人気ブログランキング |

ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

調理実習Ⅰ 2010 

12月6日(月)に行われた調理実習のご紹介をします。

献立は
060.gifビーフシチュー
060.gifアップルパイ
060.gif野菜のマリネ
060.gif珈琲

です。

アップルパイの折込タイプのパイ生地を作るということで、
まず、渕上先生によるデモンストレーションが行われました。

バターを10センチ角に整え、30分寝かせた生地を広げて包みます。
それを麺棒で伸ばしては折込む、という作業を繰り返します。最終的には50~60層くらいになるのでしょうか。

c0166720_12535267.jpg


使用している台は温度を冷たく保つための大理石です。

c0166720_13151080.jpg


先生のアップルパイの飾りつけは、さくらんぼです。
c0166720_13154516.jpg


織り込む作業は非常に難易度が高く、薄くなった生地からバターが流出する班が続出しました!が、どの班も形になり、それぞれ思い思いの飾りつけをしていました。
クリスマスツリーとサンタ?
c0166720_13155718.jpg


写真を撮り忘れましたがアンパンマンの顔にした班もありました。

焼き上がり。よく膨らんでいます。余った生地でリーフパイもできていますね。
c0166720_13155212.jpg


c0166720_131618.jpg


来週は、クリスマスメニューです072.gif
by seimei-eiyou | 2010-12-07 13:23 | 実験・実習・授業


c0166720_14103665.jpg
本日(12月2日[木])、2年生による第1回「フードマネージメント実習」が行われました。 
今回のテーマは、なんちゅーか、中華です。

献立は以前お知らせしましたとおり、

 ご飯
 鶏のうま煮オイスターソース風味
 春雨のナムル
 トマトと卵の中華スープ
 マンゴーゼリー

すみません、食べるのに夢中で、食事の写真を撮るのを忘れてしまいました。 下にパンフレット(ビラ)の写真を置きます。

c0166720_14225882.jpg
食後は、感想をアンケートに記入します。 提出されたアンケートを見せていただくと、まあ人様々ですが、ほとんどの方が満足されていたように思います。 私個人としては、(意外に、と言っては失礼ですね)満足しました。

ご意見の中には、「ご飯が多すぎる」という声が、特に女子学生さんから多かったと思います。 国内の米消費は着実に下がっていて、農水省がいくら音頭取りをしても改善の兆しは見えません。 食の多様化もあるのでしょうが、それにしてもご飯をもっと食べてもいいんじゃない?、という残し方をする人がいます。 「お百姓さんに申し訳ない!」と思う私は、時代遅れ?

それ以外には、「春雨が伸びて、くっついていた。」とか、「ゼリーの食感がイマイチ」という意見が多かった気がします。 

ほかに、「季節感が無い!」という意見もありました。 いえいえ、決してそんなことはありません。 今回のテーマは、最近何かと話題の中国の料理ですし、鶏と言えば島根県の鳥インフルエンザを思い起こします(季節感というよりは、時事問題)。 確かに、季節の割には全体に冷たい献立が多かったかな?

c0166720_14214952.jpg



 
by seimei-eiyou | 2010-12-02 14:26 | 実験・実習・授業

タイ土産


c0166720_1211378.jpg
研究室の卒業生で、某国の試験研究機関(※)で働くグルメMさんが、先日研究発表のためタイに行ったということで(英語で研究発表なんてできたっけ?)、お土産を送ってきてくれました。

※「某国の試験研究機関」の「某」は「試験研究機関」に掛かります。 「国」に掛かるのではありません。 つまり、日本国内にある国の試験研究機関で働いています。

左から、ドライフルーツ(パイナップルとマンゴー)、像のぬいぐるみ?、ライスクラッカー、そして”Thailand”のTシャツです。 ちなみに、ライスクラッカーは、現在巷で話題の「エビ」ソース味です。 カップラーメンも買ってこようと思っていたそうですが、製造元はほとんど韓国、中国、日本だったのでやめたとのこと。 中国や韓国の食品企業は、東南アジアでもがんばっています。

微笑みの国「タイ」は、かつてはタイ米に代表される農業国家でしたが、現在では部品から日産マーチを生産する工業国家としての顔もモチ合わせています(ちなみに、いわゆるタイ米は長粒種[穀粒の形が細長い]でアミロース成分が多いため、パサパサしており、モチからは遠い性質)。

タイ人はまじめで几帳面、日本人と似ているとよく言われます。 確かに、私が知っているタイ人は、まじめで几帳面な方が多いと思います。 日本人と似ているかどうかはともかく、親しみを覚えることは確かです。
by seimei-eiyou | 2010-12-01 12:14 | その他