人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

ビンゴ!

 明日から福山市の広島県立ふくやま産業交流館(通称、ビッグローズ)で、びんご産業市場が開催されます。福山大学は例年大きなスペースを使って学部学科の展示を行い、各方面との交流を行っています。生命栄養科学科でもブースを借りて食事指導のデモなどを行います。また、生命栄養科学科がイベントに手ぶらで参加するはずはありません。今回も参加していただいた方には手作り菓子を差し上げます。金曜日から日曜日までの3日間もやっていますので、お時間のある方や、近くをたまたま通りかかった方はぜひお立ち寄り下さい。
c0166720_17522680.jpg

 今日は準備だけだったので華々しい様子をお見せできませんが、とりあえず一番見栄えの良かったのが上の写真です。展示物には白布をかけてあるので、様子が分かりにくいかと思います。また、どこかで見たことがあるポスターが貼ってありますが、これは先週の駅前キャンパスの時の使い回しです。印刷するのに1枚で3000円も掛かるポスター3枚を使い捨てにするような地球に優しくない(?)ことは決して致しません。リサイクル、リユース、リデュースには積極的に取り組んでいます。このあたりは、iwa先生の得意分野です。
c0166720_1752364.jpg

 もう一枚の写真は搬入用の裏口の様子で、イベント開催中は閉じられているので、これが開いているのを見ることは少ないでしょう。軽自動車なら展示ブースの横まで持ってくることも出来ます。

by KY
by seimei-eiyou | 2008-11-13 17:56 | 行事

調理学実習Ⅰ(6回目)

 祝日のせいでよく月曜日の実習が飛びますので、また久しぶりの実習でした。

c0166720_18301097.jpg


 献立は、五色おはぎ、庄内ふの赤だし味噌汁、あじの南蛮漬け、ほうれん草の落花生和えです。
 この実習で初めて揚げ物をしたのですが、写真が電池切れで撮れませんでした。
 魚もさばきました。今回は小あじです。和食でずっと毎回何かの魚をさばいているので、だんだん手つきが慣れてきました。
by seimei-eiyou | 2008-11-11 18:33 | 実験・実習・授業

紅葉

週末の雨以来、キャンパスもめっきり冷えこんですっかり冬の装いです。

ここ福山大学のキャンパスは、春は桜、ツツジ、初夏は新緑、夏は木々の緑と木陰、秋から初冬にかけては紅葉と、大変美しいキャンパスです。 今年もそろそろ紅葉が見頃を過ぎ、落葉が始まっていますので、すっかり散ってしまう前にキャンパスの様子を写真でご紹介しましょう。

c0166720_1291070.jpg
 大学本部および付属図書館前にあるロダンの「考える人」のブロンズ像と紅葉です。 

c0166720_12113684.jpg
ここは大学会館前の坂道です。 大学設立時に植えられた樹木もすっかり大きくなり、色とりどりの紅葉を見せてくれます。 今日は健康診断が行われているので健診車が停まっています。

c0166720_12134429.jpg
 紅葉と大学のシンボル「時計台」です。  by iwa
by seimei-eiyou | 2008-11-11 12:19 | その他

平成20年11月8日午前10時半より、「福山大学社会連携研究推進センター(宮地茂記念館)」開設記念式典が、JR福山駅前の同センターにて開催されました。 このセンターについては、11月4日のブログ記事でも紹介されましたが、もう一度写真で紹介したいと思います。

c0166720_15231984.jpg
c0166720_15234577.jpg
左は入口案内ボードから上を見たところです。 9階建てなので、かなり高いです。 右は駅北口駐車場から見た全景です。

c0166720_15254673.jpg
1階入口です。 福山大学後援会からの花がきれいです。

c0166720_15272959.jpg
入口を入ると、福山大学のキャンパス全体を写した写真ボードがあります。 広島銀行からの寄贈です。

c0166720_15275427.jpg
エントランスです。 写真中央は宮地尚理事長です。

c0166720_1529814.jpg
エントランスからJR福山駅を見たところです。 道路一本渉ると、もうそこは福山駅北口です。

c0166720_15313134.jpg
c0166720_15314734.jpg
左は建物全体の案内ボードです。 9階建てですので、かなりたくさんの部屋があります。 上は宮地茂福山大学元学長の銅像です。 全体像は先日のブログの写真をご覧下さい。

