人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

カテゴリ:実験・実習・授業( 93 )

本日は前期授業最終日です。
明日からテスト週間を迎え、また本学科主催の「第2回高校生どんぶり選手権」が行われます。
どんぶり選手権では、調理室を使い慣れた頼もしい4年生が調理器具を探したり、調理後の片付けをお手伝いしたりしますので、参加の高校生の方々は安心していらしてください!

さて、臨地実習出発式も終えた3年生が最後に行う実験・実習が食品工学実験です。

こちらはテスト直前の本日までが実験期間で、前半が調理実習パート、後半が実験パートの二部構成です。

ご紹介するのはメロンパンの回です。
ただパンを作るのではなく、ホイロ(最終発酵)の前後でどのくらい膨張するのか、焼くとどのくらい大きくなるのか、という実験を踏まえながら行います。
c0166720_106161.jpg

パン生地と上に乗せるクッキー生地との2種類の生地を作る少し難易度の高いパンですが、2年生の実験でも一度パンを作ったことがありますので、学生の手つきも慣れたものです。
c0166720_1061030.jpg

今回はメロンパンの生地を多めに作り、自分たちの好きな具を入れる創作パンも作ってもらいました。
c0166720_1061834.jpg

この前の回でレトルトパウチを使用したあずきを作っていたので、それを使ったあんパンを作る班が多かったです。

そんな中、いろんな色の具を混ぜる班がありました。
c0166720_106261.jpg

左上:カスタードクリーム 右上:卵のマヨネーズ和え
左下:豆板醤+辛子 右下:あずき

お気づきの方もいらっしゃいますでしょうが、ロシアンルーレットパンを作成しておりました。
アウトはもちろん豆板醤+辛子です。
とても鮮やかな色味をしております。
c0166720_1063694.jpg

こちらは焼く前の写真ですが、焼き上げるとほとんど違いがわかりませんでした。
3年生の勇気ある7名が挑戦。
c0166720_1064881.jpg

一斉にほおばります。
c0166720_1065710.jpg

見事当たってしまった学生さん。
やはり豆板醤と辛子の組み合わせは刺激が強すぎたようです。
辛い辛いと言ったパンを平気で食べる、とある学生さんもいました。
c0166720_1072066.jpg

多種多様な味を楽しめると言うことは、いろんな味の献立を作ってくれるのではないでしょうか。

そしてこちら。
c0166720_107289.gif

「これ撮らないと損するよ!」と呼ばれて写真をぱちり。
生地を丸めて目と鼻と口とを作ったようでかなりの力作。
もちろん中身はあんこです。
もう1班同じキャラクターを作っていたのですが、残念ながらそちらのできあがり写真は撮りそびれました。
来年はもしかするとカレーの入ったパンができるかもしれません。
by seimei-eiyou | 2012-07-24 10:20 | 実験・実習・授業

ユニット名はBaA

化学系の学生実験の様子です。

c0166720_17491076.jpg
「写真を撮って、どうしてもブログに載せろ!」と言うので載せます。 ユニット名はBaAです。

意味は・・・あります。

他に書くべき事は・・・ありません。
by seimei-eiyou | 2012-06-22 17:50 | 実験・実習・授業

昨日はフードシステムマネジメント実習Ⅱが行われました。
今回の実習では、クックフリーズシステムを学びます。

昨日作ったのは、なすとかぼちゃの煮物です。

切った野菜に、だし汁と調味料を注ぎます。
c0166720_13105947.jpg


煮物ですが、鍋で煮るのではなく、スチームコンベクションオーブンの120度の蒸気にて蒸し煮にしました。
こうすることで、荷崩れもしませんし、スピーディーに調理できます。
c0166720_13141926.jpg


加熱10分後、なすの中心温度を測定しました。
c0166720_1319357.jpg


常温で冷ました後、ブラストチラーで急速冷却・冷凍を行いました。
給食提供日には再加熱して提供します。

c0166720_1327444.jpg

by seimei-eiyou | 2012-06-02 13:27 | 実験・実習・授業

教養ゼミ

今日は、菊田先生の指導の下、1年次生の教養ゼミとして大玉と小玉のスイカの苗を5つずつと小松菜の種を学科温室の苗床に植えました。

c0166720_1814310.jpg


早くスイカや小松菜が収穫できるのが楽しみです。
c0166720_2274066.jpg

by seimei-eiyou | 2012-04-12 18:14 | 実験・実習・授業

日曜日の国試まであと5日です。

”5日間で5~10点アップする必殺テクニックを伝授y”という記事でも書ければ最高なのですが、そんなワザは私にはありません。 

言えるのは、”準備ぬかりなく、普段の実力が発揮できるよう体調を万全に整えて下さい”程度です。 

”普段の実力では国家試験に通りそうにない人はどうすればいいか?” 
”普段の実力以上のものを出す”しかありません。 火事場のばか力? なぜか本番にだけは強い人がいます。 

