ブログトップ

生命と栄養のブログ from 福山大学 生命栄養科学科

昨年11月に学科ブログでご報告しました、カゴメ(株)(産)、福山市教育委員会(官)、福山大学(学)が連携した福山市の学校給食メニュー開発。(試食会の様子はこちら)
12月12日(火)、ついに!本学科の学生が作成したメニューが学校給食に登場しました!
そこで、メニュー考案者の学生2名と教員で、福山市立神村小学校にお邪魔して、6年2組の子どもたちと給食を一緒にいただきました。
この日は私たちだけでなく、メニュー開発に携わった福山市教育委員会の関係者様、テレビや新聞の取材の方々など、たくさんの人が集まりました。


まずは、自己紹介と、メニュー考案者の学生から、開発に関わるお話をしました。
c0166720_15032530.jpg
緊張しつつも、自分の思いをしっかりと伝えることができ、児童も真剣に聞いていました。


お話を聞いた後は、お待ちかねの給食です。
c0166720_15582948.jpg
c0166720_15033726.jpg
本日のメニューは、学生考案の「くわいの揚げ肉団子」と、ごはん、ボイルキャベツ、白玉汁です。
くわいの揚げ肉団子は、肉団子の中に刻んだくわいを混ぜ、揚げたものです。
外はカリッとして中身はぎっしり、食べ応えのある肉団子に仕上がっていました。
児童からも、「おいしい!」と高評価をいただきました。


また、食後には、福山市教育委員会 学校保健課 指導主事の井上先生より、「くわい」についてのお話がありました。
c0166720_16041453.jpg
c0166720_16042070.jpg

「くわい」の実物が準備され、栽培方法や収穫の様子もポスターにまとめてあって、地域の産物と学校給食の関わりも知ることができました。


給食の時間が終わった後も、学生は取材に答えたり、
c0166720_16043263.jpg
児童に「くわいの揚げ肉団子」の感想を聞いたり、
c0166720_16054416.jpg
短い時間ではありましたが、自分の考えたメニューに対する反応を直に受け取ることができ、大変良い経験となりました。



最後に、お世話になった福山市教育委員会の方と一緒に記念撮影。
c0166720_16061844.jpg
メニュー開発に携わったカゴメ様、福山市教育委員会の皆さま、メニューを実際に調理してくださった管理栄養士・調理師の皆さま、一緒に給食を食べた神村小学校の児童の皆さん、ありがとうございました!






[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-12 17:25 | Comments(0)

H29年度 臨地実習報告会

12月5日(火)に、臨地実習報告会が行われました。
c0166720_18121293.jpg
臨地実習とは学外実習のことで、管理栄養士・栄養士が実際に働く「病院、老人保健施設、小学校、給食を扱う事業所、保健所」の現場に行き、学生がその業務の一部を体験・学習させていただくものです。
それぞれ、1~2週間の期間で、学生自身が考えた課題を持って実習にあたります。
今まで学内の実習で体験・学習してきたことだけでは身につけられない、コミュニケーション能力や問題解決能力など、多くのものを習得できるように自発的に行動しなければなりません。

まずは、菊田学科長より臨地実習を終えられたことへの慰労と、これから始まる発表を期待しています、との挨拶がありました。

発表形式は、パワーポイントを用いたスライドでの口頭発表になります。
c0166720_18420330.jpg
c0166720_18420884.jpg
c0166720_18421228.jpg
1グループ5分の発表で、数題まとめて最後に質疑応答を行いました。