c0166720_15353693.jpg
c0166720_15355224.jpg
左は受付風景、上は牟田泰三学長です。

c0166720_15365174.jpg
最上階(9階)にあるホールで行われた記念式典の模様です。

c0166720_15371344.jpg
開設記念講演として、文部科学省の木曽功国際統括官による講演が行われました。

c0166720_15385675.jpg
ポスター展示会場にて。 右は里内清生命工学部長兼生命栄養科学科主任、左は満谷海洋生物科学科主任です。

c0166720_15402713.jpg
8階からJR福山駅を見下ろしたところです。 福塩線のホームが手前に、新幹線のホームが上の方に見えます。 この建物には初めて足を踏み入れましたが、ロケーションの良さは福山でも指折りです。 また中は多くの部屋があり、かなり使いでがあります。 

来週は社会連携プロジェクトPJ2が同センターで開催され、再来週の11月21日(金)には、日本応用糖質科学会 中国・四国支部例会、シンポジウムが開催されます。 

テーマは『米および米粉研究最前線 -産官学からの報告』ということで、近畿中国四国農業研究センター荒木氏による「品質の良い米粉製品を作るために必要な米の特製」、山形大学勝野氏、西岡氏による「プラスティック加工技術を応用した米粉100%パンと無加水による新規非晶性米粉製造システムの開発」、㈱サタケ技術本部の金本氏による「精米及び米の2次加工技術」という3つの後援と、総合討論が行われます。 今日までに約60名の参加申し込みがあるそうです。     by 学科
by seimei-eiyou | 2008-11-08 15:56 | 行事

オバマ大統領と小浜市

c0166720_11171774.jpg長い選挙戦の末、バラク・オバマ氏が第44代アメリカ大統領に選出されました。 その若さと、初めての黒人大統領ということでアメリカだけでなく世界中の注目と期待を集めています。 同時に行われた上下院選挙では、両院とも民主党が制し、ブッシュ大統領よりも格段に議会の協力を得やすくなりました。 とはいえアメリカを取り巻く状況は厳しく、今後難しい舵取りを迫られる事は間違いありません。 

それにしても1年にも及ぶ長い選挙戦、それもヒラリー・クリントン氏との死闘をくぐり抜け、目立った失敗もなく世間やマスコミの厳しい目を耐え抜いた精神力と体力には驚きを隠せません。 年が明けて正式にオバマ大統領が就任後、時をおかずに日本の首相と新大統領との会談が設定されるでしょうが、例えば現在の麻生さんがオバマ大統領と並ぶと、かなり見劣りするのではないかと心配です。

選挙戦を通じて感じたのはオバマ氏のスピーチのうまさ、感動を与える言葉でした。 オバマ氏が”Yes、 we can!”とか、”We’re gonna change”と連呼すると、「何をするんだ?」、「どう変わるんだ?」という野暮な事は言いっこなしだぜ、という気分になります。 やはり政治家は言葉が命だなと、失言、軽率な発言が多い私としては反省せずにはいられません。

爽やかな風が吹いたようなオバマ大統領の誕生ですが、日本人としてはこの先オバマ政権下で日本にどのような影響が及ぶのか気になります。 共和党政権より保護貿易色が強まり、日本の政治経済に対してはマイナスだとか色々言われています(クリントン時代の民主党の対日姿勢“ジャパン・パッシング”が思い出されます)が、まあそう言った政治経済的な事はさて置いて、もっと身近な点に目を向けたいと思います。 

c0166720_11173399.jpg身近なオバマ氏と言えば、やはり小浜市でしょう。 オバマ大統領誕生のニュースの中にあった「小浜市民も大喜び。 長年の苦労が報われた。」というのは、ちょっとほほえましいニュースでした。 小浜市は福井県西部に位置する人口3万人の小さな市で、日本海に面した港町です。 小浜市は、アメリカ大統領のオバマ候補と読み(音)が同じと言うことで「オバマ候補を勝手に応援する会」というのを勝手に結成し、市長を先頭にオバマ氏の応援を続けてきました。 wikipediaによると小浜市にはオバマガールズ、オバマボーイズというフラダンスチーム(オバマ氏はハワイ出身)があり、来年1月の大統領就任式に出席したいとか、オバマ次期大統領を小浜市の名誉市民にしたいとか、かなり盛り上がっている様子です。 