塗り間違いとか、マークのずれとか、受験番号の間違いとか、そういったつまらないミスだけはないよう、焦らず落ち着いて受験して下さい。

c0166720_1930018.jpg
遅くまで研究室に残って勉強する学生さん。 寒いので防寒対策は重要!


c0166720_19325473.jpg
机にはこんな貼り紙がありました。 意外と古風!

by seimei-eiyou | 2012-03-13 19:36 | 実験・実習・授業

食物アレルゲン検査

3年生の補修授業として、食物アレルゲン検査をやってみました。

給食その他で食事を用意する際に、アレルギー患者さんがいると仮定して、その患者さんにある食材を出してよいものかどうか調べたいという想定です。 学生さんには調べたい食材を各自持って来て頂き、検査キットを使って実際に調べます。 市販の検査キットは、ほぼ全て抗原抗体反応を利用したイムノクロマト法を利用しています。 

今回は、アレルギーの中でも最も頻度の高い卵アレルギーを対象としました。 卵アレルギーのキットは、卵白アルブミンの構造の一部を認識する抗体を利用しています。 イムノクロマト法は感度も高く、操作も簡単です。 ちょっと工夫すれば、家庭でもできるでしょう。

c0166720_144324.jpg
まず、学生さんが持ってきた食材です。 うーん、まあ色々です。 プリンや麺は、卵を使わない物をコントロールとして揃えています。

c0166720_1444830.jpg
これら食材を細かく砕きます。

c0166720_145582.jpg
それを遠心管に入れて抽出液を加え、100℃で1時間抽出します。

c0166720_1455028.jpg
次に濾過をして、金コロイド抗体の入ったマイクロチューブに入れ、テストストリップを差し込んで20分待ちます。

c0166720_146349.jpg
結果がこれです。 どの食材に卵が入っているかは、テストストリップにコントロールラインとテストラインの2本のラインが出るか、1本のラインしか出ないかで判定します。 具体的にどの食材に卵が入っていたかは伏せておきます。

c0166720_1462026.jpg
こうして、食材に含まれるアレルゲンが簡単に判定できることを学んだ(はずです・・・、ちょっと不安)。

c0166720_1463271.jpg


PS キットによる判定は、患者さんにアレルギーが出るかどうかの判定とは必ずしも一致しません。 判定が陰性でもアレルギーが出ることもあるし、陽性でもアレルギーが出ないことがあります。


 
by seimei-eiyou | 2012-01-28 14:13 | 実験・実習・授業

日本事情

今日は、国際経済学科1、2年に在籍する留学生向けの授業『日本事情』を行いました。

授業会場は1号館だったので、そこから雨の中生命工学部まで移動して、まず学生実習食堂を見学しました(写真はその様子)。

c0166720_20305495.jpg

次に18号館に移動して、平松先生に日本の行事食、および糖尿病と食事について、パワーポイントを使いながら講義して頂きました。

受講生は日本に来てまだ1、2年ということで、お話の細部までは伝わらなかったかもしれませんが、それでも十分楽しんで頂けたのではないかと思います。 こちらも、日本人学生相手の講義とはまたひと味違う体験で、とても面白かったです。

【留学生からの質問】 日本人の若い女性は、どうしてあんなに細いのか? 
【栄養科教員の回答】 うーん、確かに細い。 と、思います。  
by seimei-eiyou | 2012-01-19 20:33 | 実験・実習・授業

卒業研究発表会2011

平成23年12月22日の木曜日、朝8時半から18号館2階18201教室において、平成23年度福山大学生命工学部生命栄養科学科卒業研究発表会が開催されました。 

c0166720_9581836.jpg


例年2月の開催ですが、生命栄養科学科としては初めての卒業研究発表会であり、国試の勉強を考慮してこの時期の開催となりました。 ちょうど冬休みに突入したばかりで、他学科の先生や学生さんも聞きに来てくれました。 また2年生も積極的に参加していて、頼もしく感じました。 こういうのが将来伝統になって、受け継がれていくはずです。

c0166720_9583765.jpg
c0166720_9584764.jpg


さて、栄養学科の卒業研究は初めてということで、予想通り内容はとてもバラエティーに富むものでした。 特に本学科は、家政系・臨床系の栄養学に、ライフサイエンス系の栄養学が合体しているため、特にその傾向が顕著だと思います。 

内容を紹介すると・・・
 栄養系では、行事食の地域比較、魚摂取の地域比較
 スポーツ系では、サッカー選手の栄養、野球選手の栄養
 食品系では、大麦澱粉の性質、油脂の結晶成長、高圧マーマレード、微粉砕技術の応用
 臨床系では、味覚障害と食習慣、高齢糖尿病、食後高血糖、経腸栄養
 ライフサイエンス系では、糖質関連酵素、脂質代謝、抗潰瘍食
などなど。

