。

c0166720_16160342.jpg

1年間の成果を5分間の発表に詰め込んで発表しました。

c0166720_16173701.jpg

ポインターで指し示しながら丁寧に発表をし、練習の成果を発揮していました。

c0166720_16173033.jpg
c0166720_16175501.jpg



質疑応答にも、しっかりと自分の言葉で答えていることができていました。

c0166720_16174786.jpg

卒論の発表を無事終え、いよいよ来月には管理栄養士の国家試験が控えています。ラストスパートを頑張っていきましょう!


[PR]
by seimei-eiyou | 2018-02-16 16:21 | 行事 | Comments(0)

1月26日(金)、生命栄養科学科 渡邊 浩志教授の特別講義が行われましたので、その様子を写真とともに紹介します。

c0166720_09065518.png

最初に、菊田学科長より渡邊教授のご略歴の紹介がありました。
c0166720_09070096.jpg


渡邊教授は、大学の附属病院、県立・国立の病院、循環器病センター研究所等での勤務に加え、海上保安大学校練習船の医務官、国境なき医師団としてインドネシア派遣、リベリア派遣等の社会活動を経験されています。


今回の特別講義では、インドネシア派遣、リベリア派遣での体験をお話いただきました。



c0166720_09070536.jpg
c0166720_09070988.jpg
c0166720_09071832.jpg


派遣先での医療環境、実際に手術した症例の紹介、患者さんとの関わり等に加え、拠点(宿泊施設)の様子や文化・環境・インフラの違い、食べ物のお話、
滞在中に起こった災害について、被災地には報道で見える部分と見えない部分があること、一緒に活動したスタッフのこと。

c0166720_09072302.jpg
講義内容は、少々ショッキングな事例から、思わず笑いがこぼれるような日常のワンシーンまでと幅広く、学生も聞き入っていました。


延命のための治療で働けなくなることを危惧し、治療を拒否する患者がいること、国による考え方の違いから現場で心を病んでしまったスタッフの話から、

「日本で暮らせるだけで、幸せだ(日本人は、お金がすべてじゃない、て言える)」
「柔軟性が大事」

と、まとめられました。


最後に、演題「ちょっとリスクを取ってみました・・・」に合わせて、最近はリスクを避ける人が多いが、リスクを取って得られるものも大きいと、学生に向けてのお言葉をいただきました。


講義後は、質疑応答が行われました。
c0166720_09073069.jpg
c0166720_09073419.jpg


さて、そんな貴重な体験をお話しくださった渡邊教授ですが、3月をもちましてご退任されます。
感謝の気持ちを込めて、学生から花束が贈られました。
c0166720_09073980.jpg

渡邊教授、貴重なお話をありがとうございました!
今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。
c0166720_09074380.jpg

(S.Y)

[PR]
by seimei-eiyou | 2018-01-29 09:24 | 行事 | Comments(0)

H29年度 臨地実習報告会

12月5日(火)に、臨地実習報告会が行われました。
c0166720_18121293.jpg
臨地実習とは学外実習のことで、管理栄養士・栄養士が実際に働く「病院、老人保健施設、小学校、給食を扱う事業所、保健所」の現場に行き、学生がその業務の一部を体験・学習させていただくものです。
それぞれ、1~2週間の期間で、学生自身が考えた課題を持って実習にあたります。
今まで学内の実習で体験・学習してきたことだけでは身につけられない、コミュニケーション能力や問題解決能力など、多くのものを習得できるように自発的に行動しなければなりません。

まずは、菊田学科長より臨地実習を終えられたことへの慰労と、これから始まる発表を期待しています、との挨拶がありました。

発表形式は、パワーポイントを用いたスライドでの口頭発表になります。
c0166720_18420330.jpg
c0166720_18420884.jpg
c0166720_18421228.jpg
1グループ5分の発表で、数題まとめて最後に質疑応答を行いました。

今まで学内実習で発表したことがある学生達も、ここまで大人数の前で発表したことは初めてだったため、皆さんとても緊張した面持ちで発表していました。

質疑応答時には、今まで発表してきた全員が表に立ち、質疑に対して返答をしました。
c0166720_18302483.jpg
c0166720_18421562.jpg
最後に、実習生の代表が事前の学内の諸先生方のご指導により、無事実習を終えることができました。また、実習先の管理栄養士の先生方をはじめ、多くの方々にお世話になりました、と挨拶をして報告会は終了しました。
c0166720_18351552.jpg
実習生の皆さん、大きな山であった臨地実習を無事に終え、やっと一息つけたことと思います。
ですが、1日明けた今日からは、研究室での卒業研究や、国家試験対策、就職活動と新たな山が皆さんを待っています。臨地実習で学んだ多くのことを生かして、これからの学生生活を充実させてください。


[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-06 18:43 | 行事 | Comments(0)