こういった活動に眉をひそめる人もいそうですが、小浜は学生時代に京都からよくツーリングに出かけて親しみがありますので、いいんじゃないかと思います。 オバマブームを町おこし、村おこしに使おうとか、そう言ったけちくさい考えを超えて、ふとしたきっかけで国際政治を身近に感じることができれば、市民にとってもプラスだと思います。 また次期アメリカ大統領が自分と同じ名前の市が日本にあることを知っているだけでも、日本にとってはプラスだと思います。 少なくともクリントン元大統領のように日本に対して冷たい態度は取らないのでは? と、そんなに甘くはないか。

もう一つ、小浜と言えば原発を思い出します。 実は小浜市内に原発はなく、近くに大飯原発があります。 オバマ氏は選挙戦の最中から地球環境問題には関心が深いと思われる発言をしてきましたので、今後のアメリカ経済の立て直しには積極的に環境分野へのてこ入れが行われると思われます。 環境分野に関心が高まれば、この分野で世界をリードする日本の産業界にとっては、世界に貢献するチャンスが増えると考えられ、こちらもオバマ氏の日本に対するプラスの側面です。

c0166720_1125157.jpg今回はちっとも栄養、健康、食品ネタが出ませんでしたので、最後に一つ。 小浜市のホームページには、小浜市を「心やすらぐ美食の郷(さと) 御食国(みけつくに)若狭おばま」と謳っています。 そうです、小浜市は食とも関係が深いのです。 また小浜市の特産品の一つに若狭塗があり、特に塗箸では全国シェアトップです。 赤ちゃんが生まれて100日目に、赤ちゃんに初めて食べ物を与える儀式「お食い初め」というのがあります(箸立て、箸揃え、百日とも呼ばれるそうです)。 これは子どもの成長を祝うとともに、子どもが一生食べ物に困らないよう願うための儀式です。 この機会に若狭塗の塗箸をお求めになれてはいかがでしょうか?  by オバマ氏を何とか食にこじつけたiwa

上のお箸の写真を見ていて、子供のころに同じような模様で色が赤いお箸をずっと使っていたことを思い出しました。 多分、きっと誰かから「お食い初め」で贈り物に頂いた若狭塗の箸を使っていたのだと思います。 遠い昔の記憶です。

PS この文章の書き始めには”obamashi”を小浜市としか変換してくれなかった日本語変換ソフトが、途中からオバマ氏とも変換してくれるようになりました。 すごい学習能力です。 ただし、オバマ氏と小浜市が混在する文章は、打つのが結構面倒です。
by seimei-eiyou | 2008-11-07 11:25 | その他

駅前の一等地!

福山大学に新しく駅前学舎(宮地茂記念館)が誕生しました。福山駅の新幹線ホームからすぐ目の前に見える、とても便利の良い一等地に完成しました。オープニングは今週の土曜日(8日)です。今は事務室が開いているだけですが、これからは、ここでいろんな催し物が開催されます。
昨日は、このオープニングイベントの準備のために、初めて館内に入ってきました。夜だったので、学舎の全体写真が撮れませでしたが、福山大学では一番背の高い9階建てのビルです。
入り口にはまだ青いシートがかけられていて、工事中にしか見えません。受験案内などはすでにここの事務所で行っていますが、工事関係者以外は人がほとんど入ってこないそうです。
c0166720_1113507.jpg


この建物の本名は、写真の看板のように「福山大学 社会連携研究推進センター」です。これだと長すぎるので、フルネームを呼ぶ人は少なそうです。ただし、ここが「社会連携」のための拠点であることは間違いありません。
c0166720_11142595.jpg


ロビーに入ると左手に銅像が見えます。これはこの建物の別名の元になった、大学の創設者の宮地茂前総長の像です。
c0166720_11145744.jpg


ここは8階で、学科のポスターを貼ったところです。岩本先生の作ったポスターで、アメリカ感覚のスッキリしたデザインです。これを使って、オープニングイベントの際に学科の宣伝を行います。
c0166720_11152141.jpg


こちらは、9階の部屋から外を見たところです。眼下に新幹線のホームが見え、なかなか良い景色です。以前に私が大きな天婦羅屋の看板と間違った、百貨店のネオンもすぐそこに見えます。
c0166720_11154089.jpg


この建物に入って最初に気になったのは、階段の色でした。たぶん、安全に配慮した色使いなのでしょうが、少々派手に見えます。
c0166720_11155733.jpg


それから、建物の南西側の角にある非常階段で面白いものを見つけました。緊急用の滑り台で、これで一階まで一気に降りることができるそうです。試してみたかったのですが、入り口のアクリル板を壊さないと鍵は開けられないようになっているので、今回はあきらめました。
c0166720_11161232.jpg