魚摂取の研究に対しては、海洋生物科学科主任の河原先生から厳密な質問が飛ぶなど、面白い会でした。 しかし、なんと言っても、本会の白眉は渡邉先生の質問攻めでしょう。 全ての発表に対して、最初に渡邉先生が質問し、余った時間で他の参加者が質問するというスタイルでした。 

おそらく、これも伝統として受け継がれていくと思われます。 

c0166720_9592212.jpg
PS 渕上学科主任による厳しい講評と、首をかしげてそれを聴く里内生命工学研究科長。

 
by seimei-eiyou | 2011-12-27 10:06 | 実験・実習・授業

ことし最後の給食実習

2年生対象の給食経営管理実習は、本日が今年最終日となります。 最後の料理は、クリスマスメニューです。

c0166720_1434178.jpg
メニューは、ビーフシチュー、シーザーサラダ、ブラウニー(デザート)とご飯。 これで、しめて900kcalです。

c0166720_1434294.jpg
給食を食す学生さんの横顔。

c0166720_14344280.jpg
これがブラウニー。 添えられていた柊の葉を、ケーキに突き刺してみました。 なんか、いい感じじゃないですか! ダメ?



PS クリスマスと言っても、最近はプレゼントをあげてばっかりです。 もしもらうとすると、何が良いか。 セーターとかマフラーは月並みなので・・・ やはり、デジモノですね、ほしいのは。 つながる健康デジモノとか。 どうでしょう。 日本では売ってないと思いますが、”Fitbit”はちょっとほしい。 

The Fitbit Tracker shows your real-time activity stats so you know how close you are to your goals.

本体はUSBメモリぐらいのクリップのような物で、これを付けていると歩数、階段を上った段数、燃焼したカロリー、消費したカロリーを記録してくれます。 これだけならたいしたことないですね。 

このいい所は、寝るときに付けていると、寝た時刻、眠りにつくまでの時間、目が覚めた回数、ベッドにいた時間、睡眠時間などを逐一記録してくれます。 

さらにすごいのは、データを自動的に無線でネットにアップし、ヴィジュアルなグラフとして表示してくれたり、他の人とデータを共有することができることです。 この様にFitbitは、現在のネットコミュニケーション社会の3つのポイント1)スマートデバイス、2)モビリティー、3)ソーシャルをおさえるとともに、ヘルスとつなげているところが秀逸です。 価格も$99.95なので、日本円で8000円弱。

物さえあれば世界中どこでも使えそうなので(HPは英語なので、英語は勉強して下さい)、1つほしいなと思っています。


 
by seimei-eiyou | 2011-12-15 13:03 | 実験・実習・授業

2日目の臨地実習報告会が終了しました。 今日は、福山市保健所や臨地実習施設の方もお越しになり、昨日よりだいぶお客さんが多くなっていました。 私は本日、授業、来客、会議、会議と続き、来年うちの研究室に配属予定の学生さんの発表を聞けませんでした。 まあ、たいした問題ではありませんが・・・

発表、あと片付けをした後、反省会をするというので、しばらくたってから反省会を覗いてみると、なにやら騒がしい。 とても反省会の雰囲気ではありません。 これはどう見ても「打ち上げ」です。 会場に入ると、皆さん飲み食いしているではありませんか! もちろん飲むと行ってもジュース、食べると行ってもシュークリームとお菓子です。 

生姜ねぇなぁ。 ちっとも反省の色が見えません。 その証拠写真を以下に載せます。 

c0166720_17475644.jpg
渕上学科主任と。
c0166720_17484816.jpg
写真が小さいのでよく見えませんが、Y君、口の周りがシュークリームだらけです。 
きたない、きたない!
c0166720_17493211.jpg
そのY君、クラスでただ1人の男子学生ということで大人気。 このクラスは男子が極めて少ないクラスです。
c0166720_17504989.jpg
 こちら、菊田先生、中浦先生と一緒に。
c0166720_17511384.jpg
この写真は、出発式で宣誓をしたMさんが、指先から気を出して中浦先生をのけぞらせているところです。 このワザも臨地実習で学んだそうです(すみません、ウソです)。
c0166720_17524521.jpg
仲良し3人組でしょうか? それとも、たまたま一緒に写っただけ? そんなこと言うんじゃないの、って!
c0166720_17533951.jpg
この絵がらは、放送直前のニュースキャスターとADさんのよう。 Y君がニュースキャスター、手前のYさん他がADさん。
c0166720_1758218.jpg
最後の写真。 みんなはじけています。 でも、はじけるのはまだ早い。 再来年の3月、国家試験後にはじけてチョー台。

PS 途中から入った時、助手の先生から「Y君が写真を撮ってほしいって言ってましたよ。」と言われたので、わざわざカメラを取りに帰りY根君に聞いてみると、「そんな話は聞いてません。」って! 仕方が無いので、スナップ写真を撮ったのが上です。 ブログでは小さいのですが、本物の写真はとても良く撮れています(古いカメラなのですが)。 3年生でほしい方は、ファイルを進呈。
by seimei-eiyou | 2011-12-07 19:04 | 実験・実習・授業