 12月2日(土)に本学調理実習室にて生活習慣病予防の減塩料理講座が開かれました。講師は、福山市食生活改善推進員の皆さん、福山市保健所健康推進課の方々です。1年生が減塩の基本やポイント・作り方などを教わりました。「朝食を食べよう」「減塩に務めよう」「適正体重を維持しよう」の3つのテーマでお話をして下さいました。
c0166720_1891272.jpg

c0166720_18395724.jpg
野菜不足防ぐには野菜をどれだけ食べたらいいか、まず全体量も知っておかなければなりません。


 広島県の野菜摂取量は、男女とも280g程度で基準量にはもう一息というところ。若い人も野菜を食べましょうと強くお話されていました。
c0166720_18114661.jpg
食塩の摂取量も実際の塩を見せてもらうと、多いのに驚きますね。
   
c0166720_1855742.jpg


 血抜きなど手間の掛かるレバーを使った料理でしたが、下処理の仕方や扱い方を丁寧に教えていただき、美味しい料理に仕上げることができました。

c0166720_1862580.jpg
減塩食を美味しく作るコツは、お出しをしっかり取って、うま味を活かすことにあります。今日は煮干しと昆布で濃厚なだしで豚汁を作りました。

c0166720_18143526.jpg
今日の献立は、ご飯、鶏肉とレバーのごまからめ、やさいDEきな粉、はりはり漬け、豚汁、ローズアップルパイの6品作りました。
c0166720_18354330.jpg
 初めての料理を食べる学生も結構いましたね。食推員の方々と和気あいあい試食しました。
c0166720_18202089.jpg
最後に参加者全員で記念写真を撮って終了。ごちそうさまでした。     (I.K)
[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-02 17:47 | 行事 | Comments(0)

Nたま@第43回三蔵祭

今回は、Nたま学生メンバーの4年次生が学祭当日の活動の様子をレポートします!


10月28日(土)、29日(日)は三蔵祭でした!
今年度のNたまの模擬店は、「焼き芋」と「豚汁」を出店しました。
焼き芋で使用したさつまいもは、東村町の誠会の方から提供していただいた「紅はるか」!
文化祭前日にみんなで一つ一つ手洗いしました。

c0166720_11571444.jpg

c0166720_11571751.jpg



今年は二日間とも台風の影響であいにくの雨でしたが、
肌寒かったのであたたかい焼き芋と豚汁を買ってくださる方が多くいらっしゃり、無事完売することが出来ました!

c0166720_11571994.jpg

c0166720_11572138.jpg

さつまいもを提供してくださった東村町の誠会の皆様をはじめ関係者の皆様、生命栄養科学科の有志の学生、先生方、
そして購入してくださいました皆様ありがとうございました!!


c0166720_11572324.jpg



来年も楽しみにしていてください☆

[PR]
by seimei-eiyou | 2017-11-07 11:59 | 行事 | Comments(0)

前回に引き続き、三蔵祭の様子をご紹介します。
今回は、模擬店やその他の催し物などの様子をお送りします。

生命栄養科学科から学生有志で、今年は2団体の模擬店が出展されています。
1つは男子学生中心の『はしまき同好会』です。

c0166720_16353167.jpg

昨年も出店しているこのグループは、今年はより皆さんへたくさん提供するために、当学科が所有しているスチームコンベクションオーブンを活用して野菜の下処理をしたりして作業効率を上げる工夫をしていました。

c0166720_16353564.jpg

その他にも味のバリエーションを増やし、ノーマルのはしまきの他、炙りチーズや明太子といったものを提供しており、大変好評だったようです。


もう一店は、『地域交流活動プロジェクトチーム Nたま』より、焼き芋と豚汁の提供をしていました。

c0166720_16354390.jpg

今年度も、地元東村町の誠会の方からさつまいもの紅はるかを提供していただきました。

c0166720_16354128.jpg

専用の焼き芋機『石焼ドラゴン』で、薪で加熱しながらさらに絶妙な水分調整をして丹念に焼き上げた焼き芋は、それだけで完成されたおいしさでした。
また、豚汁は生命栄養科学科らしく1杯当たりの栄養価を掲示していたり、世界一辛いと言われたブートジョロキアをお好みでトッピングできるといった遊び心にもあふれておりました。
両日ともとても肌寒い日でしたので、あったかい焼き芋や豚汁を食べて体の中からあったまることができたのではないでしょうか?


学祭だけでなく、大学会館では三蔵音楽祭も同時に開催されておりました。

c0166720_16354870.jpg

管弦楽団、ライトミュージッククラブ、吹奏楽部の合同の演奏会です。
当学科にも管弦楽団の部長や部員、吹奏楽部にも部員が所属しています。

c0166720_16355640.png

曲目は、馴染み深いクラシック音楽や、ゲームミュージック、映画のテーマ曲などだれでも楽しめるラインナップでした。



最後は学祭を満喫している学生のスナップショットをお届けします。

c0166720_16360581.jpg

c0166720_17030852.png

c0166720_17031217.png

c0166720_17031723.png

卒業生も遊びに来ていたり、模擬店の出店者として活躍していました。

c0166720_17032086.png



お足元の悪い中、当学科へ来てくださり誠にありがとうございました。
催し物や学祭の運営に協力していただいたスタッフの皆さん、お疲れ様でした!





[PR]
by seimei-eiyou | 2017-11-02 10:00 | 行事 | Comments(0)