この他に、肝腎の研修室がいっぱいあったのですが、あまり面白くなかったので(ブログ的に)、今回はパスしました。興味のある人は一度のぞいて見て下さい。

By KY
by seimei-eiyou | 2008-11-05 09:44 | その他

かぶは今が買い時か?

c0166720_142798.jpg世界的な株安で、日経平均株価は一時8000円を割り込み、バブル崩壊直後の最安値まで下落しました。 ニュースで出てくる言葉を使うと、「多くの優良銘柄株で、株価純資産倍率が1を下回っている」ということになります。 

株価純資産倍率? わかりにくいですね。 これは(多分)株価の総額を会社の資産の総額で割ったもので、この値が1を下回るということは、1万円札を8000円で売っているようなものです。 もしこれが本当なら、誰でも買いますね。 もっとも、会社の資産価値を正確に見積もることは難しいので、株価純資産倍率が1を下回るといっても厳密なものではないかも知れません。

株主には会社から配当が出ますが、配当額を現在の株価で割った配当利回りは、超優良企業でも数%になるそうです。 長期国債の利息が1%台半ば、広島銀行の普通預金金利は現在0.2%なので、株式の配当の方がよほど有利ということになります。 すき屋を展開しているゼンショーにいたっては、底値の時には株主優待を入れると利回りが20%にもなったそうです。 つまりこれ以上株価が下がらず、すき屋をよくご利用になる方なら、底値で株式を買うと5年で元が取れることになります。

これって、なんか異常ですね。 長い目で見ると、異常な状態はいつか是正されると思えば、今は株の買い時です。 でも、「なんか話がうますぎる? 裏に何かがあるはずだ。 テレビであんなに、『今が株の買い時です!』という事自体、なんだか株価を上げるための心理誘導のような気がする。」と思えば様子見です。

で、実際どうなんでしょうか? 私は株や経済の専門家ではありませんので、ここでより確実なかぶの話として、専門に近い蕪(カブ)の話題に変更します(だってここは栄養学科のブログですから)。 

c0166720_1464760.jpgカブはカブラなどとも言われるアブラナ科の1年草で、春の七草のスズナはカブのことです(根も葉もない・・・ではなく、根も葉も食べられる! )。 各地に地方品種が多く、根は糖質、タンパク質、カルシウム、ビタミンC、食物繊維が多く、でんぷん消化酵素アミラーゼやジアスターゼを含みます。  また葉もβ-カロテン、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維を多く含み、亜鉛も含まれます。 カブは胃腸を温め、冷えからくる腹痛を和らげる効果があるとされるので、古くから腹痛薬として用いられていました。 アブラナ科植物の整腸作用については、本学科里内教授も研究しています。

このように栄養価満点のカブの旬は今月11月から3月です。 蕪(カブ)は間違いなくこれからが買い時です。  by iwa



c0166720_147246.jpgPS ちなみに今年販売50周年を迎えたスーパーカブは、累計6,000万台を売り上げた地球と家計にやさしい乗り物です。 燃費は1リットル当たり公称100km/lとまでは行かないようですが、50km/lは十分走ります。 町ではお巡りさんや郵便配達、銀行やJAの営業さんの乗り物としてよく見かけますが、最近ではそのレトロな出で立ちをよしとする若者にも人気があり、本学の駐輪場でもチラホラ見かけます。 値段は原付よりもやや高めですが、信頼性は抜群で、長く乗るならかえってお得です。 こちらのカブは、いつでもお買い得といえます。 
by seimei-eiyou | 2008-11-04 14:11 | その他

連休前の週末

こんにちは。

このところ、週末になると研究室で昼食をつくってます。 今日は博多豚骨ラーメンとご飯のラーメンセット(デンプン定食)でした。 博多豚骨ラーメンは、先日4年生のSくんが厚生労働省検疫所の1次試験受験に福岡に行った時のお土産です。 

c0166720_13535481.jpg

研究はともかく、ご飯作りは一致協力、熱心です。 代々料理人の血を引くEくんを筆頭に段取りも手際もよく、栄養学的にもバランスが取れるようにゆで卵とチャーシューがいつの間にか用意されています。 野菜は刻みネギとメンマだけなので、ちょっと野菜不足と塩分過多は否めませんが・・・。 天高く、馬肥ゆる秋も本番です。
by seimei-eiyou | 2008-11-01 13:57 | その他