今まで学内実習で発表したことがある学生達も、ここまで大人数の前で発表したことは初めてだったため、皆さんとても緊張した面持ちで発表していました。

質疑応答時には、今まで発表してきた全員が表に立ち、質疑に対して返答をしました。
c0166720_18302483.jpg
c0166720_18421562.jpg
最後に、実習生の代表が事前の学内の諸先生方のご指導により、無事実習を終えることができました。また、実習先の管理栄養士の先生方をはじめ、多くの方々にお世話になりました、と挨拶をして報告会は終了しました。
c0166720_18351552.jpg
実習生の皆さん、大きな山であった臨地実習を無事に終え、やっと一息つけたことと思います。
ですが、1日明けた今日からは、研究室での卒業研究や、国家試験対策、就職活動と新たな山が皆さんを待っています。臨地実習で学んだ多くのことを生かして、これからの学生生活を充実させてください。


[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-06 18:43 | 行事 | Comments(0)

H29かかし祭り@Nたま

12月3日(日)に行われた、『第72回 東村町かかし祭り』にNたまメンバーも参加してきました。

会場は東村小学校で、そこへ向かう道沿いの田んぼには各地区が制作したユニークなかかしがたくさん立ち並んでいました。
c0166720_14205628.jpg
グラウンドでは、様々な催し物が行われており、地域の子ども達によるソーラン節や仮装かかしなどがありました。
c0166720_14210425.jpg
式典のあいさつでは、敗戦の翌年から毎年行われてきた祭りで、地域の皆さんに愛され続けて今年で72回目となることをお話しされておりました。
福山大学からも、学友会の代表者やジャグリングサークルなどが参加していました。


こちらは、毎年Nたまメンバーがお世話になっている『誠会』のテントブースです。
c0166720_14211637.jpg
石焼き芋機も学祭でお借りしている『石焼ドラゴン』だけでなく、大型の『石焼キング』など計5台をフル稼働で焼き芋を提供されておりました。
大変盛況で、焼き上がりを待つ人の大行列ができていました。

その他にも、軽食の提供ブースや野菜や花の販売、手作り体験コーナー、地域の方の作品展示販売など様々なものがありました。
どのブースも東村の方だけではなく、市内のいろいろな所から参加された方が見て回っているようでした。


高さ約6メートルの大きなかかし『ひがし大ちゃん』や2~3m級の各自治体が制作したかかしに見守られながら、私達もお祭りを満喫しました。
c0166720_14210618.jpg

[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-04 14:49 | 出来事 | Comments(0)

 12月2日(土)に本学調理実習室にて生活習慣病予防の減塩料理講座が開かれました。講師は、福山市食生活改善推進員の皆さん、福山市保健所健康推進課の方々です。1年生が減塩の基本やポイント・作り方などを教わりました。「朝食を食べよう」「減塩に務めよう」「適正体重を維持しよう」の3つのテーマでお話をして下さいました。
c0166720_1891272.jpg

c0166720_18395724.jpg
野菜不足防ぐには野菜をどれだけ食べたらいいか、まず全体量も知っておかなければなりません。


 広島県の野菜摂取量は、男女とも280g程度で基準量にはもう一息というところ。若い人も野菜を食べましょうと強くお話されていました。
c0166720_18114661.jpg
食塩の摂取量も実際の塩を見せてもらうと、多いのに驚きますね。
   
c0166720_1855742.jpg


 血抜きなど手間の掛かるレバーを使った料理でしたが、下処理の仕方や扱い方を丁寧に教えていただき、美味しい料理に仕上げることができました。

c0166720_1862580.jpg
減塩食を美味しく作るコツは、お出しをしっかり取って、うま味を活かすことにあります。今日は煮干しと昆布で濃厚なだしで豚汁を作りました。

c0166720_18143526.jpg
今日の献立は、ご飯、鶏肉とレバーのごまからめ、やさいDEきな粉、はりはり漬け、豚汁、ローズアップルパイの6品作りました。
c0166720_18354330.jpg
 初めての料理を食べる学生も結構いましたね。食推員の方々と和気あいあい試食しました。
c0166720_18202089.jpg
最後に参加者全員で記念写真を撮って終了。ごちそうさまでした。     (I.K)
[PR]
by seimei-eiyou | 2017-12-02 17:47 | 行事 | Comments(0)